月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

風船に結んだ手紙のように

非公開にすると、やっぱり気持ちを吐き出したスッキリ感が得られないので、こそっと公開しておりますが、できればあんまり沢山の方の目にとまることがないようにと思ってます。 で、どうしたらアクセスアップできるか?みたいな記事を読んでみました。1.わ…

愛はどうすれば計れるのだろうか?「舞音 -MANON-」新人公演

もちろん、たとえどんなに後ろの席であろうと、生の舞台を観るほうがいいに決まっています。だから、舞台で観た作品のCS放送はあまり見ないのですが… 確認したいことがあったり、思い出に浸りたくなったりした時に放送を見ることがあります。今回は確認し…

本日「王妃の館」「VIVA! FESTA!」観劇

読んだのは「蒼穹の昴」とそれから何だったかなぁ。さすがにエンターテイメントのツボは押さえていて面白いんだけど、どことなくデリカシーに欠けるオヤジ臭さがあまり好きでなかった浅田次郎。なのでこの原作は読んでないのですが、舞台は楽しかったです。…

あなたなしでは生きてゆけない「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-新人公演

相変わらず続く花組熱。「MY HERO」で最強コンビとなったキキちゃん(芹香斗亜)、ひらめちゃん(朝月希和)主演の新人公演CS鑑賞。定期的にDVDを見たくなるほど好きな作品「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-。 今はいいね~DVDだから。ビデオ…

忘れていても覚えている「アイ・ラブ・アインシュタイン」

花組の誇る男前あきら(瀬戸かずや)バウ初主演にして谷貴矢先生デビュー作という2重の楽しみの作品なれど、当然観に行くことなどかなわなかった「アイ・ラブ・アインシュタイン」をCS鑑賞。 もっのすごく面白かった~~~。 手塚治虫的愛らしさ 登場人物…

5年後にお会いできたら「Bow Singing Workshop」-月-

毎月楽しみにしていた「Bow Singing Workshop」シリーズの放送も今回で最終回。満を持しての月組バージョン。 このところコンスタントに観ている組だし、CS放送でだけれど、「A-EN」のアーサVersionもアリVersionも見たし、割と知っている人が出るに違…

本日(じゃないけれど)「MY HERO」観劇

いつもだと外箱まではなかなか手が回らなくてあんまり観に行かないのですが、「金色の砂漠」のジャーがあまりにも素敵だったキキちゃん(芹香斗亜)初の東上主演作ということで、ACTシアターまで行ってきました!連休は大忙し! アクションステージという冠…

本日「グランドホテル」観劇

たまきちくん(珠城りょう)お披露目公演「グランドホテル」観劇。 日本でも何度か上演されたけど、観たいと思っていながら今まで観る機会がなかったのだ。 グランドホテルといえば、そこを訪れては去っていく人々を描くという「グランドホテル形式」なんて…

東京千秋楽の思い出「名探偵は一人ぼっち」2

色々 書いていたら、この舞台の東京千秋楽を観ていたことを思い出した! そうでなくてもコメディ、しかも千秋楽ときたら、そりゃあもう大騒ぎ、大笑いしたことを覚えている。 クールなマフィアにも千秋楽はやってくる ペイさん(高汐巴)は真面目な顔をした…

女親分テ~キサス・クララ「名探偵は一人ぼっち」1

ダイモン(望海風斗) まあやちゃん(真彩希帆) トップ就任決定おめでとうございます! うれしいよ。めちゃめちゃ嬉しい!まあやちゃんの事はこのブログでもチョコチョコ書いてきましたが、まさかこんなに早くに実現することになろうとは!しかも花組で一緒…

ご挨拶

ブログを引っ越してまいりました。 舘 阿南(タチアナ)と申します。書いている本人も読めないし書けない漢字だらけのブログタイトルで、ちょっと古めの宝塚の話題を忘れた頃にこっそり投稿するという、最新記事ゼロのゆる~~いブログにもかかわらず訪問し…

だって好きなんだもの~全員レビュー「Bow Singing Workshop」-花-3

蘭寿さん退団以来、ちょっとぼんやりしておりましたが、「雪華抄」「金色の砂漠」をきっかけに久しぶりに花組熱が高まってきたぞ~~!! 若手を沢山知ることが出来た「Bow Singing Workshop」 せっかくだから全員レビューいってみよう!! しいちゃん(和海…

だって好きなんだもの~「Bow Singing Workshop」-花-2

さて、相変わらず情報取得不足による驚きのあまり、ろくろく感想が思いつかなかったので、改めて。前に各組の特徴についダンスの花組って書きましたがまぁそれは私が観ていたなつめさん(大浦みずき)2番手時代からヤンさん(安寿ミラ)トップ時代までの頃…

