月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

とにかく発散…「Bow Singing Workshop」-星-

星

 

あなたは誰なの~~~???
というくらい下級生が多かった星組バージョン

 

冒頭は全員で「ノバ・ボサ・ノバ」

あちゃー
宙組と比べると、けっこう雑なコーラスだわね。
まぁ、踊りながらでもあるし、しょうがないか。
全体を通して
楽しもう
そして楽しませよう
という意識は強く感じられました。

 

エンターテイメントを生業とするのであれば
いつ、いかなる状況でも
自己を開放して発散することが必要。
とにかくとりあえず、

今できる全力で発散する星組

観てて元気になれました。

 

今は歌唱力は未完成ながらも
精進次第では将来、
歌ウマさんに成り得る素質が感じられる下級生も
何人かいたと思う。
昔から
多少難があっても小さくまとまらないのが
星組のいいところ。(困ったところ。でもあるけど)
失敗を恐れずがんばれ~。


今回、目を惹いた人と
今後どんな場面で歌ってほしいかを妄想してみた。


ほっしー(華鳥礼良)
宝塚であれば透明で美しい声で
クラシカルに歌う人はそれなりに多いけれど
こういうスーパークリアヴォイスなのに
リズムにパンチがある人というのは
なかなか珍しいかも。
オペラ座の怪人」のクリスティーヌの歌でも
ちょっぴりスパイスが効いた感じになるのが面白いな~。
クラブのようなセットでの
オシャレで大人っぽいアップテンポのダンスシーンにあわせ
かっこよくジャズとか歌って欲しい。


ゆうほ(遥斗勇帆)
カンツォーネ」素晴らしかったわ。
歌ウマ昭和ジェンヌ風歌唱。
いやぁ~~相当歌唱力がなければ
なかなか出来ることではありません。
きっちり、しっかり声楽の基礎を勉強している感じ。
きっと研究熱心な人なんだと思う。
時代にあわせて最先端の音楽を追求するのも大切だけれど
たまにはこういうコッテリとした歌のあるショーも観たいわ。
喜多先生風のクッサーい振付の男役群舞の場面で熱唱して欲しい。


マッキー(夕陽真輝)
101期生????
嘘でしょ。
大人だわ~~~。
きりやん(霧矢大夢)男役集大成の難曲「退位の歌」を
研2にして、あそこまで懐深く歌えるとは!
おそらく芝居も上手いに違いない。
そうだなぁ~~。ぜひ悪役でお願いします。
プラハの春」のねったん(夢輝のあ)みたいな底知れぬ悪人を
このツヤツヤヴォイスで演じて欲しい。

 

ヒーロー(ひろ香祐)、リラちゃん(紫りら)は
もう空間をちゃんとひとりで制御できる感じ。
余裕があるな~。
これから本公演でもいい働きをしてくれると思うわ。
いーちゃん(音咲いつき)の声の響きは素晴らしい!


あーちゃん(綺咲愛里)は
とても愛らしい声で、頑張ってはいるのだけれど
息がちょっぴり不安定だし
なにより続かないのが気にかかるなぁ。
そこでもう息継ぎしちゃいますか?という感じなので
マルグリット大丈夫かな?
「ひとかけらの勇気」のように力強い曲はもちろん
静かな曲もロングトーンが多くて
どう息を使えば良いんだろうと
途方に暮れるほどの難曲ばかり。
果たして乗り切れるのだろうか…。