月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

懐かしのベニー・グッドマン!!「ハローダンシング」

専

各組若手によるノンストップダンスショー。
幕開きの音楽とポーズを見るなり

うぉぉぉぉぉおおおおおお~~~~。
と叫んでしまった!!

花組「ザ・フラッシュ」の
ベニー・グッドマンのダンスだ!!
舞台もその後の舞台中継のビデオも
いったい何度見たかわからないくらい大好きなショー。

 

どの組も本当にがんばっている。
若手だけでこの難しいナンバーを踊るのは大変で
どうしても「学ぶダンス」になってしまいがちですが。
今回、目を惹いたのは

発散するダンスを体現した星組チーム。

男役を凌ぐカッコよさの花組娘役達。

それから

懐かしいジャズダンスのスタイルが一番表現できていた、としちゃん(宇月颯)。

 

もちろん他の人も昔と比べてダンス力が劣っているとは決して思わない。
宝塚は幸いにしてバレエが基本にあって身体の使い方が美しいし、
大きな劇場で踊るための、シアターダンスもちゃんと残っている。
しかも昔に比べるとずっとスピードが早く、とってもややこしいダンスを踊ってる。

けれども、こういう懐かしいテイストのジャズダンスを踊れる人は
今後はますます少なくなっていくのかもしれないですね。

 

今は
ダンスといえば
見る人も踊る人も
どうしてもヒップホップ系?ストリートダンス?
を真っ先に思い描くことが多いのじゃないかな?

よく
キレキレのダンス
なんていう表現が使われるけれど
キレる箇所が
今時のヒップホップ系ダンスと昔ながらのジャズダンスとは
すこし違う気がするの。

 

今のダンスは
腕や足や肩など身体そのものが
リズムに乗リ続けて
キビキビと、よく動くことに価値があるみたい。

一方
フォッシースタイルを含めた
オーソドックスなシアタージャズ
さらに古いアステアあたりのダンスになると
キレるのは背中

そして
もちろん身体が動いているのだけれども
それより、むしろ周りの空気が動く

そんな気がします。

 

なつめさん(大浦みずき)は
彼女自身はもちろんのこと
周りの空気、空間も含めてすべてを
美しく
そして、かっこよく
魅せることが出来る
ダンサーであったのだなぁ。

 

 

思い起こせば30数年前

私が初めて習ったジャズダンスの先生はフォッシー系でした。

ひざを曲げたままでピルエットしたりね。

言われるままわけも分からず踊ってましたが

今考えれば、難易度高すぎだったわ~。