月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

雪組

その3分の1に全てを込めて「星逢一夜」新人公演

これ、新人公演ですよね。とても新人公演とは思えないくらいの素晴らしさ。 もちろん本公演も素晴らしかったですよ。新人公演を見て改めて気が付かされたのが、ちぎ(早霧せいな)って、あんなに大人っぽい美貌の人なのに 少年の魅力を持ち合わせているんな…

そうです!あなたです!「Bow Singing Workshop」-雪-

歌中心のショーなのでダンスは確認できないかも~と思ったけれど 「Greatest Hits!」で見つけたダンスが花組っぽい男役下級生を探すべくWorkshop雪組バージョンをCS鑑賞。 オープニング全員のダンスとコーラスくらっち(有沙瞳)のソロ直後に下手後ろ側グル…

雪に花男?眞ノ宮るい君なのか?「Greatest Hits!」

こんな風に突然の予測不能な衝撃ではなかったわ。それなのに、パンフレットの写真を見てもおとめを見ても誰だかよくわからない。写真は踊らないので…パンフ掲載の出演場面から眞ノ宮るい君で…

本日「私立探偵ケイレブ・ハント」観劇

なかなか興味深い作品でした。えぇ、結構好きですよ。これ。 正塚先生の芝居はセリフの押し引きがミソ。前半はチギ(早霧せいな)の芝居が押すばかりで引きがなくあらまぁ、ここでフッと引いたら面白いのに~~と、ちょっと残念に思ったところもあったのです…

ジョン・ウー監督で観てみたい「アル・カポネ -スカーフェイスに秘められた真実-」

いやぁ~~~面白かった!! 私のヅカ友には年代記みたいで盛り上がりに欠けると今ひとつ評判の悪い原田先生ですがこれは面白かったですわ。 私は「華やかなりし日々」は面白かったし(特に大ちゃん(鳳翔大)最高!それからオチも小気味よくって痛快だった…

小説的舞台…なのかも「睡れる月」

「更に狂わじ」「月の燈影」「花のいそぎ」「睡れる月」「夢の浮橋」 このところ大野先生の日本物作品がCS放送されています。 どの作品も一分一秒も立ち止まることなくどんどん過ぎ去ってしまう舞台という形態ではどうにも味わいきれない濃密な作品。 大野先…

ただ、ひたむきに「銀二貫-梅が枝の花かんざし-」

「るろうに剣心」のチケットが手に入らず評判だった蒼紫を観ることができなかったので これまでのれいこ(月城かなと)の印象といえば 美しくノーブルな顔立ち身長も高くいい声で歌も芝居もそつなくこなしているタカラジェンヌとして誰もが羨む要素をいくつ…

バウ・シェイクスピア特集・雑感

シェイクスピア作品を元ネタにした作品のCS放送をぼちぼちと見続けています。 そんなにシェイクスピア作品に詳しいわけではないのですが各演出家のアレンジ具合がいろいろで興味深いわ~。 作品名/元ネタ/演出家/組/主演 「SAY IT AGAIN」/ヴェローナ…

何も語らず包み込む「Icarus」

このところ、スカステでは演出家のデビュー作品を特集してくれている。 知らない演出家さんだらけとなった出戻りの身としては大変ありがたい企画です。 景子先生デビュー作「Icarus―追憶の薔薇を求めて―」 とうこちゃん(安蘭けい)はどことなく星の王子さま…

「ヴァレンチノ」の思い出2 消えたセリフ編

デ・ソウルの手下にヴァレンチノが徹底的に痛めつけられるシーン。 新人演出家のデビュー作、おそらく予算が限られていたであろう初演では場末の酒場のセットでの芝居だった。 再演ではトップの退団バウ公演、予算も潤沢だったのか豪華な高級クラブになって…

初演・再演・再々演「ヴァレンチノ」の思い出1

師走でなかなかゆっくり観ることが出来ないのですがやっと念願の宙組「ヴァレンチノ」を鑑賞。 いやぁ~面白かったわ。家で録画をみてると、うっかり寝てしまうこともしばしばなのですが疲れていたのにもかかわらず一気に観てしまった。 この作品は初演バウ…

いったい何処を見れば「Shall We Dance」

新人公演の放送があったので、この機会に本公演の感想を。 映画を舞台にそれも宝塚にするって、難しいのかな~と思った。もちろんえりたん(壮一帆)は素敵だったし、話は面白いのですが。 宝塚の最大の特徴はとにかく大人数ということ。(バウでなければね…