月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

懐かしくも新鮮「ザ・ストーム」

星

ルミさん(瀬戸内美八)主演、けいこさん(姿晴香)さんトップ娘役お披露目のショー「ザ・ストーム」をスカステ放送してくれました!


1982年。もう宝塚観劇をぼちぼち始めていたのに、この頃まだ星組は見たことなかったのよ。
あぁ~~なんてバカな私。なぜ行かなかったのかっ!

なつめさん(大浦みずき)が出演されています。
花組に組替して最初に出演されたバウホールでのショー「マイ・シャイニング・アワー」でなつめさんに出会い一目惚れ。だから星組時代のなつめさんは知らないのです。もちろん最初に配属された雪組時代も。その頃は宝塚の存在すらよく知らなかった。

みねちゃんお披露目でも再演されて劇場でみているショーだけれど、なつめさんが出演されているこの初演を見たかったのよ~~~。願いが通じた~~~。
嬉しいです。映像が乱れようが音声が飛ぼうが構いません!
ありがとう。スカステさん!


この頃、みねちゃん(峰さを理)が二番手。りんちゃん(但馬久美)は別格っていう感じだったのでしょうか。
他にもスター上級生が目白押しなので群舞のとき、なつめさんは一番前の列なんだけれど一番端っこの位置のことが多いようです。
なのでなかなかアップでは映してくれませんね。
画面に映っているその隣くらいなのかなぁ。もうちょっと左を映して~~~。

でもたとえアップにならなくても踊る姿だけですぐわかった!
手足が長いの。そしてその使い方が美しいの。
それから首の動かし方が粋でかっこいいの。
あぁ~。せめてこの時に星組を見ていたら。もう少し早くなつめさんに出会えたのになぁ。


アップにならなくてもよく分かる人がもうひとり。
それはバンケイさん(萬あきら)。
ダンスシーンではトップスターのすぐ横くらい。いつもほぼセンターポジション。
ちょっと前にかぶるような独特の姿勢でガツガツ踊ってます。
男っぽいです。

オープニングはルミさん、みねちゃん、りんちゃん以外は全員男役も女役もダルマ衣装。
なのでバンケイさんも黒のダルマ衣装。
バンケイさんとか立ともみさんとか洋ゆりさんとか…相当な上級生がダルマ衣装でラインダンスに入っているのがなんとも珍しいというか、かなりの違和感が~。


そんなオープニングが終わると、ルミさん扮する泥棒がアパートメントに逃げ込む場面。
なんとロングのかつらにスリットが深く入ったワンピースで踊るバンケイさん!
でも不思議と違和感ありません。色っぽくってお綺麗です。

この場面ねっしぃ(日向薫)は大きな女の子役。メイドさん
ちょっとコミカルな場面で大女を演じるねっしいって割とよく見た気がする。「祝まんだら」でちっちゃなねずみと恋に落ちるでかい猫とかね。なにせ当時は飛び抜けて背が高いし、持ち味が底抜けに明るいし。


その後の男くっさ~~~い男役群舞。
振付は絶対喜多弘先生だよね~。
照明が赤くて周りの男役たちの顔はよく見えないのだけれど、ダンスを見る限りここではなつめさんは出ていない気がする。
ひろさん(一樹千尋。当時は鯉のぼる?)、はっちさん(夏美よう)、それから一列になるところではプッチさん(あずみれいか)が確認できました。

最後に泥棒のるみさんを捕まえるけいこさんのポリス姿が大人っぽくって可愛いくって最高!


その次はみねちゃん中心のシーン。バグズ・ライフ
なつめさんのソロダンスで始まる虫たちの世界。
もうちょっとたくさん映してくれると思ったんだけれどな。
すぅ~~~っと虫たちの間をすり抜けていくばかりで、それほどダンスは多くなかった。映ってなかっただけなのかしら。再演ではねっしいがこの役をしていたようなかすかな記憶があるんだけれど。違うかもしれない。
ここでもバンケイさん。なぜか女役。
捕食する虫。
ですよね~。


で、次が「風に吹かれて」
裸足のラテンダンス。
ここ大好き!
ダンサーたちが舞台を斜めに横切っていく振付っていかにも羽山紀代美先生。
なつめさんとねっしいとしめさん(紫苑ゆう)が3人口で踊ってる!
かっこいい!


中詰のあとはジャズバンドのダンス。
なつめさん。けっこうしっかり映ってます。左側です。
こういう粋なジャズダンスのなつめさんも素敵。最高!


フィナーレ前の青い衣装のダンスの曲がすごく好きなんだけど、なんて曲なのかしら。
なつめさんは名ダンサーのキーコさん(風間イリヤ)と踊ってます。しなやか!
コンテンポラリーダンスっぽい感じなので元々がクラシック・バレエ出身のなつめさんの体の使い方が流れるように美しくって見惚れました。
リフトもあったりします。なつめさんはあんまりリフト得意じゃなかったと聞いたことがあります。元男役のキーコさんを抱えてぐるぐる回るのはちょっと大変そう。


合間合間にはみねちゃんが歌いまくり、各場面のダンスはバラエティに富んでいて本当に素晴らしいショー。
再演を東宝で観ているのですが、さすがにその記憶はほぼありませんし、私の知らないなつめさんが映っていてとても新鮮な気持ちで見ることができました。
作演出は横澤英雄先生だったのね。懐かしいなぁ。
クリスタルがキラキラときらめくような繊細で美しいショーを作る先生でした。