月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

さり気なく男役の美学「ラスト・プレイ-祈りのように-」

月

あさこ(瀬奈じゅん)ラスト公演。
作演出は正塚先生。

これでもか!とサヨナラを強調する作品も気分が盛り上がっていいけれど
こんな風にさり気なく明るくサヨナラするのも素敵です。

ただねこれ
実際に舞台を観た人、どうだったんだろう。
頻繁にあさこのモノローグがあるのだけれど
それがすべて事前録音のナレーションなんだよね。
小さなバウホールならいざしらず
広い大劇場で微妙な表情の変化を感じることは難しいから
ナマの舞台を観に行って
ただひたすら、録音のナレーションを聞き続けるのって、
ちょっと悲しいな。
映像で見る分には
映画みたいで素敵でしたけどね。

 

正塚先生は
小道具も装置も使わないエチュード方式を使ったり
微妙な台詞の間で、くすっと笑わせたりと
すごく演劇的なところもあれば、
一方で音楽の入り方やモノローグとかが
映画を思わせるようなところもあって
そこが面白いなぁと思う。

まぁ、あんまり大劇場的ではないかもしれないけど。
でも好きだな。

こんどの「ケイレブ・ハント」も楽しみだわ。

 

さて
登場人物では
マサオ(龍真咲)がミステリアスな雰囲気があって良かった。
ちょっと、くずれた感じ。
だけど、すっと背が高くスリムだから清潔感があり
感覚が軽やかで自由で…
とっても現代的。
次世代型スターなんだなぁ~。と思った次第。

でも、なんだかトップの時と感じが少し違うのね。
このくらい秘めた部分があるほうが好きなんだけどな~。
トップの時はオーバーなくせが目立った気がする。

 

特に正塚作品の場合
そう

抑制の美

とでも言うのだろうか。
これは燕尾のダンスにも通じる
男役の魅力的な姿のひとつだと思うの。

 

エネルギッシュで発散型のきりやん(霧矢大夢)に対して
たゆたうようなあさこの芝居。

ラストにこういう発散できない抑制型の役で
さりげなくサヨナラ
というのも
男役の美学だと思うわ。