月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

昔のバウが見たい!「恋と十手と千両箱」

月

この頃はもうすっかり宝塚にハマっていた。とはいえまだバウ観劇は未経験で、この公演は観ていません。

うたこさん(剣幸)の初主演作品をCS鑑賞。
すでに2番手になっていた頃だと思うのだけど、意外に遅い初主演だったんですね。

うたこさんはどちらかというとひとみちゃん(春風ひとみ)とバウで組んでいるイメージがあったのですが、この時のヒロインは後にうたこさんとトップコンビとなるミミちゃん(こだま愛)でした。
大抵の場合娘役さんのほうが出世が先なので、若手時代にバウでコンビを組んだ人と同時にトップに就任し、同時に退団するというのは、わりと珍しいのじゃないかと思います。

ミミちゃん、ひたすら可愛くって、ちょっと考えなしのわがままお嬢様。
うたこさんの芸者に変装した姿などが「歌劇」とか「グラフ」に出てたし、ねずみ小僧が主役ということは覚えていたので、てっきり粋なコメディ作品だとばかり思っていました。
出だしは軽快だったのに、まさかこんなシリアスかつバッドエンドの話だとは知らなかった。

主役二人は悲劇の結末なんだけれど、ボランティア活動資金を泥棒で調達する大店の子女達がコメディ部分を担当しています。あんた達、真面目に働け~~。
この中に若き日のかなめちゃん(涼風真世)がいます。つるりんゆで卵顔のちょんまげ姿がかわいくって可笑しい。コーラスも多く美声を轟かせています。数人口のコーラスでもかなめちゃんの声はわかるわぁ。

それからそれから
ロムさん(旺なつき)かっこいい!!!
大好きでした!!
こういう大人でニヒルでシャープな持ち味のスターって、今あんまりいないね。としちゃん(宇月颯)くらいかなぁ。
今はみんな割と甘いし可愛い。それだけ私が年をとっちゃったってことなのかしらん。

女岡っ引きのになちゃん(仁科有理)、もうすでにこの頃からめっちゃ芝居がうまい!!
しかしこの時代の月組の娘役の人材豊富具合はすごいなぁ。
芝居も歌も上手い人だらけ。

あちこち欠損しているとはいえこんな映像が残っていたなんて、うれしいわ。
大関先生作品でうたこさん主演のバウは画家のモジリアニを主人公とした「夜霧のモンパルナス」という作品があるのだ。すごく観たかったけど日程が合わなくてムラに行けなかった。これビデオ残ってないかな~~。
映りが悪くても構わないから昔のバウ作品をもっと放送して欲しい!!