月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

だって好きなんだもの~「Bow Singing Workshop」-花-2

花

さて、相変わらず情報取得不足による驚きのあまり、ろくろく感想が思いつかなかったので、改めて。

前に各組の特徴についダンスの花組って書きましたが
まぁそれは私が観ていた
なつめさん(大浦みずき)2番手時代からヤンさん(安寿ミラ)トップ時代までの頃。
花組の長い歴史の間でも
ダンサートップはそれほど多くはないと思う。
ただ花組は、いつの時代でも
ショーの花組
と言って間違いないです。

なので若手主体の歌の勉強の場であっても
がっつりショーでした。
楽しかった~~~。

みんなとっても上手かったけれど
もしも、CDなどで歌唱だけを聞けば、
宙・星・雪・花・月
じつはそんなに歌唱力の差はないかもしれません。


難曲に挑戦していた宙組に比べると
花組は比較的、歌いやすい、
そしてかっこよく聞こえる選曲の人が多かった。
でも、それはけっして逃げでもないし
悪いことでもないと思う。

大昔、ダンスの先生に、こんなことを教えてもらいました。
「自分の得意なところは、自分の不得意なところと同じくらい練習しなさい。」
なるほどな~と思ったわ。

うん、ここなんだよね。花組の強みは。

 

ショーでは集団の中で
どのように自己アピールするかが問われる。

なので、花組では常日頃から
自分の得意なところを理解し、
それをさらに高めて、アピールすることが
下級生にいたるまで、求められているのだと思う。


もう一点、花組の強み。
それは
息継ぎも上手だし、
軽く踊りながらの歌でも、
踊った直後の歌でも息が途切れない。

息が太いからフォルテッシモでもピアニッシモでも
声に密度と響きがしっかりあって、迷いがないので
ちょっとくらいの音程の乱れなら、はねのけられる。
これもきっとショーで鍛えられているのでしょうね。

そして全体的に
暑苦しかった!
オバちゃんにとって、これは褒め言葉です。
やっぱり舞台って、熱量が欲しいのよ。

しいちゃん(和海しょう)や、びっく(羽立光来)は
そりぁ大劇場で真ん中に立つタイプの人ではないかもしれないけど
こんな風に、ひとたび真ん中を任されたなら
私がスターです!!
とばかりに、熱く大きく空間を使うことが出来る。

そして娘役さん。
綺麗でも特徴のない美人さんより
個性のあるファニー・フェイスが大好きな私にとって
花組はパラダイスだわ。
お化粧、着こなし、動き方、歌い方。
個性を活かし、それぞれに工夫がある。
とくに、えみちゃん(乙羽映見)のまろやかさ。
みおんちゃん(咲乃深音)の清冽さ。
素敵でした。

そんな花組が大好きですわ。
すいません。だって昔から花組ファンなんだもの。
好きなんだもの~~~。
 
ラストの曲は「心の翼」オープニングバージョン。
久しぶりに聞いたわ。ありがとう。
感動的なラストシーンの「心の翼」も好きだけど
この心躍るアレンジも大好き。