月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ひとりぼっちの男のひとりじゃないひととき「Appartement Cinéma」

花

オサさん(春野寿美礼)主演「Appartement Cinéma」CS鑑賞。ゆみこさん(彩吹真央)がまだ花組にいて、まとぶん(真飛聖)はもう花組に来ている。こんなキャストの公演があったのね。「明智小五郎の事件簿・黒蜥蜴」の前くらいなのかな?*1

オサさんは余命わずかの殺し屋。ゆみこさんがそのターゲットで記憶喪失の弁護士。まとぶんは殺し屋の弟分。ヒロインはトラブルを抱えた女優のあやね(桜乃彩音)と不満を抱えたセレブ妻のきらり(華耀きらり)。
といっても、この芝居はホテルに滞在する人々、訪れる人々が並行して描かれるグランドホテル形式の群像劇。「明智小五郎の事件簿・黒蜥蜴」ではオサの突き抜けた孤高ぶりが印象的でしたが、ここではちゃんと群像劇でした。


とにかく、神の如きオサさんの歌声。
あまりにも心地よくて、もうその歌声さえ聞ければ他は何もいらないと思わせるほどの魔力がある。

それでもオサトップ時代を支えた2番手には、
初期のあさこ(瀬奈じゅん)。
エリザベートマラケシュではじゅりぴょん(樹里咲穂
という、オサさんに対抗できるほどの実力派スターがいて、オサとはまた別の魅力を放っていた。
でも組替えや退団で、みんな去ってしまう。

もちろん、まとぶんもこの後花組に戻ってくる壮さん(壮一帆)も素敵なスターさんではあるけれど…。
この時点ではまだオサさんとの間にはどうにもならないほど差がある。次元が、方向性が、もう全然違うんだわ。

だけど、ここではまだ、ゆみこさんがいてくれたのね。
ゆみこさん、ホント素晴らしいわ~~。
柔らかな歌声。確かな歌唱力。幅広く柔軟な演技力。
出過ぎることなく過不足なく主演者を支え、なおかつ他の出演者とオサとの実力の溝を上手く埋め、芝居を正しい方向に動かしてくれていた。そう、群像劇で一人突き抜けることは許されないのだ。
しかしこの後雪組へ組替え。
ここには出てないけどショースターまゆさん(蘭寿とむ)も組替え。

そしてただ一人突き抜けた存在となってしまったオサさん。
オサさんの歌さえ聞ければもうそれで充分。
そんな花組の状態になっていったのかしら。
だが、こうなってしまうと、特に2番手がなかなか育つことが出来ないのだよ。2番手新専科時代という謎なシステムがやっと終わったというのに~。
オサさんに罪はないのだけれど。制作側が作品をそんなふうに作ってしまうわけで。

この芝居でも、どことなくテイストの違いを感じさせたまとぶん。
美しい人だし、実力にも特に穴のない人ではあるのだけれど(かといって突き抜けたところもないのだが…)、2番手としての充実感不足のまま花組を受け継ぐことは正直とても辛かっただろうな。


おっと、想定外なキャストにちょっとびっくりして、あらぬことを色々考えてしまったわ。
この「Appartement Cinéma」はショー演出家の稲葉大地先生のデビュー作だったのね。

ショー作家らしく、語りすぎずイメージを提示するのみであとの解釈は観客に委ねるところがあって、こういうセンスは大好物。
理路整然とした人にとってはそこがツッコミどころとなるのだろうけれど、そういうまだ青いところを含めて結構好きな作品です。

*1:あとで調べたら、「ファントム」がこのキャストだったのですね。ファントムはCSでは放送してくれないものねぇ。観てないのだわ~~(涙)