月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

GWスカステ三昧

花

おうちでゴロゴロしたり、出勤したりのゴールデンウィークでした。
飛び石連休って感じではありましたが、それなりにゆったりできたので撮りためたスカイステージをまとめ見を計画。
の割にはあんまり見られなかったけど。
何を見たのかメモっておかなければね。取り急ぎ花組の感想を。

花組博多座「あかねさす紫の花」Aパターン、Bパターン

中大兄皇子主役バージョンが好きなのです。
でも、これが出来る布陣は滅多にない。
額田王を弟の大海人皇子から奪う中大兄皇子は下手をすれば悪役になってしまう。
そんな理不尽なことをしても観客が納得せざるを得ないカリスマ性のあるトップスターが演じなければ様にならない。
半分、いやもはや神だもん。
みりおちゃん(明日海りお)ならぴったり!
と思ったんだけどなぁ~。
う~~ん。ちょっと違ったわ。

言葉の力というのは時として武力以上の影響力があるもの。
権力を蘇我氏から奪った中大兄皇子が大和の長として人心を掌握するために無くてはならないピースが額田王の歌だったわけで。
中大兄皇子額田王って恋だけではない。
彼女の才を最も知り、最も認めているのが、やはり才のある中大兄皇子ということなんだな~。
才と才が響き合う仲というのは、時として優しい愛情をも上回る力がある。そこを表現して欲しい。

でも、みりおちゃんは芝居が繊細なので、どうしても"恋心"の方に重きが置かれてしまうんだよね。だからなんだか駄々っ子兄さんに見えちゃった。
やっぱりみりおちゃんに似合うのは額田への愛、兄への愛、その狭間で悩み苦しむ大海人皇子
こちらのほうが断然良かった。

ミュージックサロン「Sen-se」

一体何曲あったのかしら。
ゆきちゃん(仙名彩世)、あきら(瀬戸かずや)、ちなつ(鳳月杏)の3人だけのディナーショーできっとシックでアダルトな内容になるんだろうなと思っていたらぎっしり盛りだくさんでした。
ゆきちゃんったら欲張りさん。

いい曲がいっぱいだった。
特に「金色の砂漠」はジャハンギールとアムダリア再びで嬉しい!新たなハーモニーでとても美しかったわ。
それから今回初めて聞いた「何故」という曲がとても素敵でした。
太王四神記」の曲なのね。スカステでの放送がないのでまだ見たことがないのだ。著作権の関係で放送は難しいのでしょうが見てみたいな~。

「ミーアンドマイガール」新人公演

おとくりちゃん(音くり寿)のふくれっ面がかわいい~~~~。もう可愛くって可愛くって!!ほっぺたツンツンしたい衝動に駆られる。
あかさん(綺城ひか理)との身長差!最高!
宝塚と東京ではダブルキャストを1幕2幕で交換したのね。
放送は東京バージョンだったので、あかさん・おとくりペアは1幕のビルとサリーでした。
なので、二人共やんちゃで、はっちゃけてて、表情豊か。すっごく楽しかったわ。

それから2幕のジョン卿のあれん(亜蓮冬馬)がダンディで素晴らしかった。
あぁ~~~まさか退団してしまうとは!つくづく惜しい。


それからそれから
他にも見たんだけど。なんかもう忘れてきちゃったな。
思い出したら、また書きます。