月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「ハリウッド・ゴシップ」観劇2

雪

るいくん(眞ノ宮るい)の出演シーンメモを記録しよ~と思ってたけれど、そんなもの必要ないくらいずっと出ていました。
キャスト一覧で咲ちゃん(彩風咲奈)の友人ということだけ知っていたのですが、それ以外にゴシップ記者も演じているのにびっくり。

記者でなければ友人。友人でなければ記者。
とにかく芝居するし、ガヤガヤするし、踊りまくるしの大忙し。
芝居はセリフのない部分での動きにまだ物慣れない感じが少し残るけれど、これからどんどんこなれていくと思う。

特に素晴らしかったのが翔ちゃん(彩凪翔)の幻覚シーンで妖しくからむところ!
前髪ハラリとなった影から覗く陰りのある眼差しにドキドキしました。
エキストラ仲間の芝居も楽しげでよいけれど、こういう陰りのある役での美しさと色気に独自の個性を感じます。

フィナーレの黒燕尾でのタンゴがちょっと変わった現代的?ニュアンスだったんだけど、あの男役群舞での足を外に曲げたまま動かす振りって、とんでもなく足が長いか、粋に踊りこなせるセンスがあるか、どちらかでなければかっこよく見えないよね。
るい君はさすが!とっても素敵でした。


ちさと(縣千)もエキストラ仲間と記者の二役。横顔が美しー。
出番はるい君とほぼ同じなれどフィナーレではさすがのスター枠でした。
翔ちゃんと男同士のリフトはダイナミック。
ダンスはとても上手なんだけれど、時々ほんのちょっぴり端折るというか振りのキレが曖昧な部分があるので、そこを克服すればさらに男前になると思う。


エキストラ仲間のお兄さん格、カリさん(煌羽レオ)はやっぱり一日の長があったなぁ。
芝居でもダンスでも視線や動きが無駄なくシャープ。


華やかな人がいるなぁと思うと100%ひまりちゃん(野々花ひまり)で、きれいな人がいるなぁと思うと100%ゆきのちゃん(妃華ゆきの)でした。
若手娘役さんには目立つ役があまりなかったけれど、ふたりとも美しくて目を奪われました。


芸達者なベテラン娘役さんたちはさすがのインパクトでした。
きゃびいさん(早花まこ)。ずぅ~~っと仏頂面なんだけど、ほとんどセリフもないんだけど、間が最高に面白く、そして温かい。
カレンさん(千風カレン)。さすがの口跡。気持ちいい。
愛すみれ様!最高!音楽配信されたら全曲購入する!
ダイナーの客の太っちょ居眠りおじさんと隅っこで編み物してる老婦人がとっても良い味で誰が演じてたのかプログラムで確認。
さすがのまなはる(真那春人)&はおりん(羽織夕夏)でした。


そしてヒロインのかのちゃん(潤花)。
映画のヒロインに突然抜擢されながらもしっかり地に足がついた女性を好演。
こういう落ち着いた役を演じても華やかなのはヒロイン役者として素晴らしい資質だと思う。

ダンスの美しさは言わずもがな。
声もまろやかで心地よい。
裏声になるとすこし息漏れが多いタイプなので、声帯をピッタリ閉じてもう少し澄んだ声で歌えるようになったらいいなぁ。がんばれー。

いずれトップ娘役になるとは思うけど咲ちゃんの相手役かしら。キキちゃん(芹香斗亜)とも合うかも知れない。
背も高く、顔のパーツも一つ一つが大きくて圧があるので、相手役は限られるだろうけれど。
彼女の華やかさをしっかり包み込める包容力のある男役さんならば相乗効果で、まりこさん(麻路さき)とあやかちゃん(白城あやか)みたいな感じのとてもゴージャスなカップルになると思う。