月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

なんと代役初日「クルンテープ天使の都」

月

れいこちゃん(月城かなと)が今日から部分休演という衝撃!
劇団ホームページには「怪我により」とありましたが、芝居には出演。

ちょっと三枚目な又八役で動きも多く、観ている限り怪我の影響などなにも感じられませんでしたが、痛みをおしての出演だったんでしょうか。心配です。
どうか早く治りますように!

ショーのれいこちゃんの出演シーンは、るね(夢奈瑠音)、れんこん(蓮つかさ)、おだちん(風間柚乃)の若手三人が分担。

プロローグの銀橋歌唱はれんこんさん。
一人でしっかり広い空間を埋められている。れんこんさんの声好きだわ〜。

格闘技(ムエタイ?)を表現したダンスの代役はるねくん。
力強さとバネが感じられる動きでこのテーマにぴったりでした!

クラブのシーンのおだちんはもはやベテランクラスの貫禄があって、大人の恋の鞘当てのダンスでもなんの違和感も感じないわ。

れいこちゃんが出てないのはとても寂しいけど、代役のみなさんはすばらしくパワフルで今日が初めてとはとても思えませんでした。
さすがプロです。すごいな~。

もちろんこの三人が抜けたところには更に若手のどなたかが入っているのでしょうね。ある程度のアンダースタディがいたとしても、突然今回から違う位置、違う振付けで入るわけで。いつどうやってお稽古したんでしょう?
わたしのお隣の席のお嬢さん達は、代役のどなたかのファンらしく終演後には感動して泣いてらっしゃいましたよ。


さてショー恒例の?「気になる若手」をメモします。

華やかなドレス姿のまゆぽん(輝月ゆうま)が素晴らしい歌唱!その周りを彩るのがダルマ衣装の若手男役8人。
私、エイトシャルマントって大好きなんですよね~。なんか血が騒ぐ。

さて、この8人の中でえらく目力の強い華やかな顔立ちの人がいて、誰なんだろう?って気になりました。
その後の場面では男役のポールダンスにも出てていて、他のみんなは名前と顔が一致しているのに、この目力の強い人だけが全然誰だかわからない。
このところエリザ以外はちゃんと観れている月組なので101期生くらいまでの男役なら誰だかわかるはずなのよ。だからかなりの下級生かなぁって思いました。

終演後プログラムで確認したら、あれまぁ98期生のうっちー(蒼真せれん)でした。最下級生じゃぁなかった。
なんでだろう?この人のこと今まで気が付いたことが全くなかったなんて。
でも今回目を引いたという事はよい場所に出るようになってきて観客の視線をキャッチする何かも掴んでいるってことですね。覚えましたよ。
新人公演も卒業し、これからが本当の力が試される学年。さらなる活躍をしてほしい。


知らなかった人を見つけ出すのも楽しいですが、気になる男役うーちゃん(英かおと)はどこにいるのかしら?
あんなに良いものをたくさん持っている人なのに、ショーになるとなぜかなかなか見つけられない。

探し出してオペラでよく見てみると、どうも踊る時の表情が曖昧なんだよね。
ダンス力がある人なので顔で踊る必要は全くないけれど、もっと観客の心を掴む熱量高めの表情で踊って欲しいなぁ。
いつの日かショーでうーちゃんにハートを射抜かれる日を心待ちにしています。頑張れー!


さて、気になった人がもうひとり。
蓮の花の歌手3人組のうちの一人に名前のわからない娘役さんがいて、だれだろうって思いました。
なんと研2になりたて、きよら羽龍さんですね。
まだお化粧に慣れてないのか、表情でそうなっちゃうのか、すんごい八の字眉毛なのが微笑ましい。
顎がシュッととんがっているところと口角がキュッと上がった口元がとんちゃん(毬谷友子)に似ているかな?とんちゃん同様きれいな声。
今後の活躍が気になる人です。


と、ここまできて今回卒業のみやちゃん(美弥るりか)について何も書いてない事に気づいた。

もちろん素敵だったし、最後の宝塚男役の勇姿をしっかり目に焼き付けました。

このショーはタイ縛りではあったけどそれほど飽きずに観る事は出来た。
でもね、がっつり長いみやちゃん中心のシーンがひとつくらいあってもよかったのに〜。と思うよ。