月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

本日「オーシャンズ11」観劇1

宙

取り急ぎこれだけは叫びたい。
まかキキ最強~~~~~!!!!!
星花宙と観てきて、どのコンビももちろん素敵だったけれど、今回が一番バディ押しの演出でした。

星はダニーとテスの恋愛が中心だったかな。それとひたすらまこっちゃん(礼真琴)が歌いまくっていたのが印象的。なのでイレブンの描かれ方は少し薄かったかも。大人の愛の駆け引きを堪能しました。

花はイレブンそれぞれの見せ場がぐっと増えていて、チームオーシャンvsベネディクトという感じ。どっちも色濃く印象深かった。
それから蘭寿さんの男役としての完成された格好良さ、抜け感。大人の洒落たエンターテイメントでした。

今回の宙バージョンではダニーとラスティが銀橋で歌う「オーシャンズ10」という新曲が加わり、この二人のバディ感をより際立たせていたと思います。


ゆりか(真風涼帆)のダニーは詐欺師とはいえふところ深く誠実な感じ。
この人についていけば間違いはないって気がする。そりゃぁ双子の兄弟もひょこひょこついてくるわ。
よく考えれば犯罪者なんだけどね~。全然そんなふうに見えない。
でもそこが良い。
なんだか正義の味方、勧善懲悪の物語に思えてくるんだもん。


キキちゃん(芹香斗亜)のラスティは腕っぷしは弱いしちょっと気だるいムードも漂わせていて、めんどくさいことは全部ダニーにやらせてそう。
でも、それが許されちゃう人なんだよね。
しなやかで魅力的で。人たらしなんだわ。このラスティ。騙している意識もなく騙してんだろうなぁ。いやもはや騙されたいもんなぁ〜。
まるで息をするようにすぅ~~っと人の心を掴むから誰でも味方につけちゃう。テスでさえもラスティにはなんだか心を開いている感じだもの。

頼りになる出来る男と
男女問わず人を惹きつける男。
こんな最強のバディがさらに仲間を9人も引き連れて向かってくるわけで、そりゃぁ狙われたベネディクトはたまったもんじゃないわ~。


ずんちゃん(桜木みなと)のベネディクトは渾身の迫力。
あんなに目一杯頑張って成り上がったのに~。
せーこ(純矢ちとせ)のダイアナは怖いわ。オーシャンズ11に目をつけられるわ。まさに前門の虎、後門の狼。お気の毒です。
羽ばたくナイチンゲールに目を輝かせ、つかの間の安らぎを得る笑顔が愛おしい。しかし、このナイチンゲールが数時間後彼をどん底に陥れようとは。うぅぅ。泣ける。


テスのまどか(星風まどか)
年若いまどかが大人のテスを演じるということで、どんな感じだろうってちょっと心配でしたが十分大人っぽかった。
けれどもこのテスという女性を演じるのに最重要なのは見かけの大人っぽさだけではなかったのかも~と気付かされました。

「難攻不落」
こっちかも重要なのは。

ダニーが2つの不可能に挑戦する。それが「オーシャンズ11」なのではないかと。
ひとつは難攻不落の金庫。
ひとつは難攻不落のテス。

まどかのテスは声と喋り方が甘く、情感がウェットで、そこが彼女の魅力ではあるけれど、難攻不落度は低かった。

しかもウッズ夫妻、ベネディクト、関わる人達が実はみんなろくでなしな事にまるで気が付かない甘ちゃんぶりが、見かけが大人なだけに見ていて少しイラっときちゃった。
テス、ちょろ過ぎる。人を見る目があまりになさすぎだろう!騙されまくってるぞ~。ダニーだって詐欺師だ!


歴代のテスは自我が強くカラリとしていて、まぁ、どっちもどっち、お互い様だよね~とむしろ爽快な感じだったんだけど、まどかテスだとかなりの依存体質と感じられた。やっぱり学年差ゆえ普段のお慕いオーラがでてしまったのか、それともそれがキャラなのか。

懲りない男どもを手のひらであやす大人の余裕とか、周りがどうあろうとあっけらかんと今を生きる図太さとかは感じられないので、この先のテスの人生…ちょっと心配。

まぁ、ゆりかダニーが人間性が一番まともだよね、詐欺師だけど。詐欺師である事も一瞬忘れてしまうわよ。

というわけで、ラストは無事頼れるダニーを選んでめでたしめでたし!

楽しかったーーーー!