読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

男前でも健気 南海まり「シークレット・ハンター」

星

 

みなみちゃん(南海まり)を追いかけ
「シークレット・ハンター 」千秋楽をCS鑑賞。

 

みなみちゃんは
トウコさん(安蘭けい)演じる泥棒のダグをどこまでも追いかける
なかなか怖い女刑事アナ・マリア 。
凛としてカッコいいです~~~~ 

ルパン三世でいうところの銭形警部みたいな役どころ
ではあるのだけれど
無邪気にルパンを追いかける銭形のとっつぁんと違って
心の奥底ではダグのことが好きなのね~。

そして
ダグですらその時はちゃんと理解はしていなかったであろう
あすか(遠野あすか)演じるジェニファー王女?への想いを
一瞬にして感じ取り
辛いけれど、ダグのために
自分の気持ちは押し殺して
彼女を助ける事を即断するのだ。
男前~~~~。

どんな時でも健気なみなみちゃんなのであった。

  

さてさて
お話は
とってもわちゃわちゃしている上に千秋楽なので
さらにわちゃわちゃ。
まぁ。明るくて楽しかったですけれど。

ただ、宝塚の劇団員は
生徒と呼ばれるといえども
れっきとしたプロの集団であり
プロの舞台をお見せしてるわけで・・・。
だから、あのリコーダー。
いくらなんでも・・・・。
プロの舞台であれはないわ~~~。

もちろん
たまたま、高い演奏のスキルをもっている生徒がいるのなら
舞台で披露する機会を与えることは悪いことではないと思う。
もしくは、ある程度の人数による聴き応えのあるアンサンブルアレンジで
なおかつ芝居の内容にもマッチしているのなら
リコーダーだろうがオカリナだろうが聞いてみたい。 

でも、普通の演奏スキルの生徒が
たった2人でどんなにがんばっても
リコーダーという楽器で
観客が納得してくれる演奏など出来はしない。
それを、わざわざプロの舞台で披露させるなんて
なにかの罰ゲームですか?
どんな役であっても精進を重ねる生徒がほんとに不憫だ。

パーカッション演奏はなかなか迫力があって、良かったけれど。
本来ならはエトワールで華やかに幕を開けるだろう
グランド・フィナーレの冒頭が
観客のほとんど誰もが同レベルで演奏出来るような
か細いリコーダーの音とは・・・。
わざと観客を脱力させたかったのだろうか?
もうとにかく意図不明。

なんにしたって、
こんなふうに素人っぽい感じが強調されるような演出は
ほんと、避けてほしいな~。

 

作演出担当は退団された方なので
こんなトンチンカンな演出は​、もうないと信じているけどね。