天からのギフト「Bow Singing Workshop」-花-1

放送をめちゃめちゃ楽しみにしてた花組バージョン。 だって、しいちゃん(和海しょう)や、びっく(羽立光来)がたっぷり2曲、ソロで歌って、大活躍してくれるわけでしょ~。が、まさか!かれー(柚香光)も出てるとは…知らなかった。だって、ただの若手ス…

その3分の1に全てを込めて「星逢一夜」新人公演

これ、新人公演ですよね。とても新人公演とは思えないくらいの素晴らしさ。 もちろん本公演も素晴らしかったですよ。新人公演を見て改めて気が付かされたのが、ちぎ(早霧せいな)って、あんなに大人っぽい美貌の人なのに 少年の魅力を持ち合わせているんな…

ポプラ社-少年探偵・江戸川乱歩-「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」

「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」CS鑑賞。もしかしたら少数派かもしれないけれどとんでもなく好きです!!この作品。ツボだ~~~。「黒蜥蜴」と聞いて三島由紀夫の脚本とか美輪明宏さんの舞台とかの耽美的世界を思い描いた人は(おそらく大多数だろうけど)き…

これくらいがちょうどいい。台湾公演「ベルサイユのばら」

ベルばらはもうお腹いっぱいなので普段はCSで放送されても、まず見ないのですが…先月観た花組公演でついに憂愁のベールが降りてきたキキちゃん(芹香斗亜)がたしかアンドレを演じてるんだよね~。この時はどんな感じだったのだろう?となんだか気になってし…

キキ・ラ・ラ・ランド「雪華抄」

一緒に観劇したダンスをこよなく愛する母がめずらしく日本物レビューを気に入ってくれました。鷹と鷲の戦いのところが好きなようです。(やっぱりダンス好き) 私はどのシーンも素敵だけれど夏の粋な江戸っ子ちなつ(鳳月杏)とべーちゃん(桜咲彩花)の七夕…

そうです!あなたです!「Bow Singing Workshop」-雪-

歌中心のショーなのでダンスは確認できないかも~と思ったけれど 「Greatest Hits!」で見つけたダンスが花組っぽい男役下級生を探すべくWorkshop雪組バージョンをCS鑑賞。 オープニング全員のダンスとコーラスくらっち(有沙瞳)のソロ直後に下手後ろ側グル…

三島由紀夫の肉声テープに上田久美子先生の行く末を思う「金色の砂漠」2

高校時代、真夜中に読み終わった「金閣寺」に興奮して明け方まで一睡もできなかったことをおもいだすわ~。 それから、他の作品もあれこれ読んだり、難しくて途中で投げ出したり大人になってもう一度「金閣寺」を読んだら、なんであんなに興奮したのかはよく…

本日「金色の砂漠」観劇

これまで再演物ばかり唯一のオリジナルは特に誰に当てはめたわけでもない台湾公演に向けての捨て作品。大石静の脚本(おそらく最初にボツになってたやつ)だったからこれがみりお(明日海りお)率いる花組にとって初めてのアテガキ作品。アテガキこそ宝塚の…

雪に花男?眞ノ宮るい君なのか?「Greatest Hits!」

さて休憩も終わり大好きなショーが始まったわ。 ところで雪組と花組のダンスには間のとり方に大きな違いがある。20数年以上前の話ね。今はみんなすごく踊れるのでそんなに違いはないと思うけど。 雪のダンスのカウントは等間隔。だから、ダンスの上手い子…

本日「私立探偵ケイレブ・ハント」観劇

なかなか興味深い作品でした。えぇ、結構好きですよ。これ。 正塚先生の芝居はセリフの押し引きがミソ。前半はチギ(早霧せいな)の芝居が押すばかりで引きがなくあらまぁ、ここでフッと引いたら面白いのに~~と、ちょっと残念に思ったところもあったのです…

クールビズなのかと思ったけど…「新源氏物語」

劇場でも、もちろん観ているのですがちょっと確認したいことがあってCS放送も視聴。 というのも劇場で見てて衣装が、あれ~~~???なんで~~~~????と思ったところが、いくつかあったのだ。いや宝塚だもん大河ドラマじゃないんだから正確な時代考…

とにかく発散…「Bow Singing Workshop」-星-

あなたは誰なの~~~???というくらい下級生が多かった星組バージョン 冒頭は全員で「ノバ・ボサ・ノバ」 あちゃー宙組と比べると、けっこう雑なコーラスだわね。まぁ、踊りながらでもあるし、しょうがないか。全体を通して楽しもうそして楽しませようと…

一人で歌うということ…「Bow Singing Workshop」-宙-

各組若手勉強の場、バウワークショップ第一弾の放送は宙組。 1曲目「RENT」の「Seasons of Love」からとにかくコーラスの上手さ、声の奥行きの深さにびっくりした。 私が宝塚を観ていない間に結成された宙組なので組の個性というものが、今ひとつピンとこな…

