月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「舞音-MANON-」観劇

月

どうも
ダメ男が好きらしい。

いや
実際に付き合うのはごめんよ~。
あくまでも舞台上だけ。

誰もが心の弱さを何かしら抱えているから
完璧なヒーローにはかえって共感出来ない。

壁に立ち向かったり、そこから逃げたりして
もがきながら少しずつ前に進んでいく
あるいは敗れて消え去っていく様が描かれる芝居が好き。

 

思いつくまま、私の好きなダメ男列伝 

「Crossroad―すれ違うばかりじゃやりきれない―」
じゅりちゃん(樹里咲穂)が演じた破滅型の男デュシャン
「嫌いなんだよ。お前泣いたら汚い顔になるから」

 

マラケシュ
おささん(春野寿美礼)が演じた詐欺師リュドヴィーク
「ひどい男です。ひどい男に、またひっかかった」

 

「銀ちゃんの恋」
のんちゃん(久世星佳)が演じた言ってることめちゃくちゃな映画スター銀四郎
「俺を一人ぼっちで放おっておくつもりなのか!俺行っちゃうぞ!止めねーのか!小夏~~」

 

ただし
ダメ男が魅力的だと思えるためには高い演技力が必要
だと思う。
でなきゃただのダメ男。

 

さて、本日観劇の「舞音-MANON-」のシャルル(龍真咲)は
宝塚で演じられた中でも最低レベルのダメ男でした。
彼が魅力的に見えるかどうかは、
まぁ、観る人によるかしら?

ただひとつ言えることは
ラストの舟のシーン
死んだマノンを抱えるシャルルと
後ろ向きに佇むシャルルの影の構図は
松井るみさんの舞台デザインとも相まって
大変美しく、心に沁みるものでした。

この最後の美しい瞬間のためだけに
つかず離れず現れる彼の影(美弥るりか)を配したのじゃないかと・・・
もしも彼の影とともにあるこのラストシーンがなかったとしたら

シャルルというダメ男には魅力を感じられなかったかもしれません。

 

 

終わりが素敵ならすべて良し。これも景子先生作品。

cowherdvega.hatenablog.com