読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

だって好きなんだもの~全員レビュー「Bow Singing Workshop」-花-3

蘭寿さん退団以来、ちょっとぼんやりしておりましたが、「雪華抄」「金色の砂漠」をきっかけに久しぶりに花組熱が高まってきたぞ~~!! 若手を沢山知ることが出来た「Bow Singing Workshop」 せっかくだから全員レビューいってみよう!! しいちゃん(和海…

だって好きなんだもの~「Bow Singing Workshop」-花-2

さて、相変わらず情報取得不足による驚きのあまり、ろくろく感想が思いつかなかったので、改めて。前に各組の特徴についダンスの花組って書きましたがまぁそれは私が観ていたなつめさん(大浦みずき)2番手時代からヤンさん(安寿ミラ)トップ時代までの頃…

天からのギフト「Bow Singing Workshop」-花-1

放送をめちゃめちゃ楽しみにしてた花組バージョン。 だって、しいちゃん(和海しょう)や、びっく(羽立光来)がたっぷり2曲、ソロで歌って、大活躍してくれるわけでしょ~。が、まさか!かれー(柚香光)も出てるとは…知らなかった。だって、ただの若手ス…

ポプラ社-少年探偵・江戸川乱歩-「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」

「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」CS鑑賞。もしかしたら少数派かもしれないけれどとんでもなく好きです!!この作品。ツボだ~~~。「黒蜥蜴」と聞いて三島由紀夫の脚本とか美輪明宏さんの舞台とかの耽美的世界を思い描いた人は(おそらく大多数だろうけど)き…

これくらいがちょうどいい。台湾公演「ベルサイユのばら」

ベルばらはもうお腹いっぱいなので普段はCSで放送されても、まず見ないのですが…先月観た花組公演でついに憂愁のベールが降りてきたキキちゃん(芹香斗亜)がたしかアンドレを演じてるんだよね~。この時はどんな感じだったのだろう?となんだか気になってし…

キキ・ラ・ラ・ランド「雪華抄」

一緒に観劇したダンスをこよなく愛する母がめずらしく日本物レビューを気に入ってくれました。鷹と鷲の戦いのところが好きなようです。(やっぱりダンス好き) 私はどのシーンも素敵だけれど夏の粋な江戸っ子ちなつ(鳳月杏)とべーちゃん(桜咲彩花)の七夕…

三島由紀夫の肉声テープに上田久美子先生の行く末を思う「金色の砂漠」2

高校時代、真夜中に読み終わった「金閣寺」に興奮して明け方まで一睡もできなかったことをおもいだすわ~。 それから、他の作品もあれこれ読んだり、難しくて途中で投げ出したり大人になってもう一度「金閣寺」を読んだら、なんであんなに興奮したのかはよく…

本日「金色の砂漠」観劇

これまで再演物ばかり唯一のオリジナルは特に誰に当てはめたわけでもない台湾公演に向けての捨て作品。大石静の脚本(おそらく最初にボツになってたやつ)だったからこれがみりお(明日海りお)率いる花組にとって初めてのアテガキ作品。アテガキこそ宝塚の…

クールビズなのかと思ったけど…「新源氏物語」

劇場でも、もちろん観ているのですがちょっと確認したいことがあってCS放送も視聴。 というのも劇場で見てて衣装が、あれ~~~???なんで~~~~????と思ったところが、いくつかあったのだ。いや宝塚だもん大河ドラマじゃないんだから正確な時代考…

ジューン・マシス再び&背中で人生を語れる男「失われた楽園」

とはいえ、「失われた楽園」はやっぱり名作といってもいいと思う。 久しぶりに観たけれど、面白かったわ~。逆恨みによる最期というトップのサヨナラ公演には向かない演目ではありますがこの公演で退団したのは、当然ながらトップスターではなく演技派男役み…

「失われた楽園」「ラスト・タイクーン」どちらがお好き?

