読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

低中音域も愛らしい 「鈴蘭(ル・ミュゲ)」4

星

 

れいまぁデュエットがあまりに麗しいので
ダウンロードして毎日聴いております。

 

で、気がついたのですが
芝居のラストのデュエットも
フィナーレのデュエットも
どちらも歌い出しのそれぞれのソロが
同じ高さの同じメロディなのね~。

男役・娘役と分かれていても
本来はどちらも、うら若きお嬢さんなわけで…
同じ高さの曲を歌って、
ちゃんと青年と令嬢の声に聞こえるというのは
なかなかに難しいことではないかと思います。

 

このくらいの低い音域だと
地声で歌う娘役さんもいるでしょうが
そうなると
同じく地声発声の男役さんと区別をつけるため
アニメっぽい発声で
ヒロインとしてのかわいらしさを強調することが
近年の娘役トップに多いような気がする。(特に花組方面・・・)

もちろん芝居の内容やそのキャラクターによっては
そういう発声の役作りが生きてくる場合もあるでしょうが。
コスチューム物であるならば、
ある程度はクラシカルな雰囲気を出してもらいたいもの。

 こういった中音域を美しく歌うことって
高音よりも、むしろ難しいのではないかしら?
デュエット曲だけでなく、前半のソロ曲も
年若いヒロインの歌としてはけっこう低めなのだけれど
まぁやちゃん(真彩希帆)の声は
音色が明るく、とても愛らしくて
メロディの低さはまったく感じさせない。
けれども、中音域の歌であることによって
コスチューム物の令嬢らしい
たおやかで品のあるクラシカルな雰囲気が出ていたのだと思います。

 

たとえばフィナーレのワルツ。
「見れば」の「ば」だけが地声で
あとは多分、すべて裏声発声だと思うんだけど。違うかな~?
もしかしたら「あなたの」の「あ」も地声かもしれないけど
う~ん。わからないわ。
たぶん、ほとんどすべては裏声だと思う。

というわけで、楽譜イラスト。

出だしなんてヒロインの娘役の歌としてはけっこう低いよね。
だって男役と同じ高さなんだもん。
ただし裏声といっても、息の抜けた弱いファルセットではなく
地声と滑らかにつながるクリアな裏声で
低いところまで歌っている。

裏声って書くとちょっと誤解されるかもしれないかな?
声の出し方が裏声ポジションなのに
地声のようなひびきのある声が出せるって感じ? 

なんにしても、まあやちゃんは
中音域のかなり幅広い範囲を
裏声でも地声でもどちらでも歌えるのだと思う。
しかも、裏声と地声の音色の差異がほとんどない。
きっと、裏声とか地声とか
そんな区別を意識することなく歌えちゃうんだろうな~。
素晴らしい!!そして羨ましい!!

 

そして、まこっちゃん(礼真琴)も
同じメロディを同じ高さで歌い継ぐこの出だしの部分で、
はやくも、男役の地声最高音のシ♭を
さり気な~く、余裕で歌っているのだ。
上手いわ~。ほんと素晴らしい!!

 

1オクターブ違いでもなく
転調することもなく、
歌い継いていくから
二人のデュエットは
とても滑らかで親和性が高いのね~。