月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

放送には映らない「SUPER VOYAGER!」

雪

お正月はNHKの雪組舞台中継「SUPER VOYAGER!」を見て駅伝を見て、また雪組を見て...の繰り返しで休みが終わってしまいましたわ~。

で、ようやく舞台をみることができました。
生の舞台、やっぱり最高です~~~。

放送では見ることが出来なかった、あんなところやこんなところ。
そうつまり眞ノ宮るい君のダンスをたっぷり観ることも出来ました。
放送ではロケットでほぼ真ん中にいるところと、暴風雪のところぐらいしか確認ができなかったのです。
なるほど~。今回は映像に映らないところでの少人数口でのダンスが多かったのね。

ダンスホールの場面でタンゴを踊る男女2組とか。
だいもん(望海風斗)船長の場面でのスノードロップの可愛い衣装で踊る4人組とか。
フィナーレでは大階段横の左右のバルコニーに男女ペアが計4人のみ!というピックアップメンバーに入っていたりとか。
おぉっ!という場面に抜擢されていて嬉しかった。


特にタンゴ!!
ここ、NHK放送では全然映ってなかったんだよね~。
たった二組だけが踊るシーン。
最初は男女ペアで、ラストは男役同士のみでタンゴを踊ります。

るいくんはまめちゃん(桜庭舞)とペア。
かり(煌羽レオ)は気になる娘役かのちゃん(潤花)とペア。
うそぉぉぉぉ~~~!どっちも観たいんだけど!!!
とオロオロしている間に場面が進んでしまいました。
目が4つくらい欲しい!たった1回きりの観劇。どうすりゃいいのさ!!

タンゴの切れ味。男女間の官能。そして退廃。
若手にとってはすごく難しいダンスだったと思うの。
ヤンさん(安寿ミラ)の振付けだったのね。
るい君。抜擢に応えていたわ~。
これは男役として、ものすごい勉強になっただろうなぁ。
よかったなぁ。このメンバーに入れて。


だいもん船長のシーンは後ろに映る映像も気になったけれど、るい君が4人口で踊っているので、そちらを優先。
こういう夢と希望に満ちたダンスはもうお手の物!ですね。
キラキラ笑顔と伸びやかな動きが本当に見てて気持ちが良かった!


暴風雪のシーン。
こちらに関しては映像のほうが良かったかな。
音楽が生オケではなく打ち込み?の曲で、そこにあらかじめ歌を吹き込んだような感じ。
なので音が引っ込んでしまってなんだか急に舞台が遠くなったように思えました。

こういう演出はテレビの歌番組とかアイドルのコンサートなんかではよくあるのかな?全体を通してずっとこういう音響なら違和感はないのでしょうが。
影コーラスですら生歌の舞台に突然録音を混ぜると舞台への求心力がちょっと下がる気がします。

星組の「THE ENTERTAINER」にもこういうアイドルシーンがあったので、野口先生のこだわりなんでしょうが舞台は舞台ならではの盛り上げ方で作ってほしい。
とはいえ翔くん(彩凪翔)とあーさ(朝美絢)にひっぱられて、目一杯かっこつける若手男役達を見るのはめっちゃ楽しかった。


さきちゃん(彩風咲奈)が娘役に囲まれた大階段スパニッシュの場面では、かのちゃんのダンスにロックオン。
ほんと背中が美しい!
それから視線の使い方もとても上手い。
肩越しの眼差しがもう美しくて色っぽくって、ただただひれ伏すしかありませんでしたよ。


フィナーレデュエダンのカゲソロはまめちゃんだったのね。
BS放送のときよりもぐっと声がまろやかになっていて、とても素敵でした。
星組に組み替えなのか~。
きっとさらなるジャンプアップが待っていると思うわ!。