月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ドラマチックでエレガント「la vie d'amour ~シャンソンに誘われて~」

専

素晴らしかった!!!
1部は芝居仕立て、
2部はリサイタル形式でヤンさん(安寿ミラ)がシャンソンを歌いっぱなし。

こんなにシャンソンを歌うヤンさん、初めて見ました。
実際にあの空間で観ることができたら、どんなに素敵なことでしょう。
観に行けた皆様、
う、うらやましいです~。

 

年齢を重ねて
声が深くまろやかになったヤンさん。

宝塚時代は芝居やダンスに比べ歌が弱いと言われていましたが
どうしてどうして、とっても上手いです。

いや別に今までも下手だとは思ったことないけどね。私は。
ただ、大劇場という大きな空間で声を張り上げると
時々声が震えてしまうだけ~。

でも、そのなんとも言えない悲壮感に満ちた声のゆらぎは
孤独で、切羽詰まった役が多かったせいか
その役の感情とリンクしていて、
そこがまた、ファンにとってはたまらなかったのよ。

 

今回は草月ホールという小劇場空間で
なおかつ芝居仕立てなので
なおさら感情と歌がリンクしていて
ドラマチックで本当に素晴らしかったです。

 

パリ・シャンソン・ノスタルジックなアコーデオンの響き
大好きな斉藤先生のシャンソンアレンジを思い出すわ~。
と、うっとりしていたら
まさしく斉藤恒芳先生が
音楽担当&バンドマスターでした。おぉぉ。素敵過ぎる~。

 

それから
蘭寿さんの退団後初舞台「ifi」でも拝見した
佐藤洋介さんも出演。 

この方のダンス、大好きなんです。
こちらの予想より
もう10センチ位長く伸びてくるような足の運び、
すっと伸びた背中のライン。
とっても綺麗。
名倉加代子先生のお弟子さんとのこと。
うん。なるほど。そんな感じするわ~。

小粋でシャープ
なのにエレガントなの。

 

ヤンさんは今回
それほど踊らなかったけれど

やっぱり
首から肩、そして背中へのラインが
とても美しい。
エレガントで孤独な女性がよく似合う。

 

最近のダンスはヒップホップ?が流行っていて
こういう美しい背中のエレガンスが少なくなっていくのが悲しい。
だけど
少なくとも宝塚にだけは
これからもずっと残されていって欲しいと思います。