月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「ANOTHER WORLD」観劇

星

よく笑いました。
コメディ作品というのはこれまでにも色々あったとは思うけれど、今回は少し毛色が違う感じ。

まぁ、なにせ、さゆみさん(紅ゆずる)がヘンテコの極みなのだ。
ちゃんと2枚目なのだけどセリフの間で笑わせる。というこれまでの宝塚コメディの手法ももちろんあるけれど、どちらかといえば
変な声
変な動き
変な表情
もう、ありとあらゆるヘンテコが次から次へと波が押し寄せるように襲ってくる感じ。

それでもやっぱり、吉本じゃなくって宝塚を観たな~って思えてくるのは、さゆみさんのシュッとした美貌。
それからちょいちょい挟まれるまこっちゃん(礼真琴)のなんとも粋で艶っぽい小唄のおかげだと思います。上手いね~~~!
どちらも本当にうっとりしちゃいます。


まこっちゃん率いる御一行様(ひろ香祐、紫りら、白鳥ゆりや、小桜ほのか)は達者だし、おばかキャラのかいちゃん(七海ひろき)、めいどかふぇのくらっち(有沙瞳)の口跡の良さ、芝居の確かさもさすが。みんなおもろい。


ヘンテコキャラはそれこそ山のように出てくるのですが。
一番のお気に入りはせおっち(瀬央ゆりあ)の赤鬼。
さゆみさんとガチンコで延々と芝居するところがあるのだけれど、ここが実にイキイキとして楽しそうだし面白い!好きなんだろうなぁ。こういう芝居が。

せおっちにはなんとなくペイさん(高汐巴)の遺伝子を感じるの。ちなみにこれまでに私がペイさんの遺伝子を感じた人はみきちゃん(真矢みき)とまみちゃん(真琴つばさ)。
みきちゃんは新人公演でペイさんの役を何度かしているし、まみちゃんも下級生ながらペイさんと同じ舞台に立ってた人。
でも、せおっちはペイさんはもちろん、まみさんの舞台すら見た事ないかもだけれど、そのエンターテナー的舞台センスになんだか共通のものを感じるんだわ。
確かまみちゃんもラストチャンスで新人公演主役をつかんだ人。だからもしかしたらせおっちも将来大化けするかもよ!これからが楽しみ!

そんなせおっちに影響されたのか赤鬼軍団の表情のわちゃわちゃ具合がすごく面白かった。
鬼はね、ちょっと頭が足りないの。だから自分の理解能力を超えると訳が分かんなくてプチパニックになるのよね。そんな感じがよく出てたわ~。
プログラムで確認したら、赤鬼には天華えま、遥斗勇帆、夕陽真輝といった演技の達者な人たちが集められている。な~~るほど。道理でね。(実はメイクがすごくて誰が誰やらよくわからなかった)

同じ状況下でも赤鬼軍団の圧勝だったなー。それとも青鬼軍団はクール。赤鬼軍団はホット。っていう性格の色分けでもされてたのかしら?
だとしたら青鬼ちょっと不利だったかも。


あと、阪急電車をイメージしたロケットのレトロな衣装の色合いが可愛かった。ちょっとスカートの丈が長いのもいいわ!
冥途のスターのちぐさん(美稀千種)が男臭くねちっこく歌う感じが(頭身バランスも含めて)いかにも昭和ジェンヌで懐かしい。

植田紳爾先生演出作品も近い将来公開だそうで。そんなちょっとした毒っけのある洒落で笑いが起こるのも、いかにも落語を元にした芝居だわ。(歌丸さんと円楽さんみたいね。合掌。)

あ~~楽しかった!!


さて世の中は連休です。この連休を利用してボランティアに行かれる方。頭が下がります。被災地のことを思うと、こんな涼しいところで、こんな楽しい思いをしていいのしらと胸がチクリと痛みます。ふるさと納税(しかも少額)くらいしかできることがないのが情けないですが、とにかく今は、こうして劇場で英気を養い、元気を出してしっかり働きます。