月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

麗しのデュエットれいまぁ「鈴蘭(ル・ミュゲ)」1

星

 

楽しみにしていた
まあやちゃん(真彩希帆)初ヒロインバウ公演

 

「鈴蘭(ル・ミュゲ)—思い出の淵から見えるものは—」CS鑑賞
当然のことながら
こんなに沢山お芝居をしているまあやちゃんを観るのは初めて。

 

これくらいの学年のイマドキの娘役さんなら
コスチューム物であっても
キャピキャピと現代的な感じになってしまいがちだろうに
ちゃんと中世フランスの領主の娘らしく
セリフの声も言い回しも
とても落ち着いていて美しい。
芝居も上手い。
こんなに出来る子だとは!!

そして、わたしが観ていた頃の花組の娘役さんを髣髴とさせる
クラシカルな品の良さ。
でも、同時に若々しくて活き活きとして
とにかく愛らしい。
見ているだけで幸せな気分になってくる。

こんなにも多幸感あふれる娘役さんは
なかなかいないのでは?
そんな唯一無二の個性まで備えていて
もう、すぐにでも大劇場公演でヒロインが出来るわ~。

ただね。
早くヒロインになれば
早く退団することになるわけで… 

それはそれで悲しいな。

  

まこっちゃん(礼真琴)も
もはや、なんでもできる。

宝塚というのは
成長していく生徒を応援するのが楽しみのひとつ。
もちろん、なんでもできるまこっちゃんといえども
これから更に成長していくのではあろうが。
そのたびに、
きちんと出来る姿を我々に見せてくれることは
容易に想像できるわけで…

そうなると
ファンというのは現金なもので
ついにトップになった!!っていう肝心な時には
飽きちゃうんだよなぁ~~~。
丸顔の愛らしい童顔だし、
こうなったら、なるべく早く、
1,2年のうちにトップになったほうが良いのでは?

ただね。
早くトップになれば
早く退団することになるわけで…

この逸材を劇団が簡単に手放すかどうかはわからないけど。
まこっちゃん自身は外部ミュージカル向きだと思うし
あまり年齢を重ね過ぎないうちに
飛び出したほうが良いような気がする。

 

まぁ
そんな下世話なことはともかく

この二人のデュエットは
ただ上手い!というだけではない。
美しく柔らかく
どこまでも伸びる豊かな声が重なって
も~~~ぅ気持ちいいなんてもんじゃない。
耳福とはまさにこの事。

 

限りある短い宝塚人生。
どちらかが先にトップになったり
組替があったりでもしたら
この二人のデュエットが
たっぷり聞けることは、
この先そうそうないかもしれない。

でも、逆にもしかしたら
れいまぁコンビ誕生の瞬間だったのかもしれない。

 

とにかく
この麗しのデュエットを
これからも、沢山聞きたいわ!!