読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

星組

とにかく発散…「Bow Singing Workshop」-星-

あなたは誰なの~~~???というくらい下級生が多かった星組バージョン 冒頭は全員で「ノバ・ボサ・ノバ」 あちゃー宙組と比べると、けっこう雑なコーラスだわね。まぁ、踊りながらでもあるし、しょうがないか。全体を通して楽しもうそして楽しませようと…

度胸と愛嬌 妃海風ミュージック・サロン「 Princesa!!」

主演娘役退団前のディナーショー風ちゃん(妃海風)のミュージック・サロン早くも放送。 娘役さんは日頃、MCなどやり慣れてないなのでわちゃわちゃしているところを含めて飾り気のない風ちゃん自身の言葉で語られたそれゆえ、ものすごく勢いのあるディナー…

そっちに行くのか…「イコンの誘惑」

先日の大劇場公演に引き続き小池修一郎作品の今度はバウホール公演を鑑賞。 まりこちゃん(麻路さき)サヨナラバウ。ゆりちゃん(星奈優里)がしっとりと美しい。ドレス姿が大人っぽくて仕草がエレガントで。こういうタイプの娘役、最近少ないかも。 で、そ…

低中音域も愛らしい 「鈴蘭(ル・ミュゲ)」4

れいまぁデュエットがあまりに麗しいのでダウンロードして毎日聴いております。 で、気がついたのですが芝居のラストのデュエットもフィナーレのデュエットもどちらも歌い出しのそれぞれのソロが同じ高さの同じメロディなのね~。 男役・娘役と分かれていて…

麗しの悪役 せおっち「鈴蘭(ル・ミュゲ)」3

この作品で引っ張りすぎだとは思うけれど 悪役フェチとしてはどうしても触れておきたいのがせおっち(瀬央ゆりあ)だ!! 「こうもり」では抜群の間の良さで妙なところにこだわる理系男子を演じ、芝居心のある人なんだろうなぁ。と、なんとなく思っていたの…

デビュー作にあるものが…ない「鈴蘭(ル・ミュゲ)」2

青年の心の成長と淡いラブロマンスが謎解きを絡めて描かれている。 樫畑亜依子先生デビュー作。 といっても主人公が初恋の人の死の真相を探っているというだけで観客にとっては「謎解き」ってほどでもないか… 枝葉がないシンプルなストーリーながら主要演者…

男前でも健気 南海まり「シークレット・ハンター」

みなみちゃん(南海まり)を追いかけ「シークレット・ハンター 」千秋楽をCS鑑賞。 みなみちゃんはトウコさん(安蘭けい)演じる泥棒のダグをどこまでも追いかけるなかなか怖い女刑事アナ・マリア 。凛としてカッコいいです~~~~ ルパン三世でいうところ…

麗しのデュエットれいまぁ「鈴蘭(ル・ミュゲ)」1

楽しみにしていたまあやちゃん(真彩希帆)初ヒロインバウ公演 「鈴蘭(ル・ミュゲ)—思い出の淵から見えるものは—」CS鑑賞 当然のことながらこんなに沢山お芝居をしているまあやちゃんを観るのは初めて。 これくらいの学年のイマドキの娘役さんならコスチュ…

不幸でも健気 南海まり「ヴィンターガルテン」

みなみちゃん(南海まり)を知りたくて前に録画したのにまだ観ていなかった 「ヴィンターガルテン -春を待ち侘ぶ冬の庭園-」鑑賞お話はコマロフスキー伯爵の出てこない、なんちゃって「秋…冬への前奏曲」だった。 「秋…冬」だってコマロフスキー伯爵とレナ…

凛として健気 南海まり「花のいそぎ」

15年宝塚から離れていると当然ながら、その間に入団し一度も見ることなく退団してしまった生徒さんがいる。 そして見ていたなら絶対ファンになったであろう人達が多数存在することとなる。 そのうちの一人が「花のいそぎ」で嵯峨天皇の皇女の潔姫を演じた …

懐かしのベニー・グッドマン!!「ハローダンシング」

各組若手によるノンストップダンスショー。幕開きの音楽とポーズを見るなり うぉぉぉぉぉおおおおおお~~~~。と叫んでしまった!! 花組「ザ・フラッシュ」のベニー・グッドマンのダンスだ!!舞台もその後の舞台中継のビデオもいったい何度見たかわから…

本日「こうもり」「THE ENTERTAINER!」観劇

にぎにぎしくも楽しい観劇でした!シャンパン飲めばよかったな~。 「こうもり」ではガイズに引き続きさゆみさん(紅ゆずる)がぶっ飛んでいました。この人が出てくると、どういうわけだか目が離せなくなってしまう。困ったもんです。だって、つい、うっかり…

