月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

真央さん以来の「ガイズ&ドールズ」1

月

真央さん(大地真央)のガイズは1984年。
流石に細かいことは覚えてませんが

ロムさん(旺なつき)のビッグ・ジュールが
やたらめったらかっこいいのと
やたらめったら可笑しかったのが「クラップやろうぜ!」のセリフとともに
今でも思い出されます。 

うたこさん(剣幸)とひとみちゃん(春風ひとみ)の
万年婚約者コンビはまだ結婚前なのに
すでに倦怠期の夫婦みたいな雰囲気をかもしだしていて
本当に芸達者だったなぁ~。 

真央さんのスカイ
なにぶん真性ギャンブラーなので
ラストの真面目な救世軍の格好が、
まるで違和感ありありで可笑しかったの。
客席爆笑のまま、ま、いいかーっで、大団円。

 

さてさて
今回は星組観劇
優しい友人のおかげで
とんでもなく素晴らしいお席で観劇。
本当にありがとうございました。
自力ではとてもチケット取れませんでした。感謝! 

その感想はまた次回に。