月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

「Endless Love―永遠の愛―」しーの、トツギーノ

花

バウ・インドロマンということで
ショーではターバンを度々使う宝塚ですが

インドが舞台の芝居とは珍しい。
「ダル・レークの恋」くらいでしょうか?

 

主演はいおり(伊織直加)
懐かしいわ~。

えくぼが愛らしい顔立ちなのに悪役系ガラガラ声で
どことなくアンバランスな個性の持ち主。
スター男役がひしめいいていたあの当時の花組
この人はいったいどういうポジションになるのだろうか?
と心配していたけれど
バウ主演していたのね~。

しかし、この話ね~。

なんというか
シュール。

シュールだわ~。

全く関係ないのだけれど
連想したのが
バカリズムトツギーノ

 

話の筋が通ってないとか
息子に死んだ恋人の面影を感じて苦しむ母親ってどうよ?とか
そんなことはどうでもいい。 

だってトツギーノの流れに意味ある?

まぁ
トツギーノはむちゃくちゃ面白くって大好きだけど、
この「Endless Love―永遠の愛―」
そもそも、演者も演出家も
だれ一人、これをトツギーノにしようとは思っていないでしょうし、
トツギーノののようにジワジワ来る波状攻撃があるわけでもないし、
第一、宝塚でトツギーノを観たい人などいるわけがない。 

とはいえ、少なくとも私は、そんなに嫌いな話ではないです。
いおりの個性には合っているとも思う。
こんなシュールな話だけど
ぐわ~~~っと周りを巻き込むような
パワーがある。 

でも、もっと上のスターをめざす若手に
演って欲しい芝居ではなかったかもしれません。
こういう時にどんなバウ作品にあたるのか。
その後の宝塚人生を左右するから
なるべく良い作品に巡りあってほしいものです。

 

そんなこんなで
なにも知らずに見ていたら

2幕に蘭寿さんが出てきた!!

びっくり~。

いや、1幕からちゃんと出ていたのだろうけれど
そこはCS放送。
カメラが周りにピントを合わせてくれているわけではないから
まったく気が付かなかった。

幕開きでダンスが上手い子がいるな~。
と、ぼぉ~っと見ていたのだけれど
もしかして、それが蘭寿さんだった?
巻き戻して再度チェックするも
ダンスの感じは蘭寿さんっぽいけど、顔はわからなかった。

すこし上手寄りの後ろで踊っている人。
蘭寿さんなの~~~?

研2の蘭寿さん。
その当時の「歌劇」のコーナー「楽屋日記」に
研2なのに研20と呼ばれる蘭寿さんの話が載っていたような気がするのだけれど
(もしかしてガイちゃん(初風緑)の事だったかもしれない。記憶が曖昧)
ほんとうに研2の蘭寿さん。

突然シュールに陥れられる
意図不明な役ではあったけれど
研2とは思えないほど、しっかりとした芝居。
確かな口跡。
いおりよりも年下の青年役なので、
可愛い~。
大人びてはいても、
今となって見れば、
ちゃんと研2の蘭寿さんだった。

お顔も体型も、まだホンワリしています。
もちろん、その後の蘭寿さんと比べての話だけれど。 

しかし
宝塚の男役というものは
顔も体型も
どんどんシャープになって。
男役としての色気を
身につけていくものなのね。

研2の蘭寿さんを見ることができて
なかなか満足でした。

 

そんな訳でつまり
話はどーでもいいのだわ。