読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ジューン・マシス再び&背中で人生を語れる男「失われた楽園」

花

 

とはいえ、「失われた楽園」は
やっぱり名作といってもいいと思う。

 

久しぶりに観たけれど、面白かったわ~。
逆恨みによる最期という
トップのサヨナラ公演には向かない演目ではありますが
この公演で退団したのは、当然ながらトップスターではなく
演技派男役みゆさん(海峡ひろき)と
演技派女役ゆかしちゃん(美月亜優)でした。

 

蘭寿さんのカッコよさ満載で
サヨナラ公演としてはけっして悪くなかった
と個人的には思っている「ラスト・タイクーン」ですが
残念ながら物語に深みが今ひとつ足りなかったのは
みゆさんやゆかしちゃんのような、いわゆる別格スターに、
これは、この人にしか出来ない!!という
おいしい役を用意してあげられなかったからだと思う。

まぁ、それが最近の宝塚の傾向
致し方ないとはいえ、ちょっと寂しいよな~。

 

ゆかしちゃん演じるマーガレット・ロスは
ちょっと頼りなくってほっとけない2枚目の世話を
ついつい焼いてしまうキャリア・ウーマン。

ヴァレンチノ」初演でジューン・マシスを演じたゆかしちゃんの為、
あの時の名演をもう一度とばかりに用意した役。
女っぷりの良さが本当に魅力的だった。

 


それから、みゆさん!!
大好きだったのよ~~~。

星組にいた下級生の頃はあんまり見てなかったのだけれど
雪組に組替したころ、急にときめいてしまった。
ベルばらのジェローデルが素敵だった。
それから「ヴァレンチノ」再演のデ・ソウルも良かったな~。

トップ候補とまではいかなかったけれど
花組に組替のころには
確かな演技力と同時に何とも言えない色艶で
いつも目が離せなくなってしまう人だった。 

絶対スカートをはいてほしくない渋い大人の男役さん。
この公演で退団。悲しかったな~。

結局この公演を最後に、私は宝塚観劇を離れてしまったのよね。

最後の役はツヤツヤの悪役。マックス。
肩幅が広く、スーツ姿が完璧にカッコいい。
背中で人生を語れる人だった。