月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

雪組ラインアップ発表「凱旋門」

名作と噂に聞いた「凱旋門」が来年雪組で再演されます。 主演はなんと専科のいしさん(轟悠) 宝塚観劇から遠ざかっていたし、映画も見ていないので、どのような作品かは知らないのだけれど、だいもん(望海風斗)はタータン(香寿たつき)が演じた役になる…

祝!あーさ単独主演決定!

CS放送や劇場で見た作品の感想を忘れた頃にボチボチ公開するブログですが、今日に限っては速報を記録します。 タカラヅカニュースで今後のラインナップを放送してて、もう思わず朝からガッツポーズをしてしまいました!待ちに待ったあーさ(朝美絢)主演バ…

そんな時代だった「外伝ベルばら三部作」

「邪馬台国の風」を観たら、なんだか妙に昔ながらのトンチキ作品を見たい衝動にかられて、ちょうど放送の「外伝ベルばら」を3作連続CS鑑賞。限りある宝塚人生においてできるだけ素敵な作品に恵まれて欲しいと切に願いながらも、万が一トンチキ系作品にぶ…

もはや本日じゃないけど「邪馬台国の風」観劇

万葉ロマンはいくつかあるけれど、さらに古い弥生時代あたりの日本を舞台にした作品っていままであったのかしら?史実として知られた話はほぼないので、自由にどんなふうにでも話は作れるはず。事前情報完全シャットアウトで観劇に望みましたので、さぁいっ…

本日「邪馬台国の風」観劇…その前に

普段からでも観劇前の予習はまったくせず、劇団ホームページのあらすじくらいしか読んでいかないのです。原作本があっても観劇前には読まないし、コスチューム物だったら高校時代の歴史年表を確認するくらいで、時代背景までは事前には調べない。タカラヅカ…

ちょっと初演を思い出す「ミー・アンド・マイガール」

花組「ミー・アンド・マイガール」千秋楽をCS鑑賞。 そうです、見ることが出来なかったAパターン配役。1公演1回、見たり見なかったりの状況の今、役替り公演とはっ。それでもこの公演絶対どっちも観たい!!頑張って出かけるぞ~~と意気込んでみたもの…

使い道はどんな道「燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-」

かいちゃん(七海ひろき)初単独主演バウホール公演「燃ゆる風」CS鑑賞。これはまあやちゃん(真彩希帆)の星組ラスト公演でもあります。戦国時代はさっぱりわからないのですが、竹中半兵衛といえば大河ドラマ「軍師官兵衛」で谷原章介さんが、「信長協奏…

眼差しに泣いた「a vie d'amour 2016 ~シャンソンに誘われて~」

CS放送で見た前回の公演が素晴らしかったので、次は絶対観に行こうと心に誓っていたのですが…。どうしても日程が合わず泣く泣く諦めた「a vie d'amour 2016 ~シャンソンに誘われて~」CS鑑賞。幕が開いて歌い始める前のヤンさん(安寿ミラ)の表情を見…

ポスターどおり「For the people —リンカーン 自由を求めた男—」

こういうポスターが宝塚で!と驚かされました。 ひと目見てリンカーンとわかる完璧なビジュアル。骨太でありながらも美しくスッキリスタイリッシュで、あのポスターを観ただけでこの芝居勝ったも同然!と確信しました。とはいえ、観に行けなかったのでCS鑑…

楽しすぎて記憶がとんだ「Dramatic"S"!」

前回の観劇の折にはそのお名前も存在も知らなかったのにも関わらず、私好みのダンススタイルでバーンと目に飛び込んできた眞ノ宮るい君!初めて見たというのに、どこに出ているかも全く知らなかったのに、なんと全てのダンスを観ることが出来た。だから今回…

いったい何処を見ればPart2「幕末太陽傳」2

「幕末太陽傳」の演出家は小柳奈穂子先生。 そういえば 「Shall We Dance」もこの先生でしたよね。 ちぎちゃん(早霧せいな)のおかげでとっても楽しいお芝居ではあったのだけれど、今回もあの時と同様、相変わらず観客の視線の誘導がおろそかな演出がどうに…

本日「幕末太陽傳」観劇1

元となった映画も見ていないし、落語も詳しくはないのだけれど、様々な人々が入り乱れるこの作品、けっこう楽しめました。「三枚起請」のくだりは同じく落語を元にした「なみだ橋えがお橋」にも描かれてましたね。次から次へとてんやわんやの揉め事がおこっ…

ひとりぼっちの男のひとりじゃないひととき「Appartement Cinéma」

オサさん(春野寿美礼)主演「Appartement Cinéma」CS鑑賞。ゆみこさん(彩吹真央)がまだ花組にいて、まとぶん(真飛聖)はもう花組に来ている。こんなキャストの公演があったのね。「明智小五郎の事件簿・黒蜥蜴」の前くらいなのかな?*1オサさんは余命…

成長はいつまでも「FALSTAFF」

シェイクスピア作品における有名な脇役にしてアンチヒーロー・フォルスタッフが主役という、目のつけどころがとっても面白い作品CS鑑賞。フォルスタッフがモデルなのであろう登場人物が出てくる映画なら見たことあるので、なんとなく人物像のイメージは持…

好きな人の弟「MIKI in BUDOKAN」

生まれてこのかた武道館コンサートというものは行ったことがないのです。歌手ならば、そこは憧れの聖地だけれど、宝塚の舞台を武道館でなんて。劇場じゃないから見やすくはないだろうし、舞台転換もなくって人数も少ないし。きっと一緒に騒いで発散して、そ…

