月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

スカステ

演出家 柴田侑宏先生逝去「仮面のロマネスク」

柴田侑宏先生が亡くなられたことを今朝の新聞のお悔やみ欄にて知りました。 ずっと患っていらっしゃったこと、視力を失くされたとも聞いていたけれど。永遠のお別れが来てしまうとはなぜだか思っていなかった。 それほどに柴田侑宏作品は私の心の中にずっと…

瑠璃色恋しや「瑠璃色の刻」

みやちゃん(美弥るりか)、れいこちゃん(月城かなと)が恋しくなって録画しておいた「瑠璃色の刻」をCS鑑賞。 旅役者が伝説の錬金術師サンジェルマン伯爵の名を騙ったことでフランス革命に巻き込まれていく物語。身にまとう雰囲気も人格も何かに取り憑か…

GWスカステ三昧

おうちでゴロゴロしたり、出勤したりのゴールデンウィークでした。 飛び石連休って感じではありましたが、それなりにゆったりできたので撮りためたスカイステージをまとめ見を計画。 の割にはあんまり見られなかったけど。 何を見たのかメモっておかなければ…

ずいぶん違ってた初演・再演「凱旋門」

GWということで、じっくり見たい作品をCS鑑賞。 ずっと見たかった「凱旋門」初演をようやくスカステで見ることが出来ました。 思ったより再演と趣が違っていて、ちょっとびっくり。 ラストが全然違う!初演にはその後が、つまりレジスタンスによる戦闘か…

リアルで謎の男心「ドクトル・ジバゴ」

今年に入ってほとんどスカステ舞台鑑賞ができない状態で、録画が恐ろしいほど溜まっています。 もう、どこに何があるやら。 10連休とはいきませんでしたが、それなりに休暇があるGW中にちょっと消化しなければ。どうせどこにも出かけないもん。おうちで…

コラージュ作品「アルバトロス、南へ」と「ハッスルメイツ」2

しかしさ ハッスル。 この言葉の意味が分かる人、今いるのかなぁ。若い人は初耳だろうに。メイツ。 スクールメイツとかヤングメイツとか? 3,40年以上は昔だと思うのだけど、テニスのスコートをはいた女の子たちが若手歌手のバックで踊っていましたっけ。…

そらくん絶賛応援中「ハッスルメイツ」1

そらくん(和希そら)初主演バウのソング・アンド・ダンスショー「ハッスルメイツ」をCS鑑賞。 テレビ鑑賞でもとっても楽しかった~~~! でもバウホールでいっしょにハッスルしたかった~~~!もうね~。 ほんとに出来る子よね~。そらくん! 歌だろう…

全貌いまだつかめず「サジタリウス」

ちょうど花組と星組だけを観ていた頃。だから、イチロ(一路真輝)がトップの雪組は「JFK」しか観ていないのだ。いや、それも見たのはテレビだったのかもしれない。 初演のエリザベートも観ていない。ほんと惜しいことをした。 ショー「サジタリウス」を…

ヘタレで可愛い「パリの空よりも高く」

「霧深きエルベのほとり」再演ということで菊田一夫関連の作品を放送してくれています。 2007年の月組、あさこさん(瀬奈じゅん)主演作品「パリの空よりも高く」をCS鑑賞。てっきり、戦後辺りに宝塚で上演された作品の再演だと思ってました。 で見終わっ…

アンドレはどこに「アルジェの男」

初演は見ていませんが、みねちゃん(峰さを理)お披露目の再演、きりやん(霧矢大夢)の月組再演を劇場で観ています。 主要人物が悪い男、ダメ男という大好きな柴田作品。「赤と黒」のジュリアン・ソレルからイメージされたというこの物語の主人公は、その高…

夢みたい「宝塚巴里祭2018」

巴里祭っぽくない黒と白の意味深なポスターが発表されてからずっと気になっていたキキちゃん(芹香斗亜)のディナーショーCS鑑賞。ディナーショーってこんなにゴージャスなのね~。 それにしてもこの装置一体どうやってホテルに搬入したんだろう。 もちろ…

その高みに感無量「SAUDADE」

あさこさん(瀬奈じゅん)外箱公演「SAUDADE-Jにまつわる幾つかの所以-」をCS鑑賞。 男役集大成としてのダンス、歌。 芝居的要素も取り混ぜたショーアクト。といっても派手派手ギラギラなダンスショーではなくシックでノスタルジック。 衣装も特にトッ…

どこかになにかがきっと「義経妖狐夢幻桜」

観に行きたい! と叫んだものの行けるわけもなく。いやそれ以前にチケット取れるわけもなく。 ひたすらCS放送をお待ち申し上げておりました。花組「アイラブアインシュタイン」がすっごく面白かった若い方の谷先生バウ第2作目をCS鑑賞。「アイラブアイ…

ねこちゃん行方不明「神屋の七人」

専科公演「神屋の七人」をCS鑑賞。 おじさん祭りです~~。 おじさんよりどりみどりです~~。実はちょっと疲れていたこともあって・・・ テレビ鑑賞の悲しさ。1幕はついウトウトと。 劇場で寝たことはないわよ。貧乏性だからもったいなくって寝られない…

バイバイそしてありがとう「I LOVE MICKEYⅡ」

みっきー(順みつき)退団バウ公演「I LOVE MICKEYⅡ」をCS鑑賞。 みっきーは私が宝塚ファンとなるキッカケを作った人。 退団公演「オペラトロピカル」は最高のショーだった!あんなエネルギーの塊みたいな人が…。こんなに早く亡くなってしまうなんて。 「I…

