月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

ぶっ飛びますわよ「BADDY-悪党は月からやって来る-」

月

プログラムを開いて思わず吹き出してしまいました。
もぉ~~~。こんなこと初めてよ。まゆぽ~~ん!!

そりゃぁもう今までいろんな役をやってきたと思われるまゆぽん(輝月ゆうま)ですが、頭から妙なアンテナが突き出た青灰色のザ・宇宙人を宝塚で演じることとなろうとは!!
それも、それがそのままプログラムに写真が載ろうとは!!
ショーであの容貌での通し役。
初めて月組を見た人は絶対プラグロムであの指先を常にピロピロさせた宇宙人が誰なのか調べるはず。
そして輝月ゆうまという名前を生涯忘れないに違いありません!
あぁ、好きです。まゆぽん。

ただ、フィナーレの男役群舞の場面でとしちゃん(宇月颯)のダンスの格好良さにずっと見惚れていたら、上手から下手に移動したことで背後にあの顔のままで踊るまゆぽんが突然目に飛び込んできて~~~。
うぐっ。ぷぷぷぷぷぷ。
またしても吹き出してしまいました。
あそこだけでもかっこいい男役に戻って欲しいかも~と思ったけれど、でもやっぱりパレードはあの宇宙人キャラでご挨拶することに意味があるのであろうし。
あのメイクはオイシイようなオイシクないような。
あぁ、なんにしても、とにかく好きです。まゆぽん。


じゅりちゃん(天紫珠李
なんなのなんなの?あの可愛い生き物?
顔がなんとなくひよこ系でとっても無垢でひたすらお花畑で。
身長高いんだけど、顔もよく見れば面長なんだけど、
とにかく可愛い~~~。
(もし私があのひよこ衣装を着たら、まちがいなくドヤサ~~~のくるよちゃんだわ。)


ショーではいろいろな個性がそれぞれに輝きを放つのが楽しいのですが、とはいえトップとも3番手ともかなり違う独特なテイストのみやちゃん(美弥るりか)の存在感は一歩間違うと作品に分裂感を招きかねない難しさがあると思うの。
今回のショーではその個性を最大限に生かして実に魅力的に描かれてました。さすがはアテガキのうまい上田久美子先生。
しなやかでしたたかな、でもどこかに脆さを秘めたその細い肩。
男とも女ともつかない、いやそんな事はもはやどうでもいい!
とにかくひたすら色気がダダ漏れ
(石田先生よ!性差の一部分を誇張することで色気が生まれるなんて考えはもう古いのだぞ!)

妖しい色気を発散する、みやちゃんはもちろんのこと
悪党といってもスケールが大きくてどこか憎めない、たまきち(珠城りょう)
キュートなのに男役顔負けに暴れまわる、ちゃぴ(愛希れいか)
やたらと綺麗なのにどこかしら母性本能をくすぐる、れいこ(月城かなと)
いかにもピッタリというアテガキからこういう持ち味もありなんだわ!という目からうろこの配役まで。
他にも、ありとあらゆる人たちに、よくもまぁこんなにいろいろなキャラを当てはめたものだわ。
キャラ立ちが明確で楽しいので状況把握をしようと考えることなくそのショーの世界にざぶんと飛び込んでいけたのかもしれません。

しかし、上田先生は芝居の時は全く自分の主義主張を入れず物語世界だけを描くのに、ショーとなるとぶっこんでくるのですね。
正直言ってストーリー性のあるショーというのはこれまであまり好みではなかったのです。
そんなまどろっこしいことはほっといて、脳みそ空っぽにして何の脈絡もなく次々と繰り広げられる夢の世界に飛び込みたいの!!って思ってました。
今回のショーはストーリー仕立てだし、作者の主張というか魂胆もなにげに見え隠れするという本当だったらあんまり喜ばしくないはずなのですが、あに図らんや大いに楽しめました。
作者の主張が見え隠れといっても、なにぶん、ぶっ飛んだ設定が前面にあるので見ている間は気にならない。

演目のバラエティに富んでいることが宝塚の楽しさ。
たまにはこんなぶっ飛びショー(といっても結構明確な意図のもと作られているような気もするけど)も楽しいもんです。

ただ一点
ラインダンスのテーマが「怒り」なのですが、下級生にあの様な表情をさせると、それが怒りなんだか、踊るのにアップアップなんだか判別が付きかねるわけで。
その意図は充分伝わるのだけれど…。やっぱりラインダンスは笑顔で元気いっぱいが好きだな~


ともあれ、帰り道、気持ちもウキウキするがまま今回の主題歌「BADDY BADDY~」が頭の中を駆け巡りました。
が、どうしてもその続きが「オレは夢幻スパイダー~」(歌:明日海りお)になってしまうの~。(どちらも作曲:青木朝子先生)
楽しかったから主題歌、買わなくっちゃ!
それからクライマックスのとしちゃんの素晴らしいカゲソロ(作曲:斉藤恒芳先生)も買わなくっちゃ!