月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

初演・再演・役替り・新公「バレンシアの熱い花」祭り1

宙

 

私の知らない蘭寿さんシリーズ
バレンシアの熱い花」です。

 

タニ(大和悠河)のお披露目とのこと。
ということは蘭寿さん二番手お披露目なのかしら?
とはいえ、みっちゃん(北翔海莉)とラモン役・ロドリーゴ役を役替り。

 

さて、「バレンシアの熱い花」といえば
ミッキー(順みつき)のラモンが彼女の当たり役で
サヨナラの時、歌劇とかグラフにその舞台写真が載っていたはずです。
私が宝塚にハマるきっかけを作ったのがミッキーだったんですよね。

それまでに何回か観劇してたんですが
ミッキーのサヨナラ公演「霧深きエルベのほとり」「オペラ・トロピカル」で
彼女に、そして花組にハマりました。

宝塚で誰にハマるか
というのは、その時の役によったりもするけど
大体、同じような系統の人を好きになることが多い・・・はず。
私の場合、宝塚の男役らしい、ちょっと男っぽい感じの
ダンスがうまい人が好みのようです。 

蘭寿さんって
伝統的な宝塚のキザりがとても良く似合う個性で
かつエネルギッシュで情熱的なところもあって
そこがなんとなくミッキーを思わせたのかも。 

だがら、ラモンとロドリーゴだったら
断然ラモンでしょー!!
と思って観たわけです。 

蘭寿ラモンは
スパニッシュのカッコよさは言うまでもないのですが
役としては
かわいい!!
フェアリーの可愛さじゃなくって
男の可愛げ
当たり前のことだけど
ミッキーとは個性が違ってました。
そう、蘭寿さんは可愛いのだ!

ミッキーは「霧深きエルベ~」でもそうなんだけれど
教育を受けなかった者の醸し出す、
ちょっと卑屈な感じ(でも心優しい)がうまかった。
場違いな大きなお屋敷での振る舞いとかね。
となると、
蘭寿ラモンは彼女の知性が透けて見えてしまうのか
泥臭さが足りなかったかも~。
考えてみればスパニッシュも
ちょっとかっこ良すぎだったかも~。
都会のラモンでした。

 

みっちゃんロドリーゴはちょっと頼りないおボッチャンの役作り。
ま、確かにそうでなければ
恋人を叔父さん(悠未ひろ)に取られても逆らえないなんてことはないか。
さすがに的確といえば的確な役作り。
でも私がシルヴィアだったら、あんまり心惹かれないな~。

 

そんなわけで
役替り公演
蘭寿ロドリーゴとまちゃみ(美羽あさひ)シルヴィアは
大人のオトコと人妻との
しっとりとした秘密の恋の雰囲気がでていて、うっとりできます。

みっちゃんのラモンは下町のあんちゃん感がいいですね~。
お屋敷でのオトボケ芝居もうまいうまい。

観る前の予想に反して
こちらのほうが私にはピッタリきました。