月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

花組

まめまめまめ!!「オグリ!」2

えりたん(壮一帆)も素晴らしかったのだけれど、共演したメンバーみんな、とっても魅力的でした。ののすみ(野々すみ花)、まりんさん(悠真倫)、みつる(華形ひかる)、じゅりあ(花野じゅりあ)は毎度毎度絶賛しておりますね。 ふみかさん(紫峰七海)は…

快作「オグリ!」1

「オグリ! -小栗判官物語より-」をCS鑑賞。これまたすごく面白かった!!ヤンヤヤンヤ!!いえ実はね。開始1分で音楽が長谷川雅大だぁと気がついて、いきなりがっくりしてしまったのだよ。モーツァルトとベートーヴェンの音楽の違いも聞き分けられない…

みきちゃん真骨頂「Ryoma -硬派・坂本竜馬!II-」

ずぅ~~っと見たいと思ってた、みきちゃん(真矢みき)の坂本竜馬をCS鑑賞。 まぁ、本当はバウ単独初主演の初演バージョン見たかったんだけど、さすがにそのビデオはないですよね。トップになってからのドラマシティでの再演版でした。 初演バウは観に行…

まさかの「外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-」新人公演

新公!新公なの? 新公があったってことはガッツリ1ヶ月ずつこの公演を大劇場と東宝でやったの?まじですか。 だいもん(望海風斗)主演の新人公演「外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-」をCS鑑賞。前にタニ(大和悠河)の外箱公演をテレビ鑑賞の気安…

そんな時代だった「外伝ベルばら三部作」

「邪馬台国の風」を観たら、なんだか妙に昔ながらのトンチキ作品を見たい衝動にかられて、ちょうど放送の「外伝ベルばら」を3作連続CS鑑賞。限りある宝塚人生においてできるだけ素敵な作品に恵まれて欲しいと切に願いながらも、万が一トンチキ系作品にぶ…

本日「邪馬台国の風」観劇…その前に

普段からでも観劇前の予習はまったくせず、劇団ホームページのあらすじくらいしか読んでいかないのです。原作本があっても観劇前には読まないし、コスチューム物だったら高校時代の歴史年表を確認するくらいで、時代背景までは事前には調べない。タカラヅカ…

もはや本日じゃないけど「邪馬台国の風」観劇

万葉ロマンはいくつかあるけれど、さらに古い弥生時代あたりの日本を舞台にした作品っていままであったのかしら?史実として知られた話はほぼないので、自由にどんなふうにでも話は作れるはず。事前情報完全シャットアウトで観劇に望みましたので、さぁいっ…

ちょっと初演を思い出す「ミー・アンド・マイガール」

花組「ミー・アンド・マイガール」千秋楽をCS鑑賞。 そうです、見ることが出来なかったAパターン配役。1公演1回、見たり見なかったりの状況の今、役替り公演とはっ。それでもこの公演絶対どっちも観たい!!頑張って出かけるぞ~~と意気込んでみたもの…

ポスターどおり「For the people —リンカーン 自由を求めた男—」

こういうポスターが宝塚で!と驚かされました。 ひと目見てリンカーンとわかる完璧なビジュアル。骨太でありながらも美しくスッキリスタイリッシュで、あのポスターを観ただけでこの芝居勝ったも同然!と確信しました。とはいえ、観に行けなかったのでCS鑑…

ひとりぼっちの男のひとりじゃないひととき「Appartement Cinéma」

オサさん(春野寿美礼)主演「Appartement Cinéma」CS鑑賞。ゆみこさん(彩吹真央)がまだ花組にいて、まとぶん(真飛聖)はもう花組に来ている。こんなキャストの公演があったのね。「明智小五郎の事件簿・黒蜥蜴」の前くらいなのかな?*1オサさんは余命…

好きな人の弟「MIKI in BUDOKAN」

生まれてこのかた武道館コンサートというものは行ったことがないのです。歌手ならば、そこは憧れの聖地だけれど、宝塚の舞台を武道館でなんて。劇場じゃないから見やすくはないだろうし、舞台転換もなくって人数も少ないし。きっと一緒に騒いで発散して、そ…

共に乗り越えた「CODE HERO/コード・ヒーロー」

これ何なのーーーー!全然話の内容が入ってこないので、2度も放送を見ちゃった。で結局のところ、2度見てもあっけにとられて結局どんな話なのかは頭に入ってこなかった。 とはいえ、好きじゃないけど、嫌いじゃないです。曲ダウンロードしようかな~~。と…

あなたなしでは生きてゆけない「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-新人公演

相変わらず続く花組熱。「MY HERO」で最強コンビとなったキキちゃん(芹香斗亜)、ひらめちゃん(朝月希和)主演の新人公演CS鑑賞。定期的にDVDを見たくなるほど好きな作品「愛と革命の詩」-アンドレア・シェニエ-。 今はいいね~DVDだから。ビデオ…

忘れていても覚えている「アイ・ラブ・アインシュタイン」

花組の誇る男前あきら(瀬戸かずや)バウ初主演にして谷貴矢先生デビュー作という2重の楽しみの作品なれど、当然観に行くことなどかなわなかった「アイ・ラブ・アインシュタイン」をCS鑑賞。 もっのすごく面白かった~~~。 手塚治虫的愛らしさ 登場人物…

本日(じゃないけれど)「MY HERO」観劇

いつもだと外箱まではなかなか手が回らなくてあんまり観に行かないのですが、「金色の砂漠」のジャーがあまりにも素敵だったキキちゃん(芹香斗亜)初の東上主演作ということで、ACTシアターまで行ってきました!連休は大忙し! アクションステージという冠…