わやわやしてても感無量「Alas-魂を翼に乗せて-」

まみちゃん(真琴つばさ)の外箱公演のショー「Alas-魂を翼に乗せて-」をCS鑑賞。 初舞台の花組からよ~く観てきた人だけれど、月組に組替えあたりで宝塚を観に行く機会がめっきり減ってしまって、そのトップ姿は見ることができなかった。 ゆうこちゃん…

大輪の花となれ「Arkadia -アルカディア-」

ありちゃん(暁千星)主演バウ「アルカディア」をCS鑑賞。 といっても今回の目的は次期トップ娘役が決定したさくさく(美園さくら)。もちろん初舞台時からその存在は知ってたよ。 もう宝塚観劇再開していたし。宝塚おとめも買ってたし。さくさく首席だっ…

薄幸の人「エーゲ海のブルース」

1982年大劇場作品「エーゲ海のブルース」をCS鑑賞。 宝塚観劇をもう始めてたはずなんだけれど、星組は4組の中で観たのが一番遅かったんだよね。これは初めて見ました。ヒロインはけいこさん(姿晴香)!! これがトップ娘役お披露目だったのね。 好きでし…

悪役に酔いしれる「アーサー王伝説」2

「アーサー王伝説」をCS鑑賞。 衣装や美術はフレンチロックミュージカルとしては中途半端でしたが、楽曲はさすがの醍醐味でした。特にね。 みやちゃん(美弥るりか)とまゆぽん(輝月ゆうま)の二人が悪の魅力たっぷりに歌い上げるのが素晴らしかった!! …

90年の昔から「アーサー王伝説」1

たまきち(珠城りょう)プレお披露目公演。「アーサー王伝説」をCS鑑賞。 アーサー王物語といえばこれまで宝塚でも数々描かれてきたと思いますが、これはフレンチロックミュージカルだったんですね。でもそれは宝塚がず~~っと昔からやってきたことなのだ…

スターも歌も盛りだくさん「Fantastic"N"」

退団を控えたねっしい(日向薫)のさよならバウ「Fantastic"N"」をCS鑑賞。 このあたりが一番宝塚を観劇していた頃なんだけれど、この公演は観に行けてないので、初めて見ました。ちょうどバブルのころだったかなぁ。 この時代のちょっと浮かれたムードと…

昔のバウが見たい!「恋と十手と千両箱」

この頃はもうすっかり宝塚にハマっていた。とはいえまだバウ観劇は未経験で、この公演は観ていません。 うたこさん(剣幸)の初主演作品をCS鑑賞。 すでに2番手になっていた頃だと思うのだけど、意外に遅い初主演だったんですね。うたこさんはどちらかとい…

新旧トップ競演「あしびきの山の雫に」

1982年大劇場作品。もうすでに宝塚をぼちぼちと見始めていた頃なんだけれどこの作品は未見でした。「あしびきの山の雫に」はこれを最後に専科に異動するしょーちゃん(榛名由梨)がトップだったのでしょうか?マオさん(大地真央)とダブルトップだった…

ゴールデンコンビのコメディ「恋の特ダネ」

バウ会場40周年ということで、なつかしのバウ作品を放送してくれています。1981年作品。私が宝塚にハマるちょっと前かな?放送されたのはターコさん(麻実れい)ともっく(遥くらら)の雪組ゴールデンコンビバージョンですが、引き続き花組若手により…

人形遊びじゃない!「はいからさんが通る」

わかってる。わかってるの。 収益性の高いちゃんとした商業作品を作っていると思う。 楽しいし、途中で飽きないし、これが好きな人も大勢いるだろう。でもどうも私は小柳奈穂子先生に文句ばっかり言ってる気がする。 一方で、たとえ意識高い系キーワードが鼻…

難易度高し!「ケイレブ・ハント」新人公演

キラリと光る若手を見つけるのも宝塚の楽しみのひとつ。 とはいえ新人公演には行くことが出来ないのでいつもスカイステージでの放送を楽しみしています。 本日は「ケイレブ・ハント」新人公演CS鑑賞。以前はずいぶん新人公演も観に行きましたっけ。 けれど…

茶碗蒸し?と思ったらプリンアラモード「夢・フラグランス」

岡田先生のロマンチックレビューシリーズ第7弾とのこと。 かなめちゃん(涼風真世)時代のレビューをCS鑑賞。 このあたりから花組以外は観たり観なかったりだったんだよね。観たとしても全然記憶にないので初鑑賞と言ってもいいかな。その題名から、てっき…

生で目撃したかった「ドン・ジュアン」

結局ね。オリンピック放送見ちゃうよね。 冬のオリンピックって好きなの~。雪と氷のひんやりとした世界。ありえないくらいのスピード。 私自身は寒いのもスピードも大の苦手なのですが、それをコタツでぬくぬくしながら見るのは楽しい。 そんなわけで、スカ…

宙に吸い込まれる声 実咲凜音ミュージック・サロン「Million Callat!!」

みりおん(実咲凜音)のさよならディナーショーをCS鑑賞。 みりおんの真骨頂とも言えるクラシカルなソプラノ歌唱の オペラ「ジャンニ・スキッキ」の「私のお父さま」や アンコールの「清く正しく美しく」はもちろん、 「オン・マイ・オウン」や「ドリーム…

ちゃんと記録しなくちゃ「カサノヴァ・夢のかたみ」

毎日バタバタで全然CS放送を見ることができません。録画がたまっていくばかりです。今日は早く帰れたからせめて1作品だけでも見ておかなければ…やっぱり一度も見たことのない作品はじっくりゆっくり見たいので、こういう落ち着かない時には昔観劇した懐か…