残業代払います!!「1789」新人公演

超若手メンバーを中心とした新人公演でした。 2幕物の芝居を1幕にまとめたため、庶民側のロナンとオランプのロマンスが中心。したがってベルサイユ宮殿メンバーの毒々しい美しさは抑えめ。 アルトワ伯のアーサ(朝美絢)にいたってはカット場面を補完する…

度胸と愛嬌 妃海風ミュージック・サロン「 Princesa!!」

主演娘役退団前のディナーショー風ちゃん(妃海風)のミュージック・サロン早くも放送。 娘役さんは日頃、MCなどやり慣れてないなのでわちゃわちゃしているところを含めて飾り気のない風ちゃん自身の言葉で語られたそれゆえ、ものすごく勢いのあるディナー…

ジューン・マシス再び&背中で人生を語れる男「失われた楽園」

とはいえ、「失われた楽園」はやっぱり名作といってもいいと思う。 久しぶりに観たけれど、面白かったわ~。逆恨みによる最期というトップのサヨナラ公演には向かない演目ではありますがこの公演で退団したのは、当然ながらトップスターではなく演技派男役み…

「失われた楽園」「ラスト・タイクーン」どちらがお好き?

ミキちゃん(真矢みき)の「失われた楽園」をCS鑑賞。花組限定ですが、このあたりまで舞台を見てます。 元ネタはフィッツジェラルドの小説。そう蘭寿さんのラスト公演「ラスト・タイクーン」と同じ。 芝居としては、さすが小池修一郎先生。 「失われた楽園…

おじさんゾロゾロ「NEVER SLEEP」

これは面白い!!しかも、おじさん祭りじゃないの~。大好きだわ~。 無敵の専科おじさまバンケイさん(萬あきら)。ヒロさん(一樹千尋)。 達者な上級生まりえ(美郷真也)。たま(天羽珠紀)。ちやこ(風莉じん)。 こんな渋くて上手い生徒がいたとは!き…

さり気なく男役の美学「ラスト・プレイ-祈りのように-」

あさこ(瀬奈じゅん)ラスト公演。作演出は正塚先生。 これでもか!とサヨナラを強調する作品も気分が盛り上がっていいけれどこんな風にさり気なく明るくサヨナラするのも素敵です。 ただねこれ実際に舞台を観た人、どうだったんだろう。頻繁にあさこのモノ…

そっちに行くのか…「イコンの誘惑」

先日の大劇場公演に引き続き小池修一郎作品の今度はバウホール公演を鑑賞。 まりこちゃん(麻路さき)サヨナラバウ。ゆりちゃん(星奈優里)がしっとりと美しい。ドレス姿が大人っぽくて仕草がエレガントで。こういうタイプの娘役、最近少ないかも。 で、そ…

ここより何処かに「カステル・ミラージュ」「アデュー・マルセイユ」

デビュー作「ヴァレンチノ」があまりにも素晴らしくってあの時は天才現る!と思った小池修一郎先生。 その後のバウ作品「蒼いくちづけ」も大劇場作品「アポロンの迷宮」「失われた楽園」もとっても面白かったわ。 そして海外ミュージカル潤色演出の手法で「…

本日「エリザベート」観劇

今回のエリザベート、なんといってもフランツ・ヨーゼフです!!素晴らしかった。 正直、ここまで胸にぐっとくる皇帝になるとは予想してませんでした。ゆりか(真風涼帆)恐るべし。 今でも、じゅりぴょん(樹里咲穂)のフランツ・ヨーゼフを愛する母もゆり…

祝!!蘭寿さん結婚「小さな花がひらいた」

蘭寿さんがブログにて、結婚を報告!!いやぁめでたい!! そんなわけで蘭寿さんの作品、どれを書こう? 研一さんの時から応援していたにもかかわらず諸般の事情で宝塚から遠ざかってしまい観劇を復活した時にはもうトップスターだった蘭寿さん。 その成長を…

扉を静かに閉める女「エイジ・オブ・イノセンス-美徳の微笑-」

好きな俳優ダニエル・デイ=ルイス主演の映画なので見たはずなんだけどなぁ。 メイを演じたウィノナ・ライダーがちょっと違うんだけど~といった感じがあったような記憶がかすかにあるのだけど。ストーリーとか全然思い出せない。 ダニエル・デイ=ルイスが演…

ちょっぴり切なく愛おしい「カリスタの海に抱かれて」新人公演

胸にしみるいい新人公演でした。 正直、この「カリスタの海に抱かれて」という芝居。本公演を観た時には、なんとなくの違和感があったのです。いえ、けっして悪い話じゃないし、つまらなかった訳ではないのですが… もし、これが3~40年くらい前の昭和の宝塚…

