読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ジョン・ウー監督で観てみたい「アル・カポネ -スカーフェイスに秘められた真実-」

雪

いやぁ~~~
面白かった!!

私のヅカ友には
年代記みたいで盛り上がりに欠けると
今ひとつ評判の悪い原田先生ですが
これは面白かったですわ。

私は「華やかなりし日々」は面白かったし
(特に大ちゃん(鳳翔大)最高!それからオチも小気味よくって痛快だった。)
「白夜の誓い」もみんなが言うほどつまらなくは無かったし
(かいちゃん(七海ひろき)がいい味出してたし、衣装もよかった。)
まぁ、何故か賞をとった「キャパ」はイマイチ好きじゃなかったけど・・・
原田先生の作品は
セットとか全体の色合いとか
センスがよくてわりと好きです。

 

さて「アル・カポネ

宝塚の場合
ミュージカルというよりは
歌入り芝居という感が強いけれど
これは
程よくミュージカル的なシーンも挟まれていて
スリルありの
ラブ・ロマンスありので
特に1幕は
なかなかの盛り上がりでした。
やっぱりこの時代の男役のスーツ姿はカッコいい!!

出演者では
せしこ(大湖せしる)
美し~~い!!
およそ日本人とは思えない。 

あす(久城あす)
毎度のことながら、とにかく上手い!!
特に口跡がみごと。 

そして
今回最大に気に入ったのが
がおり(香綾しずる)
面白いやら
気味悪いやら(褒めてます)
こんなシュールな造形をさらりと演じられるなんて
この人もすごい人だわ~~。

 

さて
1幕のアル・カポネが成り上がるに当たっての
盛り上がりに比して
2幕
最後の裁判シーンは大迫力だったけど
そこにいたるまでがちょっと低調だったのは
やっぱりエリオット・ネスの造形の
なんとなくの違和感によるものだと思われます。 

あくまでも
ダーク・ヒーローであることが魅力の
アル・カポネに対して
エリオット・ネスがあまりにも無条件に
尊敬の念をかくせない雰囲気を醸し出しすぎなんだなぁ。 

もちろん
敵対する相手に対して
愛とも感じられるほど想いが高じることは
間違いなくあると思う。

 

例えば香港映画
ジョン・ウー監督「狼/男たちの挽歌・最終章」(喋地雙雄)
刑事のダニー・リーが
敵対する殺し屋チョウ・ユンファに対して感じる熱い想いは
ほとんど恋といってもいいくらい。

でも、この世界観が成り立つのは
チョウ・ユンファとダニー・リーが
どちらも同じくらいの熱量と力量をもつ役者であったから。
あと、ジョン・ウー監督が
ひりひりするほどの男同士の友情とバイオレンスを
演出するツボを心得ているから。
(なんといってもチャン・チェ監督の弟子ですから。)

まぁ、そんな香港ノワールと呼ばれる世界を
宝塚に持ち込むわけにもいかないですが。
(でも香港ノアールと宝塚って結構似てるところあるのよ。
撃たれても撃たれても、なかなか死なないとか
恥ずかしいくらいキザな台詞を吐くカッコいい男達とか)

 

さて、今回の場合
アル・カポネを演じたダイモン(望海風斗)と
エリオット・ネスを演じた、れいこ(月城かなと)には
歴然とした学年の差があったため、
対等な好敵手ではなく、
尊敬やあこがれの想いで
ダークヒーローを見つめてしまう捜査官という
ちょっとへんてこな感じになってしまった。

2幕は
アル・カポネとエリオット・ネスのダブル主演といっても
いいくらいの流れであったほうが
舞台としては面白かったと思う。

とはいえ
スターシステムが確立している宝塚では
そういうわけにもいかないものね・・・
れいこはとても端正にきっちりと演じていたけれど
その真面目さ、欲のなさが、
今回は邪魔になったかもしれない。

主役を喰うくらいの
遠慮のなさが必要だったかも。

しかしダイモンの破壊力は
本当にすごいな~。
この人を喰うくらいの迫力や力量を持つ人となると
今、ちょっと思いつかないわ。

そうだな~~~
2幕特別出演で
イシさん(轟悠)エリオット・ネスだったら
とんでもなくすごい舞台になったかもしれない。