ミキちゃん(真矢みき)の「失われた楽園」をCS鑑賞。花組限定ですが、このあたりまで舞台を見てます。 元ネタはフィッツジェラルドの小説。そう蘭寿さんのラスト公演「ラスト・タイクーン」と同じ。 芝居としては、さすが小池修一郎先生。 「失われた楽園…

ここより何処かに「カステル・ミラージュ」「アデュー・マルセイユ」

デビュー作「ヴァレンチノ」があまりにも素晴らしくってあの時は天才現る!と思った小池修一郎先生。 その後のバウ作品「蒼いくちづけ」も大劇場作品「アポロンの迷宮」「失われた楽園」もとっても面白かったわ。 そして海外ミュージカル潤色演出の手法で「…

祝!!蘭寿さん結婚「小さな花がひらいた」

蘭寿さんがブログにて、結婚を報告!!いやぁめでたい!! そんなわけで蘭寿さんの作品、どれを書こう? 研一さんの時から応援していたにもかかわらず諸般の事情で宝塚から遠ざかってしまい観劇を復活した時にはもうトップスターだった蘭寿さん。 その成長を…

ちょっぴり切なく愛おしい「カリスタの海に抱かれて」新人公演

胸にしみるいい新人公演でした。 正直、この「カリスタの海に抱かれて」という芝居。本公演を観た時には、なんとなくの違和感があったのです。いえ、けっして悪い話じゃないし、つまらなかった訳ではないのですが… もし、これが3~40年くらい前の昭和の宝塚…

悲報!大幅カット版だった「ジュテーム」

大劇場に岡田先生久々の登板ということでCSではロマンチック・レビュー特集を放送中。 ロマンチック・レビューの一番最初となったのが花組の「ジュテーム」同時上演のお芝居は「琥珀色の雨にぬれて」初演。どちらも大人っぽくって香り高くてもう、それはそれ…

本日「ミー・アンド・マイガール」観劇

およそ30年ぶりのミーマイです。そう、うたこさん(剣幸)の初演以来。 もう、どの曲もどの曲もいまだに歌えるくらい覚えてる~~~。 そういえばあの時は結構大騒ぎだった。 少年役や若々しい役が多かった可愛いサイコ(郷真由加)がなんと、おじさま役をや…

懐かしのベニー・グッドマン!!「ハローダンシング」

各組若手によるノンストップダンスショー。幕開きの音楽とポーズを見るなり うぉぉぉぉぉおおおおおお~~~~。と叫んでしまった!! 花組「ザ・フラッシュ」のベニー・グッドマンのダンスだ!!舞台もその後の舞台中継のビデオもいったい何度見たかわから…

心の翼の人々「テンダー・グリーン」2

この曲に触れないわけにはいかないでしょう。 なつめさん(大浦みずき)が亡くなって何年かは悲しくて聞くことも歌うことも出来なかった。でも、もちろん大好きな曲だ。 ペイさん(高汐巴)のサヨナラショーの時には組子全員で歌っていたのよね。そしてなつ…

奇跡の名シーン「テンダー・グリーン」1

昨日「テンダー・グリーン」が放送されていたのでちゃんと録画できたかなぁ。 と、夜寝る前にちょっとだけチェックしようと見始めたら結局最後まで見てしまいました。で、真夜中に号泣だよ。 正塚先生、大劇場デビュー作。東上しなかった作品なのですがもち…

ゆうは悠久のゆう?「虞美人-新たなる伝説-」

戦後まもなく春日野八千代と神代錦で上演された「虞美人」 本物の馬が出てきて主題歌の「赤いけしの花」(白井鐵造作詞・河崎一朗作曲)は大ヒット。 そして、宝塚歌劇60周年のときにも上演されそれがなつめさん(大浦みずき)の初舞台だったというくらいし…

「ミケランジェロ」石の中に生命が見える

初舞台から2番手になったあたりまで、ずっと成長を見てきた人。 タモちゃん(愛華みれ)のサヨナラ公演。 母などは、この期の文化祭まで見ているのだ。芝居の演目は「リア王」とこのとでなんといっても目を惹いたのはイシさん(轟悠)、あとノル(稔幸)もよく…

