読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

「ミケランジェロ」石の中に生命が見える

花

 

初舞台から2番手になったあたりまで、
ずっと成長を見てきた人。

 

タモちゃん(愛華みれ)のサヨナラ公演。 

母などは、この期の文化祭まで見ているのだ。
芝居の演目は「リア王」とこのとで
なんといっても目を惹いたのはイシさん(轟悠)、
あとノル(稔幸)もよく覚えているそう。
この二人は成績優秀者なので、良い役がついていたのね。
だけどタモ&マミ(真琴つばさ)はどこにいたのか、
全く存在すら覚えてないらしい。

 

音楽学校合格時も、入団時も
歌・ダンス
なにか特別に優れたものがあったわけじゃぁない。 

でも、
見えたのでしょうね。
石の中にキラキラ光る生命が。

初舞台からそのまま花組に配属されるとすぐに、
将来有望な若手として、
下級生の頃から結構良い場面、良い役で出ていました。
成績だけが全てじゃないのが、宝塚なんだな。

なつめさん(大浦みずき)がトップになると
高度なダンス場面には、出させてもらえず・・・。
だけど、組長さんたちと一緒に、
わらわらと銀橋を渡ったりして
なんのかんのと、いつも目立っていた。
でも、そんな姿を観ては母と二人で

「踊らんのかい!!」

と、よく突っ込んでましたっけ。

 

新公主演を経て、独り立ちということで
マミは月組に組替え。
たーたん(香寿たつき)、りかちゃん(紫吹淳)、ずんこ(姿月あさと)も組替え。
あの当時、男役の宝庫と言われ、
競争が激烈を極めた花組だったはずなのに
タモちゃんは時間はそれなりにかかっても
けっこう順調に波風たたずに
トップになったんじゃないかな~。

若手、三番手、二番手、トップと
良い形でキャリアを積んでいった割には
いつまでたっても未完成な感じが
この人の魅力でもあったと思う。
なんか、ほっとけなくってね~。

サヨナラ公演「ミケランジェロ」では
男役の集大成。

豪放磊落、大きな男の役作りのはずなのだけれど
なぜか、無理してる感が漂ってしまう。
芸術家だなんて尊敬され、慕われ
でも
そんなの困るんだよ~~。
と、目が訴えているのが、タモちゃんらしいわ。

 

娘役トップはみどり(大鳥れい)
随分下級生なはずなのに、そうは思えないくらい
大人っぽく、美しい人。
と、いうだけではなく
さながら母のように
どんと来い!!的な抱擁力がある。

母性本能をくすぐるタモちゃんには
ピッタリの相手役さん。

「夜明けの序曲」の貞奴
「タンゴ・アルゼンチーノ」の人妻マルグリット
あさきゆめみし」の藤壺
「ルードヴィヒ2世」の幻
どの役も
主人公に守られる若い娘でもなく
かといって火花散る対等な男女関係でもなく。
そう、庇護者?

この「ミケランジェロ」のコンテッシーナも
パトロンメディチ家の娘なので
やっぱり庇護者なのね。

ミケランジェロは理想の創造に片思い。
繰り返し政略結婚をさせられるコンテッシーナは
ミケランジェロに片思いと
どちらも決して報われることはない恋なのだ。
なかなか切ない話
なのよね。
ちょっと、とっちらかってはいるけれど・・・・。

 

さて、私の知らない蘭寿さんシリーズ

これ以上ないくらいの
嬉しそうな笑顔がキラキラ。
なのに、突然死んじゃうニッコロはちょっと儲け役。
いや。
なにも死ななくても~
とは思うけれど。
おかげで
短いけれど舞台にただ一人残ってのダンスがある。
これはすごいことだわ。

そして、ラスト、
ミケランジェロと親しい人々として
卒業するタモちゃんを見送る主要メンバーにも入っていて
組の中のポジションが順調に上がってきている感じです。