月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

2018-08-12から1日間の記事一覧

今なればこそ「凱旋門」観劇2

エゴとかやせ我慢とか優柔不断とか、そういう男のどうしようもなさが描かれる柴田先生の脚本。 ダメ男好き(もちろんあくまで観賞用)の私にとっては大好物!なんです。初演は青年ラヴィックだったのかな?18年の時を経て同じ役を演じるいしさん(轟悠)です…