読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

薔薇をくわえて踊るひと「Paradise Prince」2

宙

 

再度宝塚を観劇しようと決心して
最初に観に行ったのは大好きだった花組でした。

 

が、そこに蘭寿さんの姿はなかった…
ショック。
15年も経っているんだもの。そりゃ大概の人は退団するわさ。と。

まさか、
まさか宙組に組替えしていたとは!!!

 

私の知らない蘭寿さんシリーズ
「Paradise Prince」

 

タニ(大和悠河
蘭寿さん
みっちゃん(北翔海莉)
下級生時代しか知らないから
そんな組み合わせ、一体誰が考えたんだろ。と思ってしまう。

ところが、なかなかどうしてピッタリあてがきがハマっているので
楽しい。楽しい。

 

タニといえば
「ノバ・ボサ・ノバ」のルーア神父が印象に残ってます。
私のヅカ友達はみんな歌に厳しくて
その上、初演の安奈淳さんを観ている人までいるので
あれ不評だったんだけどね。
私は密かにはまり役だと思っていました。

なんというか
違う価値観・違う次元にいる人って感じで。
ちょっぴり素っ頓狂な音程も、そんなルーア神父もありだな~。と思えた。

「Paradise Prince」のスチュアートも
やっぱり、そんな感じ。
現代のピカソに成り得るアーティストが描くのが
いわゆる「画伯」レベルのヘタウマ系アニメっていうのが
もう凡人にはわからないセンスで、なんだかわけわかんないけど納得させられる。
多分、タニにしか出来ない役だと思っています。
唯一無二の個性を作るというのも
舞台人にとって大切なこと。

そして、みっちゃんパパの大富豪が絵を買い取ってくれたりして
なんだかわけわかんないけど大団円。
と、思ったら。
最後にもうワンシーン付いていて
これがまたとてもいいの。
相手役のウメ(陽月華)も、
ものすごく男前な娘役さんで
二人でワチャワチャしている感じが、
意外にもリアルというか、とっても共感できる。
明日からの仕事も頑張ろうかな。
って思える舞台でした。

 

みっちゃんは
もう、芸達者としか言いようがない。
スカイステージの収録がどうも千秋楽らしく
普段とは違うアドリブだったようなのですが
いったい公演中に何をやっていたんだろう?
きっと日替わりでいろんな事して笑わせてたんだろうな。気になるわ~。

 

そんなタニともみっちゃんとも、まるで違う個性の蘭寿さん。
何処までもクールにエネルギッシュに
ニコリともせずキザりまくる。
大勢を引き連れ
薔薇をくわえて踊る!
笑えるけれども同時に
とてつもなくカッコいい!!
この世にありえない世界観を一瞬にして目の前につくり上げる。
さすが花組出身、ジゴロ系。

この「My Kingdom of Art」という曲
「RIVAL&VILLAIN」」というCDに収録されていて
どんどん展開するわ
最後にはノリノリになるわで
絶対に作曲は甲斐正人先生だろうな~と聞いてたら、やっぱりそうでした。
どんな場面なのか、ずっと気になっていたんですよね。

もう、楽しすぎる。
この場面だけでも通えるわ。私。
蘭寿さんの秘書兼恋人とおぼしき二人(悠未ひろ・美羽あさひ)も最高!!

 

薔薇をくわえる
ググる
狩野英孝の画像が一番に出てくるのね。
蘭寿さんに替えるにはどうすればいいのかしら・・・