月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

スターも歌も盛りだくさん「Fantastic"N"」

星

退団を控えたねっしい(日向薫)のさよならバウ「Fantastic"N"」をCS鑑賞。
このあたりが一番宝塚を観劇していた頃なんだけれど、この公演は観に行けてないので、初めて見ました。

ちょうどバブルのころだったかなぁ。
この時代のちょっと浮かれたムードとねっしいの何一つ陰りのない明るさがよくマッチしていて、当時の星組はすごくきらびやかでした。

三木先生らしくロックにモータウンにジャズにタンゴにスパニッシュとバラエティに富んだショー作品。
ただ、ねっしいの歌はリズムが独特で~。どんなジャンル、どんなリズムであろうと全部同じねっしい節になっちゃうんだけれどね。

それでもコーラスに
たきちゃん(出雲綾)ソプラノ
あやかちゃん(白城あやかメゾソプラノ
じゅんべさん(洲悠花) アルト
じゅんこさん(英真なおきテノール
ハッチさん(夏見よう)バリトン
てな感じで、この5人が素晴らしいハーモニーでありとあらゆる歌を歌いまくってて、めっちゃかっこいい!
それにしても後の組長がこんなに揃っているとは!ほんと達者な人たちばかりだったんだ。
お、ゆず長さん(万里柚美)もいる。


そうそう!じゅんべさん!
ちょっとファニーフェイスで演技のうまい娘役さん。私の好みにドンピシャ!!

下級生のころは元気で可愛いヒロイン候補だった。もちろん新公ヒロインもしてたと思う。ただ、1学年下に美貌のしぎちゃん(毬藻えり)がいたので、娘役トップにはなれなかった。

あれはいつの頃だっただろう。すごく大人っぽく妖艶になったんだよね。
シメさん(紫苑ゆう)バウの「誓いの首飾り」あたりからかしら。
可愛い婚約者がありながら、じゅんべさんのあまりの色気にイチコロとなるシメさんの話。(なんじゃその説明?)
いや、もうちょっと前からだったかもしれないけど。とにかく大人っぽい別格娘役として大活躍。

確かトップになったシメさんを支えるため退団を先延ばしにして婚約者をずっと待たせちゃったっていうエピソードがあったっけ。とにかく芝居も歌もダンスも心意気もすべてかっこいい娘役さん!
大好きでした!


ショー作品なので、サミーさん(千珠洸)が踊りまくってます。
逆光で顔が見えなくても、後ろ姿のシルエットだけでも、踊っていても、踊ってなくてもサミーさんってすぐわかる!!

ダンスが上手いのはもちろんなんだけど、なんていうのかな~。
大人の魔力っていうのか、毒気っていうのか。ちょっと独特なんだよね。
フンって鼻で冷たく笑いながら余裕でかっこいいダンスをしれっと踊りこなす感じ。
大好きでした!


若き日のわたる(湖月わたる)も一生懸命。可愛いわ~。
ゆりちゃん(星奈優里)も最下級生で踊っていて、ちらりとダンスが映ってるのだけれど、やっぱり動きがきれい。
いやぁ~。みんな、みんな。ほんと懐かしい!