東京千秋楽の思い出「名探偵は一人ぼっち」2

色々 書いていたら、この舞台の東京千秋楽を観ていたことを思い出した! そうでなくてもコメディ、しかも千秋楽ときたら、そりゃあもう大騒ぎ、大笑いしたことを覚えている。 クールなマフィアにも千秋楽はやってくる ペイさん(高汐巴)は真面目な顔をした…

女親分テ~キサス・クララ「名探偵は一人ぼっち」1

だいもん(望海風斗) まあやちゃん(真彩希帆) トップ就任決定おめでとうございます! うれしいよ。めちゃめちゃ嬉しい!まあやちゃんの事はこのブログでもチョコチョコ書いてきましたが、まさかこんなに早くに実現することになろうとは!しかも花組で一緒…

だって好きなんだもの~全員レビュー「Bow Singing Workshop」-花-3

蘭寿さん退団以来、ちょっとぼんやりしておりましたが、「雪華抄」「金色の砂漠」をきっかけに久しぶりに花組熱が高まってきたぞ~~!! 若手を沢山知ることが出来た「Bow Singing Workshop」 せっかくだから全員レビューいってみよう!! しいちゃん(和海…

だって好きなんだもの~「Bow Singing Workshop」-花-2

さて、相変わらず情報取得不足による驚きのあまり、ろくろく感想が思いつかなかったので、改めて。前に各組の特徴についダンスの花組って書きましたがまぁそれは私が観ていたなつめさん(大浦みずき)2番手時代からヤンさん(安寿ミラ)トップ時代までの頃…

天からのギフト「Bow Singing Workshop」-花-1

放送をめちゃめちゃ楽しみにしてた花組バージョン。 だって、しいちゃん(和海しょう)や、びっく(羽立光来)がたっぷり2曲、ソロで歌って、大活躍してくれるわけでしょ~。が、まさか!かれー(柚香光)も出てるとは…知らなかった。だって、ただの若手ス…

ポプラ社-少年探偵・江戸川乱歩-「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」

「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」CS鑑賞。もしかしたら少数派かもしれないけれどとんでもなく好きです!!この作品。ツボだ~~~。「黒蜥蜴」と聞いて三島由紀夫の脚本とか美輪明宏さんの舞台とかの耽美的世界を思い描いた人は(おそらく大多数だろうけど)き…

これくらいがちょうどいい。台湾公演「ベルサイユのばら」

ベルばらはもうお腹いっぱいなので普段はCSで放送されても、まず見ないのですが…先月観た花組公演でついに憂愁のベールが降りてきたキキちゃん(芹香斗亜)がたしかアンドレを演じてるんだよね~。この時はどんな感じだったのだろう?となんだか気になってし…

キキ・ラ・ラ・ランド「雪華抄」

一緒に観劇したダンスをこよなく愛する母がめずらしく日本物レビューを気に入ってくれました。鷹と鷲の戦いのところが好きなようです。(やっぱりダンス好き) 私はどのシーンも素敵だけれど夏の粋な江戸っ子ちなつ(鳳月杏)とべーちゃん(桜咲彩花)の七夕…

三島由紀夫の肉声テープに上田久美子先生の行く末を思う「金色の砂漠」2

高校時代、真夜中に読み終わった「金閣寺」に興奮して明け方まで一睡もできなかったことをおもいだすわ~。 それから、他の作品もあれこれ読んだり、難しくて途中で投げ出したり大人になってもう一度「金閣寺」を読んだら、なんであんなに興奮したのかはよく…

本日「金色の砂漠」観劇

これまで再演物ばかり唯一のオリジナルは特に誰に当てはめたわけでもない台湾公演に向けての捨て作品。大石静の脚本(おそらく最初にボツになってたやつ)だったからこれがみりお(明日海りお)率いる花組にとって初めてのアテガキ作品。アテガキこそ宝塚の…

クールビズなのかと思ったけど…「新源氏物語」

劇場でも、もちろん観ているのですがちょっと確認したいことがあってCS放送も視聴。 というのも劇場で見てて衣装が、あれ~~~???なんで~~~~????と思ったところが、いくつかあったのだ。いや宝塚だもん大河ドラマじゃないんだから正確な時代考…

ジューン・マシス再び&背中で人生を語れる男「失われた楽園」

とはいえ、「失われた楽園」はやっぱり名作といってもいいと思う。 久しぶりに観たけれど、面白かったわ~。逆恨みによる最期というトップのサヨナラ公演には向かない演目ではありますがこの公演で退団したのは、当然ながらトップスターではなく演技派男役み…

「失われた楽園」「ラスト・タイクーン」どちらがお好き?

ミキちゃん(真矢みき)の「失われた楽園」をCS鑑賞。花組限定ですが、このあたりまで舞台を見てます。 元ネタはフィッツジェラルドの小説。そう蘭寿さんのラスト公演「ラスト・タイクーン」と同じ。 芝居としては、さすが小池修一郎先生。 「失われた楽園…

ここより何処かに「カステル・ミラージュ」「アデュー・マルセイユ」

デビュー作「ヴァレンチノ」があまりにも素晴らしくってあの時は天才現る!と思った小池修一郎先生。 その後のバウ作品「蒼いくちづけ」も大劇場作品「アポロンの迷宮」「失われた楽園」もとっても面白かったわ。 そして海外ミュージカル潤色演出の手法で「…

祝!!蘭寿さん結婚「小さな花がひらいた」

蘭寿さんがブログにて、結婚を報告!!いやぁめでたい!! そんなわけで蘭寿さんの作品、どれを書こう? 研一さんの時から応援していたにもかかわらず諸般の事情で宝塚から遠ざかってしまい観劇を復活した時にはもうトップスターだった蘭寿さん。 その成長を…