月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ちゃんと記録しなくちゃ「カサノヴァ・夢のかたみ」

星

毎日バタバタで全然CS放送を見ることができません。録画がたまっていくばかりです。今日は早く帰れたからせめて1作品だけでも見ておかなければ…

やっぱり一度も見たことのない作品はじっくりゆっくり見たいので、こういう落ち着かない時には昔観劇した懐かしい作品を見返してみるか。
というわけでシメさん(紫苑ゆう)退団公演「カサノヴァ・夢のかたみ」をCS観劇。

あれま、これ。
見たことあるわ。

いえ、舞台観劇の折の記憶は結局思い出せないままなのですが。。。
CS放送を録画しておいたのを、つい最近に見ていたことに30分もたってからようやく気がついた。

どこで気づいたかというと
プロイセン国王役のサミーさん(千珠晄)が突然歌いだしたとこ。

星組が誇る名ダンサーのサミーさん。
この頃のショーではサミーさんは大抵全場面出演の大活躍。
切っても切ってもサミーさんが踊っていた。
だけども歌は一度も聞いたことがありませんでした。
歌うサミーさんという珍しい場面に至ってようやく、すでに放送を1度見ていた事に気がついたわけです。気づくの遅すぎ!

好きだったんです。サミーさんのダンス。
長身で手足が長くてダイナミック。
顔は割と丸顔なんだけれども、眼差しがクールで。
ダンスも背中が前にかぶる感じが男っぽくってかっこよかった。

普通、姿勢が猫背気味だとダンスはかっこ悪いんだけれど、サミーさんの場合、そこがクサくてカッコイイの。
猫背でもダンディなのは、この世でサミーさんと舘ひろしだけだね!なんて、その頃母と話してましたっけ。


今、あらためて見返すと「ファントム」のカルロッタが歌う「この場所は私のもの」が歌詞を変えて使われていたりして、なかなか興味深いです。
それを専科のきっしゃん(岸香織)が女役で歌うというのもなんとも珍しい。
ジュンコさん(英真なおき)も女役でサロメの衣装でシメさんを誘惑するし、
タキちゃん(出雲綾)は子沢山で知られたオーストリア女王マリア・テレジア役で全編お腹が大きいままの衣装で「サウンド・オブ・ミュージック」の「ひとりぼっちの羊飼い」を歌詞を変えて歌ったり。
私はわからないけどもしかしたら、他のミュージカルの歌も使われているのかもしれません。

各国の元首がゾロゾロ出てきて、世界史好きとしては面白かったし、シメさん、あやかちゃん(白城あやか)は美しいし。なかなかインパクトのある芝居なんだけれどもなぁ~。舞台は絶対観ているはずなんだけど~。
あまりに昔のことなので遥か記憶の彼方で観劇したことを全く思い出せないのはまぁいいとしても、つい最近テレビで見たことすら思い出せなかったという情けなさ。

見たものを忘れて2度見をしてしまうのを防ぐ為このブログを書いているというのに全部記録するのも億劫なのでつい放置していると、それ見たことか!結局2度見をしてしまう。
ま、宝塚は何度見ても楽しいから別にいいんだけどさ。

こんな個人的メモをひっそりとネットの海に放り出しているのも、非公開にしていたら、何年か後にはブログに書いたこともログイン方法も全部忘れてしまうんじゃないかと思うからで。
なので、簡単でもいいから、CS放送で見た事は記録しておかなければいけませんね。