月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ポスターどおり「For the people —リンカーン 自由を求めた男—」

花

こういうポスターが宝塚で!と驚かされました。
ひと目見てリンカーンとわかる完璧なビジュアル。骨太でありながらも美しくスッキリスタイリッシュで、あのポスターを観ただけでこの芝居勝ったも同然!と確信しました。

とはいえ、観に行けなかったのでCS鑑賞。あぁ辛い。舞台観たい。


本当にポスターどおりの内容でした。
いえ、これはけなしている訳ではなく、ちゃんと、あの素晴らしいポスターそのものってことは、ほんとうにすごいことだと思います。

1幕こそ宝塚らしいロマンスや青年の理想と挫折が描かれているものの、残りのほとんどは男の矜持と苦悩のみで芝居をぐいぐい引っ張っていくという本当に骨太の内容。イシさん(轟悠)すごい!
クライマックスにとどろきわたる「For the people」の歌、テレビ視聴でも胸が震えたので、生の舞台を観てたらこの何倍も感動したと思う。

イシさんだけでなく、超絶カッコいい男たちの生きざまと死にざまをじっくり堪能。
あきら(瀬戸かずや)、まいてぃ(水美舞斗)、
あなた達どんだけカッコいいの~~~。


ただ、あとちょっとのことであの素晴らしいポスターをも超えるすごい作品になったんじゃないかなぁ。と思うところもあります。

一番もったいないと思ったのは、情感がすばらしく、なおかつヒロインも出来るほどのベーちゃん(桜咲彩花)が夫の傍らに立つだけの役だったこと。べーちゃんの無駄遣いだわ~。芯の強さ、苦難を乗り越えてきたが故の優しさ、大地のぬくもりを感じさせる眼差しはさすがのうまさだったけど。それでもやっぱり、たったあれだけの役ではもったいなかった。

この役の数少ない見せ場がリンカーンの妻とのデュエット。リンカーンの妻はゆきちゃん(仙名彩世)で子を思う情感がこめられた美しいソプラノ歌唱。それに合わせてゴスペル的な力強い歌唱でハモるような曲にしてくれていたなら、この作品の凄みがさらに際立ったのではないかしら。
だからこの役は、芝居の人ではなく歌の人。しかもソウルやジャズを歌えるようなパワフルな歌手の人で作ってほしかった。
クラシカルな歌唱が基本の宝塚娘役の中にあって、そういうタイプの歌手はなかなか本領発揮できる場面がないもの。ぜひこういう機会に、そんな人が活躍できる役にして欲しいなぁって思いました。

なので奴隷たちの歌にも、もう少し黒人霊歌の独特なリズムを強く出しても良かったんじゃないかと思う。
というのも花組には「Bow Singing Workshop」や「アイラブアインシュタイン」で見事なリズムを披露したあれん(亜蓮冬馬)がいるのだわ。
どの曲も心揺さぶられる素晴らしさだったけれど、あれんなら多分もっともっと難しい黒人霊歌でもきっと表現出来たはず。イブ氏(梅咲衣舞)、ななくらちゃん(菜那くらら)、まさ(矢吹世奈)の歌声もとても力強かったので、ここは少し大変でも身体から湧き上がるようなリズムのさらに本格的な黒人霊歌をセレクトしてくれていたら感動は半端ないことになっていたのではないかと思います。
あまり黒人の苦難をリアルに描きすぎると、それは宝塚の舞台として行き過ぎになってしまうかと思われるので、ここは音楽の力でもっと深く表現できていればなぁと思いました。


もう一つはリンカーンに影響を与える黒人指導者フレデリック・ダグラス役のゆずカレー(柚香光)。
とても頑張っていたと思う。本人比で歌唱もなんとかこなしていたし。
不勉強で知らなかったのだけれど、この役は実在の人物なのですね。
なのでゆずカレーは特に後半、大きなニュアンスを出そうと努力していたのだけれど、それはちょっと違ったかも。この人の場合リアリティのないキャラならばとてもしっくり来るのですが…。実在の人物はその対極だもの。

特にラストの語りが惜しい。
物語を包み込む説得力が出ていればなぁ。かなり出番が少ないにも関わらず、背後にある重い真実を表現しなければならない役なので、さすがにまだ任が重かったと思われます。
あぁ!そのために、それを表現できるべーちゃんをかたわらに配していたのか~。納得。

冒頭の脱走シーンの目のギラツキ、只者でない感じは流石のスター性だったので、その勢いが後半も活かせる脚本であれば良かったのにと思いました。
演出家の原田諒先生には評伝にそった人物設定だけではなく座付き作家ならではの役者に合わせたアテガキの手腕をそろそろ見せてほしいなぁと願っています。


白人側のあきら、まいてぃの見せ場がしっかり描かれていたこともあって、バランス的に黒人側のキャストと表現がちょっと弱く、そこが惜しい気がします。
テーマを考えると、黒人側の登場人物(やっぱりフレデリック・ダグラスですね)に、イシさんの圧に負けない芝居力のある人がいて欲しい!
こういう描かれていない背景を感じさせる演技が上手い人といって真っ先に思い浮かぶのが、がおり(香綾しずる)なのだけどな~。(組違うし)

んん?なんか前にもこれに似たような事を書いたような気がするぞ…。

あぁ「アル・カポネ」だわ!
おっとこれも原田先生の作品。
あの時は、だいもん(望海風斗)と対抗できるほどの役者として、ふっと思いついたのがイシさんだったっけ。

と、言うことは私、イシさんにも、だいもんにもそれぞれに、がつ~~んと対抗できる相手がいる芝居が観てみたいのだ!
イシさん、ちえちゃん(柚希礼音)がっぷり四つの「The Lost Glory」素晴らしかったものね。
ということで、イシさんとだいもんがバチバチに火花を散らす胸焼けしそうに熱い芝居をどなたか作ってください。
どうか実現を!ぜひぜひお願いします!


アル・カポネ」CS鑑賞の感想はこちら
cowherdvega.hatenablog.com