月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

歌ですべてを語るひと「激情」

宙

 

私が心ひそかに
大浦チルドレンと呼んでいる人達がいる。

 

花組「ザ・ゲーム」
ショーの終盤で
なつめさん(大浦みずき)が舞台の後ろにある階段を
かっこ良く昇り降りしながら歌っている場面で
上手から飛び出してくる若手ダンサー達がいた。
彼女たちはなつめさんが引っ込んでからも
フィナーレの大階段が整うまで
ずっと踊り続けたのだが
全員、まだ研3と研2になりたてぐらいだったと思う。
花組の下級生ファンならいざしらず
ほとんどのお客さんは
いったい誰が踊っているのか、すぐにはわからなかったはず。

大抜擢ではあったけど
抜擢されたことが納得の
素晴らしいダンスシーンでした。

 

メンバー9人のうち男役は

香寿たつき紫吹淳匠ひびき姿月あさと・和宏樹

すぐに退団してしまった和を除いて
その後のショー作品でも
なつめさんと一緒に本当にたくさん踊りました。

そして、その全員がトップスターになったことは
後になって知りましたが
このメンバーの中の誰よりも早く
しかも新組立上げという、ものすごい重責を担ってトップになったのが

あの、
ぼよよ~んとした
ずんちゃんだったとは!!

月組時代の「バロンの末裔」はBSで観てたけれど
あれはちょっと小回りのきかない頑固な感じが
いかにもずんちゃんらしかった。

そこからいきなりの「激情」を見たわけだもんね。
びっくりするわ。
すごいな。
こうゆう作品を宝塚で上演していたのか。
好きです。大人の心のドロドロ。

 

そして
ずんちゃんホセ
不器用で生きるのが下手くそな軍人。
セリフ回しも相手との間も変わらず朴訥なずんちゃん。
もどかしい。
でもそのもどかしさが、ずんちゃんであり、ホセでもある。

だが、ひとたび歌い出すと

すべての感情がほとばしり始める。

すごいな。
歌がうまいのは知っていたけれど。
本当にすごかったんだ~。
単に歌がうまいとか、声がいいとか。
そういうのとはまた違うのね。
恐ろしいばかりの歌だった。

この人は
歌ですべてを語るのだ。