月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

祝!!蘭寿さん結婚「小さな花がひらいた」

花

 

蘭寿さんがブログにて、結婚を報告!!
いやぁめでたい!!

 

そんなわけで
蘭寿さんの作品、どれを書こう?

研一さんの時から応援していたにもかかわらず
諸般の事情で宝塚から遠ざかってしまい
観劇を復活した時には
もうトップスターだった蘭寿さん。

その成長を見続けることはできなかったけれど
トップ作品はほぼ全て観ることができて
本当に幸せでした。

思えば主演作品はどれも素敵な舞台ばかりでしたね。
大劇場作品ではショーも芝居もオリジナルの力作が多かった事は
本当に素晴らしいことだと思うわ。

 

再演物も良作ばかり
お披露目の海外ミュージカル「ファントム」
再演といっても蘭寿さんと花男達の魅力全開で練り直された「オーシャンズ11
メガネが知的な踊るお医者さま「長い春の果てに」

そして名作「小さな花がひらいた」

そう、心に沁みるハッピーエンドのこの作品が
今日の日にピッタリだわ。

 

私は初演は見ていないけれど
初めて観たのは
ルコさん(朝香じゅん)のサヨナラバウでの再演。

抱擁力のある大人っぽい茂次だった。素敵でしたわ。
ちこちゃん(梢真奈美)が、おりっちゃん
あっちゃんは、みはる(森奈みはる)だったなぁ。
そして、くろちゃんがヤンさん(安寿ミラ
上手くってねぇ~。
精神年齢、子どもたちと一緒でねぇ。
おバカだけど一生懸命でねぇ
ほんとに笑わせられた。そして泣かされた。
洋風な顔立ちのヤンさんなので
日本ものって、どんなんだろう?って思ったのに
意外に髷がよく似合った。

 

そして
蘭寿さんも
あんなに鼻筋高くて、洋物が似合う顔立ちなのに
青天がとっても似合うのね。 

蘭寿さん演じる若棟梁の茂次は
完璧なヒーローではない。
はたから見れば、いやんなっちゃうくらい意地っ張り。
でも、いい男なんだよね~~~。
こりゃ惚れるよ。

この作品の肝はもちろん
子どもたちだ。
大きい子グループ、ちっちゃい子グループいろいろとりまぜて
14人もの孤児達が出てくるのだが
けっして十把一絡げではなく、個性がきちんと描かれていて
それぞれ見せ場もたっぷり。

なので、蘭寿さんが切っても切っても出て来る金太郎飴のように大活躍・・・
という芝居ではけっしてない。
それでも、
そんな大勢の中にあって、いつの間にか大きな大きな存在となって
私達の心を掴んでくれる。

 

おもえば、
オーシャンズ11」も
大好きな「愛と革命の詩-アンドレア・シェニエ-」も
トップが一人大活躍というのではなくって、
上級生から、下級生まで、それぞれに演じ甲斐がある
ある種群像劇のような趣。

そして、その真中で蘭寿さんが
しっかりと存在してくれているから
組全体、芝居全体のレベルが高いものになったのだと思う。 

どの役も、リーダーとしての懐の深さ。
ちょっと頑固で不器用なところも
人間的な奥深さが感じられたものです。

 

そんな蘭寿さんなら
きっと
賢く素敵な奥様になられることでしょう。

ご結婚おめでとうございます。
末永くお幸せに。

そして
できれば、これからも
素敵な舞台を私たちに見せて欲しいです。

ameblo.jp