読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

輝く大人の女性たち。「Hallelujah GOGO!」2

星

 

この芝居のなかで
主人公たちを見守るシスターが話す

 

「神様は乗り越えられる試練しか、お与えならない。」
というようなセリフがあるのだけれど
私のような非キリスト教徒だと
それがたとえ真理であったとしても
とてもじゃないが
そんな事、言えない。

病気や天災など
自分ではどうにもならないような事ならなおさらに。

だから
どうか
もうこれ以上の試練はお与えになりませんように。と
全ての神様に
お願いしたい気分です。

 

さて、そのシスターを演じたのが
てるこさん(千賀てる子)なのですが
これが退団公演とのこと。定年退職かな?

私が宝塚を見始めた頃にはすでに専科生。
昔は日舞・ダンス・声楽・演劇と
専科がわかれていて。
たしかダンス専科だったかと。
スパニッシュの名手なのですよね。

てるこさんは
西洋の古いお屋敷の
奥深くに飾られている
貴婦人の肖像画のように
クラシカルで謎めいた
独特な雰囲気をたたえた人。
だから
太田哲則先生の作品には欠かせない人でした。

今回のシスター役は
太田作品のようなテイストではないけれど
太田作品を思い起こさせる八百屋舞台で
フィナーレではスパニッシュを踊るという
彼女にとって
この上もなく幸せな退団公演。
稲葉先生は退団者にとても優しいですね~。

 

さて
もう一人、大人の女性が
ディスコの歌姫のあっこさん(花愛瑞穂)。
全ての歌をエネルギッシュに歌いきり
この芝居の陰の敢闘賞だと思う。

宝塚だと娘役歌唱は
クラシックが基本で
情感豊かにたっぷり歌うため
どうしてもリズムが甘めになっちゃう。
(ま、そこが美しくて素敵ではあるのだけれど。) 

でも、あっこさんの歌は
たとえしっとりとした曲でも
しっかりリズムが出ているから
ものすごくカッコいい~

私なんぞは
手拍子ですら、どんどんずれていくほどの
リズム音痴なので・・・うぅぅ
いったいどうやったら、あんなふうに歌えるのだろう。
憧れます。 

ただ、彼女のような、リズム系の迫力ある大人の歌手は
本公演だと活躍の場が少ないのが残念だわ~。
ジャズやソウルなどを歌いたい人は
宝塚ではなかなか場所がなくて・・・。
結局、退団してしまうひとが多いよね。

あっこさんには
第二のシビさん(矢代鴻)を目指して
頑張って欲しかったのだけど、
「ロミジュリ」のモンタギュー夫人で退団。

キャピュレット夫人のコロ(音花ゆり)と二人で歌った
"La Haine"(憎しみ)は
各組いろいろな方が演じたけれど
一番好きだったな~。

 

「Hallelujah GOGO!」は
若さあふれる青春群像劇ではあるけれど
素敵な大人の女性たちも
(あ、後もう一人、キンさん(朝峰ひかり)もね。)
とても輝いている公演でした。