月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

誘惑に負けました「SUPER VOYAGER!」NHK BS放送

普段は観劇前になるべく情報を入れないようにしているのに~。 NHKの甘い罠に負けた。雪組観劇の日まで、まだまだなんだもん。 それまで待てないもん。 放送はショーだけなんだし。 いいよね。 予習予習! と自分に言い聞かせ。 NHK BS放送の「SUPER…

ご挨拶

こんにちは。 月刊☆臥看牽牛織女星にようこそお越しくださいました。 こんな砂漠の中にあらわれては消える小さな水たまりみたいなブログを見つけ出していただき、誠にありがとうございます。 「神々の土地」「ハンナのお花屋さん」観劇など10月に書いた記事…

楽しくなんでも食べてみよう「Le Petit Jardin -幸せの庭-」

何かとバタついた日々でなかなかスカイステージを見るのもままなりません。見てもパソコンを開いて記録する時間もないので、このままでは何を見たのかを忘れてしまうかも。そんなわけで取り急ぎ、何を見たのか記録だけでも。あひちゃん(遼河はるひ)主演「L…

エネルギーチャージ「Sensation!」

この一週間ず~っと「ハンナのお花屋さん」の世界から抜け出せず、プログラムを見返してはぼ~~~っとしていました。だって、キキちゃん(芹香斗亜)の優しく切ない瞳にあんな風に見つめられたら、 みりおちゃん(明日海りお)にあんなに優しく包み込まれた…

本日「ハンナのお花屋さん」観劇4 花屋とそこに集う人達

なんか舞台観て泣いた話ばっかり書いてしまいましたが、楽しいシーンも満載でした。 個性溢れる素敵な人ばかり。 花屋というのは見た目よりもずっと辛い仕事で辞めてしまう人も多いそうですが、このHanna's Floristの職場定着率は高いに違いありません。まず…

本日「ハンナのお花屋さん」観劇3 アベルとハンナ

とにかくキキちゃん(芹香斗亜)の出演シーンは幸せなシーンも辛いシーンも全て心が震えていました。なんだかほとんどウルウルしていたような気がします。 ハンナと出会った最初の歌ですら胸を突かれました。 なんでだろう。一目惚れの幸せな歌のはずなのに…

本日「ハンナのお花屋さん」観劇2 クリスとミア

本当に切なくって美しくって楽しい舞台でした。 セットが綺麗~~。花屋さんの色合いも、デンマークの森も優しくって心あらわれる。季節がめぐり矢車草が咲いた時には本当に感動した。 そしてとにかく、みりおちゃん(明日海りお)のクリスが素敵過ぎる。母…

本日「ハンナのお花屋さん」観劇1

ひさびさに別箱の楽しさにはまってしまい、青年館「CAPTAIN NEMO」に引き続きこんどは赤坂ACTシアターにやってまいりました。 イケメン店長が経営するハイセンスなお花屋さんが舞台のハートウォーミングスートリーって聞いて(実際そうなんだけど)うっとり…

本日「神々の土地-ロマノフたちの黄昏-」観劇2

気になった人達をメモしておかなければ。 芝居においては、なんか毎回言っているような気がするけど、ゆりか(真風涼帆)、せーこ(純矢ちとせ)が素晴らしかった。 ゆりかには大人の色気と洒脱が感じられました。 プレお披露目は「ウエストサイド」のトニー…

本日「神々の土地-ロマノフたちの黄昏-」観劇1

宝塚ファンあるあるでヨーロッパの王家を描いた小説や歴史本、特にフランス王家やハプスブルグ家に関するものはずいぶん読んだものの、そういえばロマノフ朝についてはロシア革命で滅びたというくらいしか知りません。確か今年は革命100周年なんだよね。…

Achoo!「ガイズ・アンド・ドールズ」

著作権が色々難しいだろうから無理だと思ってましたが、まさか放送してくれるとは!! 月組りかちゃん(紫吹淳)再演。みっちゃん(北翔海莉)星組千秋楽。そして星組新人公演。連続CS鑑賞。 星組を観劇の時はまこっちゃん(礼真琴)のアデレイドがとても…

雪組ラインアップ発表「凱旋門」

名作と噂に聞いた「凱旋門」が来年雪組で再演されます。 主演はなんと専科のいしさん(轟悠) 宝塚観劇から遠ざかっていたし、映画も見ていないので、どのような作品かは知らないのだけれど、だいもん(望海風斗)はタータン(香寿たつき)が演じた役になる…

祝!あーさ単独主演決定!

CS放送や劇場で見た作品の感想を忘れた頃にボチボチ公開するブログですが、今日に限っては速報を記録します。 タカラヅカニュースで今後のラインナップを放送してて、もう思わず朝からガッツポーズをしてしまいました!待ちに待ったあーさ(朝美絢)主演バ…

まめまめまめ!!「オグリ!」2

えりたん(壮一帆)も素晴らしかったのだけれど、共演したメンバーみんな、とっても魅力的でした。ののすみ(野々すみ花)、まりんさん(悠真倫)、みつる(華形ひかる)、じゅりあ(花野じゅりあ)は毎度毎度絶賛しておりますね。 ふみかさん(紫峰七海)は…

快作「オグリ!」1

「オグリ! -小栗判官物語より-」をCS鑑賞。これまたすごく面白かった!!ヤンヤヤンヤ!!いえ実はね。開始1分で音楽が長谷川雅大だぁと気がついて、いきなりがっくりしてしまったのだよ。モーツァルトとベートーヴェンの音楽の違いも聞き分けられない…

