月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

制作発表会はいつかしら?「ファントム」

雪

凱旋門」終わってしまいましたね。
1回しか観ることはできなかったんだけど。もう一回くらい見たかったなぁ。
千秋楽のライブビューイング近くの映画館(といっても隣の県だが)でもやってくれないかなぁ。


というわけで、次はいよいよ「ファントム」です。
制作発表会あるよね。
いつなんだろ~。
早く聞きたい!二人のデュエット。
「HOME」は絶対歌うよね。


ところで、ずぅ~~~っとなぜだろうって思ってきた事があるの。

「HOME」のクリスティーヌのメロディが突然低くなる問題。

天使のようなソプラノのクリスティーヌがラストの盛り上がりでまさかのアルト。
f:id:cowherdvega:20180904211426g:plain
   (自作楽譜イラストです)


本当はこの1オクターブ上なんじゃないかと思うんだけど~。
でもね。そうしたら上のドになっちゃうもんね。
f:id:cowherdvega:20180904211422g:plain

ソプラノの娘役さんでもなかなかこの音を楽ちんに出せる人は少ない。
たとえ声が出たとしてもキンキンしちゃったら台無しだし。

海外の原曲はどうなっているんだろう?
3音くらい低いのかな?
宝塚の男役さんは本物の男性と同じキーでは歌えないものね。男役さんの音域にあわせると娘役さんは超高音になっちゃう。


それなら男役パートと娘役パートを入れ替えればいいじゃんと思ったけど
こんどは男役が地声でドを歌わなくちゃならなくなる。
f:id:cowherdvega:20180904211419g:plain

ここを地声で歌える男役さんはそう多くはないかしら。
だいたいシのフラットくらいが男役最高音だよね。
いや、歌えたとしてもロマンチックなデュエットで男役が最高音を張り上げるって、ちょっと違う?
(でも、男役主旋律、娘役ハモリのこのパターンが一番しっくりくる気がする。)


さて、だいもん(望海風斗)、まあやちゃん(真彩希帆)という歌唱力はもちろん音域も広い二人。
「HOME」のラスト、どうするんだろう?
やっぱりこれまでと同じかな?
それとも天使の高音いくかな?
どのように歌うにしたって、素敵なことは間違いない!

あ~~早く聞きたい!!