読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ダンサー、そしてその後に。「Hallelujah GOGO!」1

星

 

宝塚観劇を再開した時
唯一、名前も顔もまったく知らないトップさんだった
ちえちゃん(柚希礼音)のバウ単独初主演公演。

ということは
新公卒業まもなくの研8で
バウ単独初主演と同時に2番手就任?
そして、この2年後には
若きトップスターとなるわけで。
いやぁ~。早かったのね~。

とはいえ「Hallelujah GOGO!」
もう、出来上がってますがな。

周りのおそらく、少し下級生の共演者は
当然ながら、それなりの発展途上中の若手なわけで。
比べてしまえば、圧倒的存在感。

唯一アップアップだったのは
千秋楽のカーテンコールでの挨拶くらいなもんじゃないですか。

ここで、初めて
あ~、まだ下級生といってもいい学年なんだわ~。
と気づいたくらい。

なるほどね~。
こりゃ、すごい子が現れたもんだわ。


おもいつつ
釘付けになってしまったのは
じゅんこさん(英真なおき)だったりするオールドファン。

ちえちゃんのお父さん役も
もちろん、お手の物なのですが
なんといっても
ディスコのDJがたまらなく上手い。

ご機嫌で、ファンキーな(っつーか、ちょっとラリってますよね)
芝居がこの時代をよ~~~く表しています。
懐かしいわ。ほんとに。
行きましたわよ、ディスコ。
あの、バブルの時のお立ち台とかあるディスコじゃないわよ。
それより、もうちょっと前の、
サタデーナイトフィーバー的なディスコ(年がばれる~)

 

じゅんこさんは
まだほとんど陽の目を見ていない下級生時代から知っていて
後ろや端っこで踊っていても、
ちっちゃいながら
なかなかのダンサーだったのだ。

そんなじゅんこさんの
初めて記憶に残った芝居が
アポロンの迷宮」での盗賊団一味。

首領のねっしい(日向薫)を裏切る
ちょっとひねくれた若手メンバーの一人で
大人たちに対する屈折した思いや
焦りみたいな感情が渦巻いているところが
とても良く表現されている美味しい役ではあった。
オケボックスからいきなり
ひとり、ひょいっと銀橋に現れたりしてね。

でも
美味しい役を
美味しく演じられるのは
やっぱり演技力が必要なわけで。
ずっ~~と
ダンサーだと思っていたじゅんこさんが
思いのほか芝居が上手くて
びっくりした記憶があります。

この役を演じたのが
新公卒業まもなくの研7あたり
だったんじゃないかな?

つくづく
宝塚というのは
いろんな道があるのだな~
と思う。

スターさんの周りをクルクル回っていたダンサー
そしてその後に
スター街道をひた走っていった
柚希礼音、という道

スターさんの周りをシャープに彩っていたダンサー
そしてその後に
芝居も歌もおまかせあれの頼れる組長、専科生となる
英真なおき、という道

 

青春の道のりとその後に
なにが待っているのか。
ちょっと思いをはせることとなった
「Hallelujah GOGO!」でした。