読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

悲報!大幅カット版だった「ジュテーム」

花

 

大劇場に岡田先生久々の登板ということで
CSではロマンチック・レビュー特集を放送中。

 

ロマンチック・レビューの一番最初となったのが
花組の「ジュテーム」
同時上演のお芝居は「琥珀色の雨にぬれて」初演。
どちらも大人っぽくって香り高くて
もう、それはそれは素晴らしい組合せだった。
おそらく私が最も沢山劇場に通った演目です。

 

放送をとっても楽しみにしていたのですが
なんと、

中詰めを含んだ真ん中あたりが、
ずぼ~~~んと抜けている、カット版での放送だった… 

なんで~~~?
著作権の問題?
でも、中詰め前にペイさん(高汐巴)が歌う主題歌は
岡田敬二作詞、吉田憲治作曲の宝塚オリジナルですけれど。
も~~。なんでなのよ~~~~。

 

まず、抜けていたのが
プロローグの最後
ペイさんとなつめさん(大浦みずき)が銀橋に残って
「私は女性が大嫌い(でもホントは大好き)」と掛け合いで歌うシーン。
原曲はたぶんシャンソン
歌い終わって、暗転の中
銀橋を走り去るなつめさんがむちゃ可愛い!!
と、プログラムに書き込んでいました。

どころが、なつめさん。
この時、走りながら銀橋から片足を踏み外して
オケボックスの中に落ちそう…
というか、半分落ちながらも
ものすごい勢いで銀橋によじ登り
なんとか次のシーンが始まる前に袖に引っ込むことができたっ!
という事件があったんだそうです。

その回はおそらく見てはいないのですが
ある日を境に、オケボックス側の銀橋の付け根に
蛍光テープが貼られるようになっていて
なんでだろう?と思っていたの。
後になって、そんな事があったと知りました。

 

で、
この後がひとみちゃん(若葉ひろみ)の花占い
これはちゃんと放送されました。
この年の団体賞受賞のダンスシーンです。
放送したのは宝塚大劇場版でしたが
東京宝塚劇場だと、最後に出てくるデイジーが
ラフレシアくらい巨大になっていたっけ。

 

そして
この後が大大大カット!!!

 

「ジザベル」
スパニッシュ帽を被った男役たちがずらりと並んで
マフラーを鞭のように振り回す振付がかっこ良くって
よく真似しました。
振付は今は亡き喜多弘先生
昭和のくっさ~~~い振付は、一度見るとクセになります。

 

そこからペイさん再び登場して
美女達と次々に絡んでは捨てていき
最後にひとみさんのゴージャスなコートを後ろから剥ぎ取って踊るという
色っぽいダンスシーン。
とはいえ、歌は大人かわいいカミコさん(美野真奈)なので
セクシーだけど上品な香りが漂う。

 

その後
「ジーナ・イン・パラ・ディスコ」
若手4人がまず飛び出して歌います。
メンバーは
研4のヤンさん(安寿ミラ)、じゅんこ(伊織なつ耶)
研3のみきちゃん(真矢みき)、ゆかちゃん(三矢直生)
その後、なつめさんの歌を中心とした若々しいダンスシーン。

 

そしてペイさんがスモークの中
主題歌をしっとりと歌い
華やかな中詰めのパレードへ。

 

と、ここまでが
まるまるカットなのだ~~~~。

 

まぁ、この後の
名シーン「初恋」は
ちゃんと放送されたので
いいとしましょう。

 

ちなみに
この中にタチアナちゃんがいます。
ブログを書くにあたってお名前を拝借させていただきました。

彼女は
なつめさん演じるミハエルくんの後を
ず~っとついてまわっている少女。
ミハエルくんが恋し、傷つく間、
端っこにすわりこんで
ず~~っともつれた凧の糸をくるくる巻き取っています。
そしてラスト、立ち尽くすミハエルくんのもとに
「できたよ~~」とばかりに駆け寄ったところで暗転。

でもね。彼女の初恋はその後、実を結ぶことになります。
演じたのはキャルさん(ひびき美都)。
なつめさんの相手役さんです。

 

その次のジャングルもちゃんと放送されました。
この時にヒョウ柄のワイルドな女性ダンサー達が5,6人出てくるのですが
いつもミオリさん(御織ゆみ乃)のダンスに見とれていたことを覚えています。

 

大劇場、東京宝塚劇場あわせて20回近くは観たな~。
いま見ても(カット版だったけど)
素敵なショーだったわ~。