悲報!大幅カット版だった「ジュテーム」

大劇場に岡田先生久々の登板ということでCSではロマンチック・レビュー特集を放送中。 ロマンチック・レビューの一番最初となったのが花組の「ジュテーム」同時上演のお芝居は「琥珀色の雨にぬれて」初演。どちらも大人っぽくって香り高くてもう、それはそれ…

低中音域も愛らしい 「鈴蘭(ル・ミュゲ)」4

れいまぁデュエットがあまりに麗しいのでダウンロードして毎日聴いております。 で、気がついたのですが芝居のラストのデュエットもフィナーレのデュエットもどちらも歌い出しのそれぞれのソロが同じ高さの同じメロディなのね~。 男役・娘役と分かれていて…

心置きなく大爆笑「外伝ベルサイユのばら~アンドレ編」

「外伝ベルサイユのばら」 たしか漫画にもありましたよね。外伝。 美しさを保つため若い娘の血をあびる伯爵夫人の怖い話だった記憶が。あの話なの? でも「アンドレ編」となっているけど…いったいこれは、なんなんでしょう?? もう宝塚のベルばらは正直うん…

龍なのに亀「DRAGON NIGHT!!」

連日のオリンピック鑑賞でCSを観る時間がありません~~。 普段、あんまりスポーツ放送は見ないけどオリンピックってめったに見られない様々な競技があるのでつい、つい見てしまう。 ウエイトリフティング、カヌー。7人制ラグビー。面白いわ~。 そんなわ…

ジョン・ウー監督で観てみたい「アル・カポネ -スカーフェイスに秘められた真実-」

いやぁ~~~面白かった!! 私のヅカ友には年代記みたいで盛り上がりに欠けると今ひとつ評判の悪い原田先生ですがこれは面白かったですわ。 私は「華やかなりし日々」は面白かったし(特に大ちゃん(鳳翔大)最高!それからオチも小気味よくって痛快だった…

麗しの悪役 せおっち「鈴蘭(ル・ミュゲ)」3

この作品で引っ張りすぎだとは思うけれど 悪役フェチとしてはどうしても触れておきたいのがせおっち(瀬央ゆりあ)だ!! 「こうもり」では抜群の間の良さで妙なところにこだわる理系男子を演じ、芝居心のある人なんだろうなぁ。と、なんとなく思っていたの…

デビュー作にあるものが…ない「鈴蘭(ル・ミュゲ)」2

青年の心の成長と淡いラブロマンスが謎解きを絡めて描かれている。 樫畑亜依子先生デビュー作。 といっても主人公が初恋の人の死の真相を探っているというだけで観客にとっては「謎解き」ってほどでもないか… 枝葉がないシンプルなストーリーながら主要演者…

男前でも健気 南海まり「シークレット・ハンター」

みなみちゃん(南海まり)を追いかけ「シークレット・ハンター 」千秋楽をCS鑑賞。 みなみちゃんはトウコさん(安蘭けい)演じる泥棒のダグをどこまでも追いかけるなかなか怖い女刑事アナ・マリア 。凛としてカッコいいです~~~~ ルパン三世でいうところ…

麗しのデュエットれいまぁ「鈴蘭(ル・ミュゲ)」1

楽しみにしていたまあやちゃん(真彩希帆)初ヒロインバウ公演 「鈴蘭(ル・ミュゲ)—思い出の淵から見えるものは—」CS鑑賞 当然のことながらこんなに沢山お芝居をしているまあやちゃんを観るのは初めて。 これくらいの学年のイマドキの娘役さんならコスチュ…

不幸でも健気 南海まり「ヴィンターガルテン」

みなみちゃん(南海まり)を知りたくて前に録画したのにまだ観ていなかった 「ヴィンターガルテン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-」鑑賞お話はコマロフスキー伯爵の出てこない、なんちゃって「秋…冬への前奏曲」だった。 「秋…冬」だってコマロフスキー伯爵とレナ…

凛として健気 南海まり「花のいそぎ」

15年宝塚から離れていると当然ながら、その間に入団し一度も見ることなく退団してしまった生徒さんがいる。 そして見ていたなら絶対ファンになったであろう人達が多数存在することとなる。 そのうちの一人が「花のいそぎ」で嵯峨天皇の皇女の潔姫を演じた …

小説的舞台…なのかも「睡れる月」

「更に狂わじ」「月の燈影」「花のいそぎ」「睡れる月」「夢の浮橋」 このところ大野先生の日本物作品がCS放送されています。 どの作品も一分一秒も立ち止まることなくどんどん過ぎ去ってしまう舞台という形態ではどうにも味わいきれない濃密な作品。 大野先…