月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

これってチャウ・シンチー?星組公演ラインアップ発表

星

いつもならまだ見てない公演のことはあまり書かないのですが、星組ラインアップ発表がツボにはまって思い出し笑いが止まらなくなってしまったので記録します。

「GOD OF STARS-食聖-」
タイトルも公演解説によるストーリーも、どう考えてもチャウ・シンチー周星馳)の「The God of Cookery-食神-」じゃぁあ~~りませんかっ!!

まぁ多くの宝塚ファンはチャウ・シンチーなんぞは好みじゃない、というか知るよしもないでしょうが。(いちばん有名なのは「少林サッカー」?)
私、香港映画大好きだった(過去形)のでね。もちろん「食神」も見ております。
とにかくチャウ・シンチーの映画って主役が必ずダメ男。
一見トンデモオバカ映画に見えてダメ男好きにとっては興味深いというか、なかなか闇が広がります。一番好きだったのは「ミラクル7号」かなぁ。

レスリー・チャンの「君さえいれば」などのロマンチックコメディーなら宝塚にピッタリだとおもうけれど。←っつーかこれスゴく観たいな。
まさかまさかのチャウ・シンチー!!
よりによってのチャウ・シンチー!!

さすがさゆみさん(紅ゆずる)
一筋縄ではいかないタカラジェンヌだわ!
新たな扉が開かれるわ!
念の為確認したいのだが、あーちゃん(綺咲愛里)はいくらなんでもカレン・モクみたいな特殊ブサイクメイクはしないよね。そこんところは愛らしいいつものあーちゃんでお願いします。

いやぁ~~~今からめっちゃ楽しみだわ!!


香港映画と宝塚という観点?の過去記事はこちら