月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「天は赤い河のほとり」観劇

宙

天は赤い河のほとり」の天って「そら」って読むのね。まるで宙組新トップスターのお披露目のために用意されたような題名だわ!

芝居のラストはきらびやかな戴冠式
お披露目おめでとう!トップスターバンザイ!というお祭りムードが華々しく繰り広げられます。
まさに新トップスターの船出にピッタリ!なはず。。。なのに。
どうもいろんなところに既視感があって~~~。

エジプトの衣装や大人数の殺陣はまあくん(朝夏まなと)お披露目「王家に捧ぐ歌」で見たし、皇帝のすっしーさん(寿つかさ)が毒殺されるのはかなめ(凰稀かなめ)お披露目「銀河英雄伝説」で見たし。
新体制でこれからどんな宙組が見られるんだろうってワクワクして行ったのに、なんだかまた同じものを見ているような気分にちょっとなってしまった。

もっとゆりか(真風涼帆)にふさわしい。
もっと新生星組にふさわしい。
そんな演目はなかったのかな~。

とはいえ宙組男役スターのビジュアルは完璧。
みんなそれぞれにかっこいい!!
まさに漫画から抜け出たようなゴージャスなイケメンが次から次へと登場。目の保養だわ~。

でもって、その中でやたら現代的で等身大な少女があばれ回っています。
突然のキスとか。
お姫様抱っことか。
指ではーと❤とか。
違うタイプの王子様二人にどういうわけだか惚れられる!とか。
つま先立ちのラブシーンとか。
そんなありとあらゆる乙女の妄想が満載。
なんかこういう感じの胸キュン映画が最近盛んに封切られているよね。(見てないけどさ)

もし私がティーン・エイジャーだったらきっと大盛り上がりで楽しめるんだろうなぁ。
オバンとなった我が身が憎い。ときめきのツボが決定的に違うのだもの。


そうかーー、小柳奈穂子先生だったのか。
申し訳ないが相性が悪いのだ。もうこれはしょうがない。
あいかわらず群衆芝居の処理が雑だし。

1階の真ん中よりちょっと後ろあたりの席だったにもかかわらず群衆のワチャワチャ喋っている声がまるで前の席でうるさい団体さんがおしゃべりしているようなな感じでで聞こえてきたのにはびっくりした。
音だけでなく動きもごちゃごちゃで、肝心の主要な人たちの大事なセリフや芝居が損なわれてしまうほど。それも何回も。何回も!
演劇でこんなことってあり?

どうして毎回毎回こんなにも無秩序な演出をするんだろう。
もちろん群衆の雑多な声が不安を掻き立てる騒音として描かれる演出もあることはあるだろう。でもそこには芝居のリズムや強弱というものがあるはず。

登場人物総出演のオープニングや華やかなお祭り、戦士役の若手男役達のダンスナンバーなど大人数でのダンスシーンは盛り上がった。
でも大人数での芝居とか芝居がらみのミュージカルシーンに関しては演出の不手際で色々と不満が残ることとなってしまった。

そんなわけで、ちゃんとミュージカルとして成り立っている箇所はキキちゃん(芹香斗亜)ラムセスがユーリまどか(星風まどか)を口説くナンバーのみだったかなぁ。
私が最近キキちゃんにハマっているせいもあるのだろうけど。
ここは楽しかったし、ミュージカルを、宝塚を観てる!っていう気分になりました。


小柳先生には一刻も早くミュージカルとしての大勢の取扱いを学んで欲しい!と願ってます。
でないとせっかく群衆として舞台に立って芝居をすることができる下級生をただの邪魔者にしてしまう。
それと同時にここでの成長の機会が失われたことによる宝塚の未来における損失が心配だ。
一本物でなかったのがせめてもの救い。「シトラスの風」があって本当に良かった。
これでショーもなかったとしたら宙組下級生の未来もないところだったわ。