あぁ~アムネリスさま~「王家に捧ぐ歌」

まあくん(朝夏まなと)お披露目の東宝公演は観ているけれどさすがに博多座までは行けません。役替りがどんな感じだったのかを知りたくて博多座公演「王家に捧ぐ歌」をCS鑑賞しました。初演でアムネリスを演じたのが絶世の美女だんちゃん(檀れい)。 その…

本日「スカーレット・ピンパーネル」観劇

私が宝塚を観ることが出来なかった間に宝塚初演・再演された「スカーレット・ピンパーネル」。CS放送でどちらも見て、ものすごく面白くって、ぜひとも生の舞台を観たいと再々演を熱望していました。念願の初観劇!! イギリス貴族のシニカルな気質ゆえに妻…

共に乗り越えた「CODE HERO/コード・ヒーロー」

これ何なのーーーー!全然話の内容が入ってこないので、2度も放送を見ちゃった。で結局のところ、2度見てもあっけにとられて結局どんな話なのかは頭に入ってこなかった。 とはいえ、好きじゃないけど、嫌いじゃないです。曲ダウンロードしようかな~~。と…

風船に結んだ手紙のように

非公開にすると、やっぱり気持ちを吐き出したスッキリ感が得られないので、こそっと公開しておりますが、できればあんまり沢山の方の目にとまることがないようにと思ってます。 で、どうしたらアクセスアップできるか?みたいな記事を読んでみました。1.わ…

愛はどうすれば計れるのだろうか?「舞音 -MANON-」新人公演

もちろん、たとえどんなに後ろの席であろうと、生の舞台を観るほうがいいに決まっています。だから、舞台で観た作品のCS放送はあまり見ないのですが… 確認したいことがあったり、思い出に浸りたくなったりした時に放送を見ることがあります。今回は確認し…

本日「王妃の館」「VIVA! FESTA!」観劇

読んだのは「蒼穹の昴」とそれから何だったかなぁ。さすがにエンターテイメントのツボは押さえていて面白いんだけど、どことなくデリカシーに欠けるオヤジ臭さがあまり好きでなかった浅田次郎。なのでこの原作は読んでないのですが、舞台は楽しかったです。…

あなたなしでは生きてゆけない「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-新人公演

相変わらず続く花組熱。「MY HERO」で最強コンビとなったキキちゃん(芹香斗亜)、ひらめちゃん(朝月希和)主演の新人公演CS鑑賞。定期的にDVDを見たくなるほど好きな作品「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-。 今はいいね~DVDだから。ビデオ…

忘れていても覚えている「アイ・ラブ・アインシュタイン」

花組の誇る男前あきら(瀬戸かずや)バウ初主演にして谷貴矢先生デビュー作という2重の楽しみの作品なれど、当然観に行くことなどかなわなかった「アイ・ラブ・アインシュタイン」をCS鑑賞。 もっのすごく面白かった~~~。 手塚治虫的愛らしさ 登場人物…

5年後にお会いできたら「Bow Singing Workshop」-月-

毎月楽しみにしていた「Bow Singing Workshop」シリーズの放送も今回で最終回。満を持しての月組バージョン。 このところコンスタントに観ている組だし、CS放送でだけれど、「A-EN」のアーサVersionもアリVersionも見たし、割と知っている人が出るに違…

本日(じゃないけれど)「MY HERO」観劇

いつもだと外箱まではなかなか手が回らなくてあんまり観に行かないのですが、「金色の砂漠」のジャーがあまりにも素敵だったキキちゃん(芹香斗亜)初の東上主演作ということで、ACTシアターまで行ってきました!連休は大忙し! アクションステージという冠…

本日「グランドホテル」観劇

たまきちくん(珠城りょう)お披露目公演「グランドホテル」観劇。 日本でも何度か上演されたけど、観たいと思っていながら今まで観る機会がなかったのだ。 グランドホテルといえば、そこを訪れては去っていく人々を描くという「グランドホテル形式」なんて…

東京千秋楽の思い出「名探偵は一人ぼっち」2

色々 書いていたら、この舞台の東京千秋楽を観ていたことを思い出した! そうでなくてもコメディ、しかも千秋楽ときたら、そりゃあもう大騒ぎ、大笑いしたことを覚えている。 クールなマフィアにも千秋楽はやってくる ペイさん(高汐巴)は真面目な顔をした…

女親分テ~キサス・クララ「名探偵は一人ぼっち」1

だいもん(望海風斗) まあやちゃん(真彩希帆) トップ就任決定おめでとうございます! うれしいよ。めちゃめちゃ嬉しい!まあやちゃんの事はこのブログでもチョコチョコ書いてきましたが、まさかこんなに早くに実現することになろうとは!しかも花組で一緒…

ご挨拶

ブログを引っ越してまいりました。 舘 阿南(タチアナ)と申します。書いている本人も読めないし書けない漢字だらけのブログタイトルで、ちょっと古めの宝塚の話題を忘れた頃にこっそり投稿するという、最新記事ゼロのゆる~~いブログにもかかわらず訪問し…

だって好きなんだもの~全員レビュー「Bow Singing Workshop」-花-3

蘭寿さん退団以来、ちょっとぼんやりしておりましたが、「雪華抄」「金色の砂漠」をきっかけに久しぶりに花組熱が高まってきたぞ~~!! 若手を沢山知ることが出来た「Bow Singing Workshop」 せっかくだから全員レビューいってみよう!! しいちゃん(和海…