輝くものはお好き?「Dear DIAMOND!!」

チケット手に入らなかったのです。なのでCSにて初鑑賞。 ここのところ低空飛行の藤井大介先生ですがちえちゃん(柚希礼音)退団公演ということでさすがに気合が入っています。楽しかった。 冒頭リベルタンゴ もうさんざん使われている曲ではあるけれどやっぱ…

輝く大人の女性たち。「Hallelujah GOGO!」2

この芝居のなかで主人公たちを見守るシスターが話す 「神様は乗り越えられる試練しか、お与えならない。」というようなセリフがあるのだけれど私のような非キリスト教徒だとそれがたとえ真理であったとしてもとてもじゃないがそんな事、言えない。 病気や天…

ダンサー、そしてその後に。「Hallelujah GOGO!」1

宝塚観劇を再開した時唯一、名前も顔もまったく知らないトップさんだったちえちゃん(柚希礼音)のバウ単独初主演公演。 ということは新公卒業まもなくの研8でバウ単独初主演と同時に2番手就任?そして、この2年後には若きトップスターとなるわけで。いや…

「1914年/愛」2 ブラボーまいまい!

オペラ歌手志望にして、わたるの花嫁候補オルガ嬢を演じたのがまいまい(仙堂花歩) いやぁ~~~素晴らしかった!! ものすごいハイトーンボイス!!宝塚史上最高音かもしれない。 「サザンクロス・レビューII」の「愛の花」でのコーラスでまっちん(高宮千…

「1914年/愛」1 意外にも宝塚らしい作品

1914年というのは宝塚歌劇が生まれた年でもあるのね。 面白かった~。 幕開きずらりと並んだ黒燕尾男役。同じ振付なのだけれどポーズの取り方、動きのニュアンスは人それぞれ特徴が出ます。一人、私好みの動き方をする男役さんがいて誰だろ~とアップに…

どうする低~いレの音。新人公演「The Lost Glory -美しき幻影ー」

本公演では知り得ない下級生を見る楽しみがバウ公演と新人公演。 でもなかなか観に行くことは出来ないのでスカステ放送は大変嬉しいことです。 昔はね。特にお目当ての人がいたわけでもないのに何回か新人公演を観に行ったものです。普通にチケット買えたも…

バウ・シェイクスピア特集・雑感

シェイクスピア作品を元ネタにした作品のCS放送をぼちぼちと見続けています。 そんなにシェイクスピア作品に詳しいわけではないのですが各演出家のアレンジ具合がいろいろで興味深いわ~。 作品名/元ネタ/演出家/組/主演 「SAY IT AGAIN」/ヴェローナ…

「暁のロンバルディア」と「夜明けの天使たち」2

「暁のロンバルディア」は宝塚を見始める前の作品ですが知っている生徒さんばかり。 みねちゃん(峰さを理)が巡りあう姉弟がまさえちゃん(秋篠美帆)と、ちかげちゃん(ありす未来)。ねっしい(日向薫)やシメさん(紫苑ゆう)は傭兵の仲間たち。とても懐…

「暁のロンバルディア」と「夜明けの天使たち」1

初めて観た正塚作品は第3作目の「アンダーライン」 この先どんなにたくさんの宝塚の舞台を観たとしてもおそらく好きな作品マイベスト10の中に入ってくるだろう「バロンの末裔」を作った先生です。デビュー作は今回初めて観ました。 「暁のロンバルディア」 …

「なみだ橋えがお橋」とヤンさんオスカルとクライマーズ・ハイ

さららん(月船さらら)は蘭寿さんと同期。 でももうその頃は花組だけをかろうじて観ているような状態だったから彼女の舞台姿は一度も観たことはないのだけれどショーの舞台中継なんかを見ると、なんだかタモちゃん(愛華みれ)をもう一つ不器用にした感じだ…

シドレミファーミーレー(B♭マイナー)の真彩希帆ちゃん

風ちゃん(妃海風)も好きなのですが。もう一人、観るのを楽しみにしていた娘役さんが まあやちゃん(真彩希帆)です。 どうも私は、誰が見ても美しい娘役さんより、ちょっとファニーフェイスの可愛げのある娘役さんのほうが好みなのかもしれません。 まあや…

真央さん以来の「ガイズ&ドールズ」2

15年ぶりに出戻ると悲しいことに以前から知っている生徒さんはほどんど残っていません。 でも、おそらくテレビで観たのかも・・・月組の「ノバ・ボサ・ノバ」で下級生ながらスポットを浴びてたった一人で踊るドアボーイがみっちゃん(北翔海莉)。だからし…