月刊☆臥看牽牛織女星

15年の空白を経て宝塚観劇を再開。失われた時を取り戻すためのスカイステージ鑑賞記録をぼちぼちと綴ります。

予習を兼ねて「ANOTHER WORLD」新人公演

星

「GOD of STARS -食聖-」を見る前に星組若手たちを覚えようと「ANOTHER WORLD」新人公演をCS鑑賞。

ぴーすけ(天華えま)は器用で割とどういう役でも自分の思い描いたように演じられるタイプではないかと思っています。しかし、今回はさゆみさん(紅ゆずる)の個性爆発の芝居。さすがに難しいのではと案じていましたが、いやもう、素晴らしかった!

ありとあらゆるおもしろ演技で笑わせたさゆみさんと比べると、ぴーすけはとっても素直。
でも十分面白い。
さゆみさんほどの強烈個性ではなく、正統派演技で真っ向勝負。
芝居の間できっちり笑わせている。
なので脚本本来の素晴らしさが改めてよくわかりました。本当に上手くできた脚本だわ~。谷正純先生の最高傑作!

ぴーすけの演技はナチュラルで、なんとなく素顔のまま系ゆりちゃん(天海祐希)を思い起こさせます。
ダンスや歌の技術は全てちゃんとできているけどそれ故になにかが突出しているという印象がなく、かつ演技がこういう自然な感じっていうのは、なにかとコテコテに走る星組ではちょっと埋もれがちな気もするけれど…。
その親しみやすい天性の華で更なるステキな花を咲かせて欲しい。


そして今回とっても驚いたのがカノン(天飛華音)
まず目がすごく効く。
しかもその目の効かせどころをよくわかっている感じがする。恐るべし。
これはものスゴイ武器だわ。
「食聖」の新人公演では主演なのね。これからが楽しみ。


赤鬼のひらちゃん(蒼舞咲歩)。
本役のせおっち(瀬央ゆりあ)が素晴らしかったけれど、ひらちゃんもとっても良かった。
いったい誰なのかわからないほどのメイクであることを除けばとっても美味しい役。でも美味しい役を美味しく演じられるかどうかはその人の演技力にかかっているもの。

星組の99期は、あいちゃん(小桜ほのか)、あまじぃ(天路そら)、はると(遥斗勇帆)と素晴らしい演技力の持ち主ばかり。
ひらちゃんは優しい顔立ちで少し特徴がなく、今まで気づきませんでしたが今度の観劇で見つけられたら嬉しいなぁ。


閻魔様のお裁きの場面でちなちゃん(瑠璃花夏)が姿も歌声も美しくて気になりました。この人も今度の観劇で見つけられたら嬉しいわぁ。