月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

あぁ~アムネリスさま~「王家に捧ぐ歌」

宙

まあくん(朝夏まなと)お披露目の東宝公演は観ているけれどさすがに博多座までは行けません。役替りがどんな感じだったのかを知りたくて博多座公演「王家に捧ぐ歌」をCS鑑賞しました。

初演でアムネリスを演じたのが絶世の美女だんちゃん(檀れい)。
そのために、この役は絶世の美女が演じなければならない。という不文律のようなものが制作側にも観る側にもあったのは確か。

娘役トップのみりおん(実咲凜音)がアイーダを演じる以上、娘役2番手にして絶世の美女のゆうり(伶美うらら)が演じることになったのは当然といえば当然。
しかし、ゆうりは歌の自信のなさからか、ときおり萎縮したようなアムネリスにみえてしまったのがとても残念だった。
やっぱりその美しさと気高さを武器に主人公たちの前に立ちはだかる決して超えられない壁のような存在でなければアムネリス様ではないと思うのだ。
ダンちゃんも決して歌の人ではなかったけれど、ハリのある美しい声の持ち主で芝居もさすがだった。たとえ少々音程が不安定でも力強く威厳を持ってアムネリスを演じていた。
なまじ雰囲気のある美女であるがゆえにアムネリスを演じることになってしまったゆうりは逆にこれでトップ娘役の未来を閉ざしてしまったような気がする。
せめて、ゆうりにピッタリな音域だったら…せめて、こんなに力強さの必要な歌でなければ…。ゆうりの未来は変わっていたかもしれません。
あぁ、そもそも、ダンちゃんがあんなに美人でなければ、アムネリス=絶世の美女という図式はなかったかもしれないのに。
美しく、気高く、それ故に傲慢なところもあるけど賢い王女。それならばアムネリスを演じるにふさわしい人は他にもいるはず!

宙組再演の時にはアムネリスはせーこ(純矢ちとせ)で観てみたいと思ったのです。でも女官の一人としてアイーダをいたぶるだけで…本当にもったいなかった。
なので、博多座公演を楽しみにしていました。が、今度はエチオピア側の女性でした。まぁ、女官よりは演じ甲斐のある役だけど。
せーこではアムネリスを演じるにはベテラン過ぎちゃうのかな?
彼女の理知的な美貌と演技力を持ってすれば、絶対すごいアムネリスになると思ったのに~。
それとも、もうエリザベートの配役が決まってたのかしら?
ゾフィーとアムネリスでは年齢やキャラは違うけれども、実質的にはその国の王の如き存在で主人公たちの前に立ちはだかるという役割は同じ。「あぁ、せーこはまたこういう役なのね」と観客に思われ宙組エリザベート再演の新鮮さを失う事を避けたのかしらん。

博多座公演でアムネリスを演じたのは、しーちゃん(彩花まり)でした。
おー!まったくの予想外。これほどの大役は初めてかしら。
あのキンキラ衣装に潰されそうなほど身体が細い人だけれども、歌は力強いのね。

ただ、立ちはだかる決して超えられない壁というより、話せばわかってくれそうな物分りの良い感じが前半にはあった。しーちゃんも理知的な美女だけれども、ダンちゃんほどの押し出しというのは、なかなか出せるものじゃありません。
とはいえ、しーちゃんの武器は歌だけでなくその演技力。
ファラオの死から自身がファラオとなることを宣言するところは思わず泣けてしまった。
ここからラダメスに死を宣告するところ、そしてラダメスとの別れ。揺れる女心が垣間見えて、またまた泣けてしまった。
これを良しとするか、はたまたアムネリスとしては情感がありすぎると思うか。そこは人によって評価が別れるかもしれませんが、私は好きだな。

見事抜擢に応えたしーちゃん。
「王妃の館」ではシャープな悪女?を演じ、いい味を出していた。とはいえ、どうもヒロイン候補というわけでもなさそう?
ゆうりもしーちゃんもアムネリスがブレイク作品とはならなかったみたいで…。
あぁ~アムネリスさま~最高の女性よ~~~。初演のインパクトがあまりにも強い役を演じるって、こういうところが怖いのだわ~。