みきちゃん真骨頂「Ryoma -硬派・坂本竜馬!II-」

ずぅ~~っと見たいと思ってた、みきちゃん(真矢みき)の坂本竜馬をCS鑑賞。 まぁ、本当はバウ単独初主演の初演バージョン見たかったんだけど、さすがにそのビデオはないですよね。トップになってからのドラマシティでの再演版でした。 初演バウは観に行…

まさかの「外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-」新人公演

新公!新公なの? 新公があったってことはガッツリ1ヶ月ずつこの公演を大劇場と東宝でやったの?まじですか。 だいもん(望海風斗)主演の新人公演「外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-」をCS鑑賞。前にタニ(大和悠河)の外箱公演をテレビ鑑賞の気安…

歴史の狭間の小さなきらめき「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-」

明智光秀の直筆の手紙も発見されたことだし、楽しみにしてたのに結局観に行けなかった「NOBUNAGA」をCS鑑賞。 毎年なんとなく大河ドラマを見ている割には日本史がさっぱり覚えられないのですが、もしかしたら知らないからこそ楽しかったのかしらん? 戦国…

もろともに滅びる未来を憂う…のかな?「CAPTAIN NEMO-ネモ船長と神秘の島-」2

プログラムの咲ちゃん(彩風咲奈)の扮装写真、全部、物言いたげな憂いの表情をさせているんだよね。なんだかこの芝居には今の世界情勢に対する谷正純先生の想い、恐れとか哀しみとかが垣間見える気がするの。 宝塚は戦中戦後の苦しい時代をくぐり抜けて今に…

本日「CAPTAIN NEMO-ネモ船長と神秘の島-」観劇1

昨日は東宝、今日は青年館です。こんな風に日程が上手く合って連続観劇出来ることはめったにないのでうれしいわ~。ジュール・ヴェルヌといえば子供の頃「十五少年漂流記」が大好きで。そう言えば私の初恋の人はこの小説に出てくる少年でしたっけ。え~~っ…

本日「All for One-ダルタニアンと太陽王-」観劇

笑いありロマンスありチャンチャンバラバラあり。単純明快!肩の力を抜いて全力で楽しめました。 たとえばダルタニアンと三銃士が酒場で大暴れのシーン。 敵・味方、酒場の客達、大人数が入り乱れての大乱闘であっても、ちゃ~~んと主要メンバーそれぞれの…

楽しみ広がる「New Wave! -雪-」

「Captain Nemo」を観に行ける事になったので、雪組若手の勉強がてら「New Wave! -雪-」をCS鑑賞。もちろん眞ノ宮るいくんも出演!もうどんなに目の端でとらえたとしても、るい君のダンスはすぐわかるようになりましたよ。何より踊っている本人がとって…

そんな時代だった「外伝ベルばら三部作」

「邪馬台国の風」を観たら、なんだか妙に昔ながらのトンチキ作品を見たい衝動にかられて、ちょうど放送の「外伝ベルばら」を3作連続CS鑑賞。限りある宝塚人生においてできるだけ素敵な作品に恵まれて欲しいと切に願いながらも、万が一トンチキ系作品にぶ…

もはや本日じゃないけど「邪馬台国の風」観劇

万葉ロマンはいくつかあるけれど、さらに古い弥生時代あたりの日本を舞台にした作品っていままであったのかしら?史実として知られた話はほぼないので、自由にどんなふうにでも話は作れるはず。事前情報完全シャットアウトで観劇に望みましたので、さぁいっ…

本日「邪馬台国の風」観劇…その前に

普段からでも観劇前の予習はまったくせず、劇団ホームページのあらすじくらいしか読んでいかないのです。原作本があっても観劇前には読まないし、コスチューム物だったら高校時代の歴史年表を確認するくらいで、時代背景までは事前には調べない。タカラヅカ…

ちょっと初演を思い出す「ミー・アンド・マイガール」

花組「ミー・アンド・マイガール」千秋楽をCS鑑賞。 そうです、見ることが出来なかったAパターン配役。1公演1回、見たり見なかったりの状況の今、役替り公演とはっ。それでもこの公演絶対どっちも観たい!!頑張って出かけるぞ~~と意気込んでみたもの…

使い道はどんな道「燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-」

かいちゃん(七海ひろき)初単独主演バウホール公演「燃ゆる風」CS鑑賞。これはまあやちゃん(真彩希帆)の星組ラスト公演でもあります。戦国時代はさっぱりわからないのですが、竹中半兵衛といえば大河ドラマ「軍師官兵衛」で谷原章介さんが、「信長協奏…

眼差しに泣いた「a vie d'amour 2016 ~シャンソンに誘われて~」

CS放送で見た前回の公演が素晴らしかったので、次は絶対観に行こうと心に誓っていたのですが…。どうしても日程が合わず泣く泣く諦めた「a vie d'amour 2016 ~シャンソンに誘われて~」CS鑑賞。幕が開いて歌い始める前のヤンさん(安寿ミラ)の表情を見…

ポスターどおり「For the people —リンカーン 自由を求めた男—」

こういうポスターが宝塚で!と驚かされました。 ひと目見てリンカーンとわかる完璧なビジュアル。骨太でありながらも美しくスッキリスタイリッシュで、あのポスターを観ただけでこの芝居勝ったも同然!と確信しました。とはいえ、観に行けなかったのでCS鑑…

楽しすぎて記憶がとんだ「Dramatic"S"!」

前回の観劇の折にはそのお名前も存在も知らなかったのにも関わらず、私好みのダンススタイルでバーンと目に飛び込んできた眞ノ宮るい君!初めて見たというのに、どこに出ているかも全く知らなかったのに、なんと全てのダンスを観ることが出来た。だから今回…