読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

おじさんゾロゾロ「NEVER SLEEP」

宙

 

これは面白い!!
しかも、おじさん祭りじゃないの~。大好きだわ~。

 

無敵の専科おじさま
バンケイさん(萬あきら)。ヒロさん(一樹千尋)。

達者な上級生
まりえ(美郷真也)。たま(天羽珠紀)。ちやこ(風莉じん)。

こんな渋くて上手い生徒がいたとは!
きみつん(八雲美佳)。あっか(暁郷)。

 

宝塚というキラキラ世界で
よくまぁ、これだけ「おじさん」を集めて
しかも、それぞれにキャラを立て
破綻なく面白いストーリーを作ったもんだわ。

そして、主演は我らが蘭寿さん!!
おじさんではありません。
探偵といっても、ごくごく普通の青年。
只今、徹夜明け。
ちょっとボンヤリしています。

バリバリにキザな蘭寿さんも素敵ですが
肩の力が抜けた蘭寿さんも好き。
こんな風にごくごく自然に
男役としてふんわりと存在できるって、
なかなか出来ることではないと思うの。

襲いかかる悪人どもをバッタバッタとなぎ倒す…こともなく
事件に巻き込まれるだけ巻き込まれておりますが
なぜだか、心強い味方が二人(おじさん)。
なかなか言うことを聞かない気が強いけど可愛い妹(花影アリス)。
一目惚れした、実はわけありの美人(美羽あさひ)などなど
色んな人達との関わりを通して
一歩踏み出す勇気と自分の生き方を見出していく。

そう、もう一人
蘭寿さんと図らずも相棒?となる、えりこ(七帆ひかる)も素敵。

エリート然とした冷たい佇まいに隠した重荷を
最後にはおろして、スッキリ新しい生活を始める。
まだまだ、男役としては肩に力がはいった感じだけれど
すごく、いいキャラだなぁ。

早くに退団してしまったのね。
肩の力が抜け、男役として完成された姿も見てみたかった。

だれもが、心弱く、ちょっぴり愚かで
だけど、愛すべき人達なんだよね。

と、愛すべき「おじさん」達が教えてくれる
素敵な舞台でした。