月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「All for One-ダルタニアンと太陽王-」観劇

月

笑いありロマンスありチャンチャンバラバラあり。単純明快!肩の力を抜いて全力で楽しめました。


たとえばダルタニアンと三銃士が酒場で大暴れのシーン。
敵・味方、酒場の客達、大人数が入り乱れての大乱闘であっても、ちゃ~~んと主要メンバーそれぞれの見せ場をきっちりたっぷり見せている。楽しすぎる!

その他大勢の野次馬の人達も真ん中の芝居の邪魔にはならないけれど効果的でちゃんとそこに存在する意義がある月組メンバーも下級生にいたるまで、いい仕事をしている。ホント気持ちいい!
小池先生、さすが演出のツボは押さえてあるわ。

いつも視線誘導がごちゃ付いた演出の小柳先生にはこれをそのまま真似して欲しいわけではけっしてないのだけれど、こういう押さえるべきところは押さえて欲しいんだよなぁ。演者(特に下級生)が素人っぽく見えるような演出はホント避けてほしいのだよ。


それにしてもたまきち(珠城りょう)率いる月組。早くもとってもいい感じだわぁ。
それぞれの役割が明確で、それをきっちり果たせる実力が全員にある感じ。
メンバーが充実している。ここがああだったら~なぁ、惜しいなぁ~ってところが全然ない。
専科から芝居巧者のヒロさん(一樹千尋)、コマ(沙央くらま)まで出演して全くスキがないわ。


ニコイチの呪縛がなくなったみやちゃん(美弥るりか)がすごく生き生きして見える。
美男の代名詞アラミス。
カッコイイ銃士姿も素敵だけれど、修道士姿で告解に訪れた女性たちをメロメロにさせるところがもう色気ダダ漏れ過ぎてマジやばいです。
あれは罪です。


アトスのとしちゃん(宇月颯)。さすが~~。
シャープで渋くて賢くて頼もしい。
もうあらゆる意味で男役の鑑。


ポルトスのあり(暁千星)はそんなとしちゃんと共に芝居が出来たことはとても良い経験になったのではないかと思うわ。
今回ジャンボベビーな役柄だったので、ちょっと舌足らずのいつものセリフの癖もあまり気にならなかった。
いつの日かダンディって言葉が似合うようになるのかなぁ?
まぁじっくり成長を見守りましょう。


悪役側のゆり(紫門ゆりや)の勘違いアホアホぶりが最高。
物陰で筋トレする様が間抜けすぎて素敵過ぎる。


アホ兄とは違ってニコリともせず頭のキレる色男のれいこ(月城かなと)。
美しい!大真面目!そしてやたら「壁」にこだわる!と、こいつも実は結構なオマヌケぶりで。
いやぁ、れいこがこんなにコメディの間が上手いとは!


酒場のおかみのさちか(白雪さち花)のものすごい高さの飛び蹴りを目の前で目撃してしまった。ビックリ!



気になる若手たちもメモしなきゃ。

今回本物のルイ14世に大抜擢のおだちん(風間柚乃)。
動きがちょっとまだ物慣れない感じだけれど、口跡や声がとても良い。


気になる男役の一人うーちゃん(英かおと)。
少しヘアメイクが迷走してるのかなぁ。ちょっと雑だぞ。
せっかくの恵まれたスタイル、芝居心もある人だと思うのに、ヘアスタイルや着こなしなど男役としての美的センスをもう少し磨いていかなければもったいない。
がんばれー!。


オープニングの銃士や町の男での美形ぶりが目立ったかのん(彩音星凪)。
おだちんと似てて顔の区別がまだつかないのだけれどね。
背が高いほうがかのん。

いや、それにしても衛兵達の背の高さよ。最近の若い人ってスタイルすごいわ。



感想があちこち飛ぶけれど、今回フィナーレのダンスが超絶かっこよかった。
2幕物のショー部分は短いので、こういうインパクトのあるダンスはなかなか印象的でいいね!

るろ剣」「1789」でも振り付けているのね。
小池先生のいつものフィナーレ(特に「ナポレオン」が残念だった)に新鮮な風を吹き込んでいる振付家はKAORIaliveという方。
ショーの振付もしてくれないかな~。