月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

そらくん絶賛応援中「ハッスルメイツ」1

宙

そらくん(和希そら)初主演バウのソング・アンド・ダンスショー「ハッスルメイツ」をCS鑑賞。
テレビ鑑賞でもとっても楽しかった~~~!
でもバウホールでいっしょにハッスルしたかった~~~!

もうね~。
ほんとに出来る子よね~。そらくん!
歌だろうがダンスだろうがMCだろうが。
任せて安心。

大勢を引き連れてのナンバーの真ん中にいるそらくん。キラキラ!
舞台でたった一人で踊るそらくん。熱く空間を埋められるパワー!
客席降りで歌うそらくん。スターの余裕!


そらくんを初めて認識したのは「銀河英雄伝説@Takarazuka」でした。
戦闘シーンのダンス。大セリの上、一番右側だったかな?
キビキビと踊る子が目に飛び込んできた。もちろん名前もわからない。
セリの上でのダンスだったので見失うこともなくオペラでじっくりお顔を確認。
しかし、あの高いセリの上であんなに踊るなんて。あな、おそろしや。

幸いなことにフィナーレでその子がダブルトリオにいることに気が付きました。
もしかして隣の娘役さんのほうが背が高いんじゃない?とは思いましたが。
今思えばあの娘役さんはゆうり(伶美うらら)だったのかも。
ここまでくればあの子は誰だったのか?というのはかなりしぼられます。

プログラムとおとめの身長情報からすぐに「和希そら」ということが判明。
けれどそれからあんまり宙組は観劇しなかったので、その後の舞台上のそらくんを確認できなかった。
まぁ1本物ばかりだったからね。
下級生の出番は限りなく少なかっただろうが…。

でも最近は宙組をかなり観に行けている。宙組を観る楽しみの一つがそらくん。

Shakespeare」では劇団員を演じてたよね。元々は女性の宝塚男役が普段は男なんだけど舞台で女役も演じるというややこしさ。

あと「王家の館」のパリ現地案内人。うん。あれは良かった。せーこ(純矢ちとせ)がポォ~~っとなるのも無理はない。

でも大体は仲間の中の一人というパターンが多かった?
その実力の割にはなかなかいいチャンスが巡ってこない感じだった。
宙組は男役が上にひしめいているもんなぁ。

女役ではあったけれどWWSのアニータでようやく大絶賛され
そしてついにバウ初主演!
うれしかったよ~~~!
放送を心待ちにしてましたよ。


そうそう。知らぬ間に「オーシャンズ11」の配役が発表されていました。
発表早くない?今頃知るという相変わらずの情報弱者
それはさておき、
そらくんライナス!!!
ブラボー!!

そういえば私、以前宙組オーシャンズ11の配役を妄想してたんだっけ。
cowherdvega.hatenablog.com

あはは。びっくりするほど外れてます。
だって。
出来る子そらくんが、ヘタレのライナスを演じているところを頭の中で妄想するのは難しかったのよ。
ロイヤルあっきー(澄輝さやと)の暑苦しいラテン男なんて想像出来ないもん。
言い訳するわけではないですが、あれはあくまで妄想で予想ではありません。はずれても致し方ない。

でもでも、決定した配役!素晴らしいではないですか!
そらくんが駅で「Mr.ピックポケット」をキレッキレに跳ねながら歌うのね。
るりか氏(真風涼帆)に「男にしてやる」って言われるのね。
いや~~~ん。今から観るのが楽しみでしかたがない!