「Endless Love―永遠の愛―」しーの、トツギーノ

バウ・インドロマンということでショーではターバンを度々使う宝塚ですが インドが舞台の芝居とは珍しい。「ダル・レークの恋」くらいでしょうか? 主演はいおり(伊織直加)懐かしいわ~。 えくぼが愛らしい顔立ちなのに悪役系ガラガラ声でどことなくアンバ…

花で輝くひと。鳳月杏「スターダム」2

感想を書くのをすっかり忘れていた。 演出で面白いなと思ったのが場面のつなぎの部分が「暗転にBGM」じゃなくって登場人物が順々にちょっと懐かしめの洋楽を歌ってくれる。その歌がBGMとなって、別の人達のそれぞれの事情が描かれていくところ。ボーカ…

花で輝くひと。鳳月杏「スターダム」1

宝塚観劇を復活させて5年経ちました。 復活した時は知らない生徒さんだらけでしたがずいぶん生徒さんを覚えることが出来た~。と思ったら、もう102期生の音楽学校卒業式ということで今日写真が新聞に載ってましたね。 さて、「スターダム」鑑賞。正塚先…

見えてしまう男「近松・恋の道行」

心中物の男って究極のダメ男のはずなんだけど見てて不思議とダメ男だとは思えないの。 何故かしらね。なんというか社会的、道徳的にはダメ男でも情においては決してダメ男ではないからかしら。誰もが持っている人間の業のようなものが垣間見えて結構、感情移…

バウ・シェイクスピア特集・雑感

シェイクスピア作品を元ネタにした作品のCS放送をぼちぼちと見続けています。 そんなにシェイクスピア作品に詳しいわけではないのですが各演出家のアレンジ具合がいろいろで興味深いわ~。 作品名/元ネタ/演出家/組/主演 「SAY IT AGAIN」/ヴェローナ…

お江戸の夜は大騒ぎ「風の次郎吉 —大江戸夜飛翔—」

みっちゃん(北翔海莉)専科ラスト公演。観たかったけれど当然ながらチケットは手に入らず。 タカラヅカニュースの千秋楽映像が、あまりにも楽しそうで放送を心待ちにしてました。 もう、これは話がどうだとか演出がどうだとかそんなこたーどうでもいいわー…

「なみだ橋えがお橋」とヤンさんオスカルとクライマーズ・ハイ

さららん(月船さらら)は蘭寿さんと同期。 でももうその頃は花組だけをかろうじて観ているような状態だったから彼女の舞台姿は一度も観たことはないのだけれどショーの舞台中継なんかを見ると、なんだかタモちゃん(愛華みれ)をもう一つ不器用にした感じだ…

「舞音-MANON-」のまえに「舞姫-MAIHIME-」を

舞台には平伏している男がただ一人天皇の勅命を受けている。パーンとスポットライトがあたり 決意に満ちた輝く瞳で顔をあげる。凛々しい白い軍服の礼装が眩しい。 これは思わず観客が拍手をしたくなる演出ですよね。みわっち(愛音羽麗)のバウ初主演だった…

今もしなやかで美しい 「FEMALE vol.12 ~35th Anniversary~」

観に行きたかったものの当然ながらチケットは手に入らなかった。草月ホールでのヤンさん(安寿ミラ)のダンスコンサート。 草月ホールといえば・・・ ヤンミキ初主演「グッバイ・ペパーミント・ナイト」ちょうど夏休みだったと思う友人たちとバウホールで観…

歌ですべてを語るひと「激情」

私が心ひそかに大浦チルドレンと呼んでいる人達がいる。 花組「ザ・ゲーム」ショーの終盤でなつめさん(大浦みずき)が舞台の後ろにある階段をかっこ良く昇り降りしながら歌っている場面で上手から飛び出してくる若手ダンサー達がいた。彼女たちはなつめさん…

シドレミファーミーレー(B♭マイナー)の真彩希帆ちゃん

風ちゃん(妃海風)も好きなのですが。もう一人、観るのを楽しみにしていた娘役さんが まあやちゃん(真彩希帆)です。 どうも私は、誰が見ても美しい娘役さんより、ちょっとファニーフェイスの可愛げのある娘役さんのほうが好みなのかもしれません。 まあや…