月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

わやわやしてても感無量「Alas-魂を翼に乗せて-」

月

まみちゃん(真琴つばさ)の外箱公演のショー「Alas-魂を翼に乗せて-」をCS鑑賞。
初舞台の花組からよ~く観てきた人だけれど、月組に組替えあたりで宝塚を観に行く機会がめっきり減ってしまって、そのトップ姿は見ることができなかった。


ゆうこちゃん(風花舞)がいるのでまみちゃんがトップになりたてくらいの作品かな?
ゆうこちゃんも初舞台が花組ベルばらで、研一にして宮廷の場面でのバレエのソロがあったからよく覚えてます。
それからリカちゃん(紫吹淳)。ガイチ(初風緑)。きりやん(霧矢大夢)、あつ(千紘れいか)というこれまた花組下級生時代を見ていた人たちが月組生となって多数出演。
なんだか懐かしいわぁ。
そんな下級生時代をよく知る人達が中心となっているショーなので、なんか感無量です。


このショー、作演出が若き日の藤井大介先生。
まだ2作品目?
1幕は謎のSFアジアンテイスト。
2幕はタンゴやストリート、カンカンもあったかな?わりとオーソドックス。
なんかまだやりたいことが定まらず、わらわらした感じです。

正直ね。1幕は趣味悪いの。
最初のあたりはダンスの振り付けがズンチャカズンチャカしててかっこ悪いし。
そりゃぁ2幕のほうが見慣れた感じでほっとします。

だけど印象に残るのは、なぜだか1幕。

特に花魁道中!
ここ、よかった~。
狐の嫁入りみたいな感じ?ちょっと怖いような異世界に引き込まれる。
コモちゃん(美原志帆)のソロも神秘的で美しい。
コモちゃんは美人できれいな声の持ち主なのに、どうも芝居も歌も感情がこもらない質で。。。でもこの歌に関してはその無表情がぴったりですね。あやかしの世界にいざなってくれます。

コモちゃんをはじめとした花魁付きの女性の衣装はあら懐かしや!
これオヨヨヨヨですね!(分かる人にはこれできっと分かる)
星組「宝塚レビュー'90」の中詰で娘役さんたちが着ていた赤いドレスに扇をイメージした銀色キラキラプリーツ袖の衣装。なにせバブルでイケイケな時代だ。
あれもさ。とても趣味が良いとは言えないよ。
でも大好き!
今でも頭の中でぐるぐる流れるまりこちゃん(麻路さき)のオヨヨヨヨ~ン。


歌はガイチにきりやんにじゅりぴょん(樹里咲穂)が素晴らしく上手い。
V6の歌「愛なんだ」だっけ?曲名よく知らないが。むちゃくちゃ素晴らしいハーモニーで最初なんの曲かわからなかったよ。
しかし、このころから藤井先生のJポップ使用はあったのか。


そんなわけで、なんのかんの言ってもダンスも歌もたっぷりで、やっぱ宝塚のショーは楽しいよ。