月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

血湧き肉球踊る「Gato Bonito!!」(眞ノ宮るいくん出演シーンメモ)

雪

なんか15分位で終わりませんでしたか?
大好きなラテンショーということで血湧き肉踊りまくりましたよ!

実は今回めったに座らない1階の前方席だったのです。かなり上手寄りではありましたが。
ただ、ここからだと後ろで踊る人たちはほとんど見えないだろうなぁと、ちょっと複雑な気分ではありました。
そう、ラテンショーでバリバリ踊るであろう眞ノ宮るい君を観たかったのだわ。
まぁ、しょうがない。悲しいが今回るい君は諦めよう。

とはいえ諦めきれずに幕間にプログラムでるい君の出演シーンをチェック。
え?名前ありませんけど?
なんで?
ニャンと!こんな最初に名前が書いてあったとはっ!!

どうやら通し役のようです。
ほほう。それならきっと見つけるのは簡単だな。
でも、みと組長(梨花ますみ)と一緒ということはダンスはあんまりないのかな?と思ったところで開演です。

なななななんんと!!
すぐそこの上手花道に金髪巻毛の子猫ちゃん眞ノ宮るい君がっ!!!!
この席神かっ!!
あとは怒涛の展開でのっけからテンション上がりまくり正直あんまり覚えていません。
だいもん(望海風斗)のエル・クンパンチェロが暑苦しくって最高だった事は覚えている。


次はさきちゃん(彩風咲奈)、ひらめちゃん(朝月希和)のピアノをモチーフにした可愛らしいダンスシーン。
ふたりとも足なが~い。きれ~い。
と目を細めていたら、黒鍵白鍵のラインダンスメンバーが。
おおぉ!るい君がいる!

ここの衣装が黒燕尾のダルマなのですが、るい君のふとした身体の切り方がすごくかっこよくってびっくりした。
猫がテーマのショーのラインダンスなのでしなやかな身のこなしに溌剌笑顔なんだけれど、そこに男役黒燕尾のテイストがチラリとのぞいている。
もはや下級生の可愛さとは一線を画する動きです。ラインダンスもこれが最後かなぁ。


そして次はヤンさん(安寿ミラ)振付けのタンゴのシーン。
これはもう、大好き!素敵すぎる。
真ん中で踊るだいもんとまあやちゃん(真彩希帆)を見ていたら、その肩越しの向こう側にすごくかっこいい動きのペアが透けて見えた。
うわぁ~~~誰よ!すっごいかっこいいんだけど!!と目の焦点をそちらに合わせると…。
なんとそれは眞ノ宮るい君&きゃびいさん(早花まこ)ではありませんかっ!!

え?さっきまでラインダンスしてませんでした?
子猫の通し役ではなかったのかっ!!油断してたわ。
でも、どこに出ているかは知らなくっても、やっぱりるい君のダンスは目に飛び込んでくるんだなぁ。

前回「Super Voyager」でもヤンさん振付けのタンゴのシーンで踊っていたこともあって、さすがのニュアンスの捉え方です。


そして中詰。
まずはヒョウ柄のあーさ(朝美絢)が娘役を引き連れて。
これはヤバイ!挑発の度が過ぎて動悸がハンパなくなってきた。


そのあとすぐに銀橋パレードっていうのが面白い。
しかもパーッと駆け抜けていくのではなく、カーニバルのように練り歩いていくのが楽しい!
じっくりいろんな人を観られるし~、ん?えぇっ?
今、なんかしれっと通った背中がぐっと開いた体のラインぴったりのジャンプパンタロンスーツのヒップに羽をつけた女役さん?どなたさんですか?
なんの前触れもなく超絶スタイルの両性具有チックな男役スターさん達(みんなすごく綺麗!)が色んなとこに紛れて通っていくんですけど~。

ここから先も濃すぎて熱すぎて楽しすぎてまたまた記憶にございません。
だいもんとまあやちゃんのいったいどういう掛け合いになっているのっていう、まるでバトルのようなすごいデュエットがありましたっけ。

あ、るい君は子猫じゃなかった。きらきらラテン衣装で下手側に。ちょっと遠かったけど確認できました。


中詰後の幕前は、あすくん(久城あす)の素敵な歌声でバリバリ踊る2組の男女。
あゆみさん(沙月愛奈)、まなはる(真那春人)、ひーこ(笙乃茅桜)、カリ(煌羽レオ)
幕前の狭さをまったく感じさせない激しいダンス。

こういうの昔はよくあったよね。好きだなぁ!
おっこさん(真汐ちなみ)とか、みおりさん(御織ゆみ乃)とかダンスの名手の見せ場。そういえば最近はあんまりなかったなぁ。ぜひぜひこういうパターンは復活させてほしい。


と懐かしく思っていたらの向こう側背後の客席からだいもんがぁ~~~。
こちら方面は通ってくれませんでしたが、最終的にはすぐ近くに!!
どうやらここはアドリブのよう。
阪急交通社貸切公演でしたので世界巡りをまあやちゃん、あーさ、ひとこ(永久輝せあ)に強要するだいもん。ちゃんと三段落ち!
面白かったし可愛かったぁ!


ショー後半の総踊りは翔ちゃん(彩凪翔)の歌から。
幕が開くとすでに大階段が降りてます。
シンガーたちは大階段上で歌い。ダンサーたちは大階段前で激しく踊ります。
大階段はまるで果てしなくひろがる大地のよう。生命力を感じるアフリカンなダンスシーン。
いいじゃないの。藤井先生。なぜこういう大階段の使い方を「HOT EYES‼︎」でやらなかった?


そしてフィナーレへ。
始まったばかりのようなのに、もうフィナーレですか?
だいもんと娘役ダンスからの男役が大階段を降りてくるところは、かっこよさに震えましたよ。
最上段にいるるい君もすぐわかった。
いやぁ良かった。いつもの2階後方席だったら見切れていたとこだったわ。
そこからの、だいもん&まあやちゃんデュエットダンス。
歌ウマで知られる二人ですが、ダンスもOKなことは知っておりましたもの。
挑みかかるような激しいダンスに痺れます。

そしてグランドフィナーレ。
愛すみれ様(なぜか、この方と花野じゅりあ様はいつも様付け)エトワール。
嬉しい!そして見事でした!

そしてパレードではるい君がすぐそこの上手花道に!!
この席神かっ!!
幕が降りるときは舞台中央あたり。咲ちゃんの羽根越しにちらちらと見えました。

あ~~~あっという間だったけどすっごい楽しかった!!


その他
気がついたことメモ

ダンスが得意なことは知っていたけれど、なんとなくどわ~~んとした感じで今までほとんど目に入ってこなかったちさと(縣千)ですが、今回はじめて、お!あの綺麗なお顔だぁれ?と目を惹きました。男役としてのシャープさが少しずつ出てきたようです。
今後もしっかり精進すればその抜擢にふさわしい良い男役になれそう。がんばれー。

かのちゃん(潤花)の子猫ちゃんが超絶可愛いい!!!でも大人っぽいダンスも見たかったなぁ。

るい君とかのちゃんがペアになって踊っているところがあって(たしか子猫ではなかった記憶。いや子猫だったかも。)とっても素敵でうれしかったのだけれど、それがなんだったかは思い出せませ~ん。